サスライシェフ、イタリアを喰らう!!!

イタリアで料理人として働いた13年。。。新天地を故郷鹿児島に移し夢を現実とする為に奮闘する毎日を綴ったブログっ!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by sasuraichef | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

02 2009

イタリア人の素晴らしさを感じた日(涙)

時間にルーズ、お喋り、自分勝手。。。などなど、イタリア人社会で暮らしていくにはある程度の覚悟(笑)が必要なのですが、たま~~~~~~に、「おっ、いいやつらじゃないっ!!(爆)」なんておもうこともあるのです。^^
でも、その「いいやつらじゃないっ!!」って言葉の裏には、現在の日本ではあまり見られない「昭和の日本」を感じさせるような「人情」いわゆる心の温かさを感じたりするわけ。
 例えば、電車で隣に乗り合わせた人と「えっ!?知り合いだったの?」って思わせるほど、全然しらない人とも気楽に喋る。コミュニケーションの取り方が実にうまい!!現代の日本の電車の中って、みんな携帯使って下むいているか、ヘッドホンで音楽聴いてたり、新聞読んでいたりと、他との接触を避けていて自分だけの世界を作っているように思われる。
だから困っている人がいても「簡単に手を差し伸べる」って事が、逆に迷惑なんじゃないか?って思ってしまうほど。。。

 先日の車が故障した時、ボンネットを開けて立ちすくむ僕のすぐ横に、一人の通りすがりのイタリア人のおじいちゃんが「おい、若いもん、どーしたね?エンジンかからんとね?」って声をかけながら近づいてきました。
伯母達を空港に送っていかなければならない状況を話すと「ちょっと待て、家から車用の充電器をもってきちゃる」っと言いながら僕の住んでいる隣の建物に入っていきました。
そしてけっこう重い物を持ってきてくれて「俺はあんまり使い方わからんのよ」なんて言いながらも充電器をバッテリーに接続していろいろ試したのですが結局だめ。その時は時間が時間だけにタクシーを呼びタクシーで空港まで行ったのです。

で、次の日の朝、やっぱり車のボンネット開けていろいろトライしていたら、南米系のおじちゃんが通りかかり、やっぱり声かけてくれて。。。

「どうした動かんのか?」 と、いいながら尻ポケットに入っていた財布を抜き出し、一枚の名刺を僕に差し出しながら。。

「これ俺の御用達の車屋の名刺だ。俺の名前を言っていいから。。。ベンツのマリオって言えば分かるさっ」 と、言って去っていった。いや~西部劇見てるみたいです(爆)
いや~、かっこいいっ!!(笑)
でも電話しようかしないか悩んでいた時、目の前のドアが開いて昨日のおじいちゃんが出てきた。
「おお、若者よ。まだだめか?」 。。。と

     IMG_4157.jpg

全然ダメだねと言ったら、すぐ角を曲がったところにクルマ屋があって今朝は開いてたよと。
 早速クルマ屋に行くも入り口のシャッターは開いているも、奥の扉の前には一枚の紙が貼ってあった。

   「9月7日までバカンスです。御用の方はそれ以降に。。。
えっ!?朝開いてたっておじいちゃん言ったじゃん。
そう、思いながら車の前に戻ると、まだおじいちゃんがいて事情を話したら、

   「あ、閉まってた?じゃ工場じゃなく隣接している家の方のベルを押そう」

って言いながら歩き出した。
僕は「おいおいバカンス中だぞ」なんて思いながらも、おじいちゃんについていったら、おじいちゃんが家のベルを鳴らす。
するとちょっとかったるそうな感じの声で応答があり、いろいろおじいちゃんが事情をはなしてくれたのち、さらにおじいちゃんよりも年上であろう、超おじいちゃんメカニックが玄関からでてきたのである(笑)
自宅の地下に位置する工場、すなわち「バカンス中。。。」の紙が貼ってあるドアを開け、工場の中から「プロ仕様の充電器」を取り出してきた。
三人で車の前まで戻り、昨日おじいちゃんと試したように「プロご用達充電器」をバッテリーに繋ぎ、キーを回すと、何事もなかったように車のエンジンがかかった。

