サスライシェフ、イタリアを喰らう!!!

イタリアで料理人として働いた13年。。。新天地を故郷鹿児島に移し夢を現実とする為に奮闘する毎日を綴ったブログっ!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by sasuraichef | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

30 2009

バカンス4日目~最終日まで

8時に起床。