     IMG_4158.jpg     IMG_4161.jpg

原因はバッテリーってことが分かった。超おじいちゃんメカが工場に新品があるからとりつけてやるって話になって、一度工場に戻り新品のバッテリーを持ってきて取り替えたら、見事復活っ!!
バッテリーの寿命ってなんか、じょじょにエンジンが掛かり難くなったりすると思っていたので、なんの前兆もなく逝ってしまったってのには驚いた。

そんなこんなで、イタリア人の温かい人情に助けられた今回の事件。
本当にありがたいと感謝しながらも、後にこのおじいちゃんと話をしていたら、約60年前、そうおじいちゃんが18歳の時に一人の日本人女性と恋に落ちたのだが、将来の話が出てきた時に、あまりにも若すぎた(18歳)為、あまりの現実味におののいてしまい、その恋は終わってしまった。。。と語っていました(涙)
このブログを読んでいる約60年前にイタリアでイタリア人(18歳)と恋に落ちてしまった日本人女性。。。もしよかったら名乗りでてください。。。。

って、ちょっと話変わってきとるやんけっ!!(笑)

スポンサーサイト

Posted by sasuraichef | 11:08 | Comment [10] | TrackBack [0] | イタリアから物申すっ!!

«prev | home | next»

最後の最後で意表をつきましたね。予想の斜め上を行く見事な展開。ロマンチックですねえ。これで本当に彼女が名乗り出てきたら、マンガの「美味しんぼ」みたいになりそうだ。
2人の間に「思い出の食べ物」があるので、それをsasuraichefさんが再現して一挙に60年の溝が埋まって、めでたしめでたし・・・・なんて感じで。

しかし、sasuraichefさんが悪戦苦闘してる一部始終を、yossyさんはのんびりと写真に撮ってたわけですな。高みの見物とはよく言ったものですな。

Commented by shunkan [URL] | 09/02 19:19| edit

・・・って言うか、yossyさんなら車ぐらい軽く修理できそうな気がする。勝手な思い込みですけど。

Commented by shunkan [URL] | 09/02 19:44| edit

お久しぶりです^^

北九州、居酒屋スゴロクの吉川です!

しかしいい話ですね^^
そう言ったコミュニケーションってホント
今の日本に欠けてて、、
そして実はかなり大事な事だと思います^^

あと!ご報告が!
うちの店移転する事になりました!
場所事態はそんなに変わらないんですが、
今度の店はランチもします!
なんで居酒屋ならぬ、イザカフェです!
12月にOPEN予定です!
11月末に連休取るから

イタリアに行って古畑さんに会いに行きたいなぁ、、、
と少し思ってます^^
がっ!旅費がなかなか><

行けたら行きます!!!!!!!

Commented by よしかわ [URL] | 09/02 19:51| edit

そうか、そういうことだったのですね。
車が復活してよかった。
そしてイタリア人の人情が心にしみる話じゃーないですか!
そうなの、フルベッタは多いけど根っからの悪徳人はお目にかかったことないですわ。
困っている人を助けないと死ぬ!みたいな勢いで助けてくれますモンね。

よし、この話でしばらくイタリア生活持ちそうだわ。。。ふふふ。。。

Commented by のりへい [URL] | 09/02 20:16| edit

>shunkanさん
 そうですね。思い出の料理を再現する。。。。なんて素晴らしいアイデアじゃないですか。。。。と思いきや、おじいちゃんには息子さんもういらっしゃるみたいで幸せそうです(笑)
そ、そ、こんなの写真に撮られてるとおもってなかったんですけどね。
パパラッチが最近この辺には多いですから。。。(笑)
車はさすがに治せないでしょう。。。。運転することすら怪しいですから(笑)

>よしかわさん
 おひさしぶりです。
へ~イザカフェですか??ランチする居酒屋さんってある意味面白いですね。
メニューはどんなものがあるのですか?
昼から飲むビールもまた幸せだな。。。。^^
11月是非是非イタリアにいらしてください。旅費なんかどうにでもなりますからっ!!(笑)  。。。人事だと思って(爆)


>のりへいさん
 CIAO!!お帰りなさい。
バイクでの長旅ご苦労様です。僕も過去、東京~鹿児島間(1400KM)を2日間で走り抜けた時は、2つに割れている「オシリ」が8つぐらいに割れた記憶があります(笑)
4200KMって。。。。。 もう僕にはできそうもありません。。。想像すらしたくないです。。。(爆)
旅ブログ笑いながら読んでいますよ(笑)
続きよろしくお願いします。CIAO!!

Commented by sasuraichef [URL] | 09/03 08:24| edit

シェフ!お久しぶりです。お元気そうですね!
フィレンツェではお世話になりました。
次回はゆっくりお会いしたいです。
美味しいお料理が懐かしくなっています。(気持ちはいつもイタリア!)なんですよ~(笑)

イタリア人ってホントに不思議ですよね。
>時間にルーズ、お喋り、自分勝手・・・
まったくその通りですよね。
私も嫌な事や腹が立つ事があったりしますが、温かい人情がそれを忘れさせてくれる時があります。
まさに、「日本の昭和」ですよね。
60年前の恋!ブログを読んでいて思わず笑ってしまいました。

シェフのブログ、リンクさせて下さいね。

Commented by vinobianco [URL] | 09/03 18:44| edit

ほんとに11月行けたら行きます!
泊まるところはユースホテルでも
良いと思ってるんで!!

後は時間とお金ですねぇ><

でもこの時期を逃すと
なかなか行けない気がして><

今度のお店のメニューは
昼はカフェメニュー、
パスタ、カレー、あと和食のメニューもするつもりです^^
夜は今までとあまり変わらず、ただ
夜は地鶏もする様になるかもです^^

昼から飲むビール良いですよね(笑)

ホント行けたら行きますんで!!!
その時はよろしくお願いします!!!

Commented by よしかわ [URL] | 09/04 01:06| edit

>vinobiancoさん

お久しぶりです。お元気ですか?
そう60年前の恋だなんて。。。いつになっても青春時代の恋って心の片隅に残っているものなんですね。
これ本当に女性の方名乗り出たら「ブログ炎上」するかもしれません(笑)
shunkanさんの書いてくれた事なんてホント夢のある話なので。。。そのうち映画化までされちゃって。。。
その名も「電車男」ならぬ 「自動車故障男」(爆)
お後もよろしいようで。。。。

あ、僕もリンクさせていただきました。これからもよろしくです。


>よしかわさん

この時期逃すと難しいですよ。この時期逃すと難しいですよ。この時期逃すと難しいですよ。この時期逃すと難しいですよ。この時期逃すと難しいですよ。この時期逃すと難しいですよ。この時期逃すと難しいですよ。この時期逃すと難しいですよ。。。。。(笑)
ちょっとイヤラシク書いてしまいましたが(爆)
いつかお会いしたいですね。年明けは帰国するのでその時もチャンスかも。

Commented by sasuraichef [URL] | 09/04 06:23| edit

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Commented by [] | 09/04 22:28| edit

こんにちはLeaさん
初めての書き込みありがとうございます。勇気ある挑戦。。。。どんどん挑戦してください(笑)
ほんと、こまった時手を差し伸べてくれるイタリア人、すごく嬉しいですね。
けっこうこの国で生きていると人種差別的なことも感じたりすることがあるんですけど、こういう時はホント心から嬉しくおもいます。
恋っていつになってもいい思い出なのでしょうね。

Commented by sasuraichef [URL] | 09/05 09:04| edit

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。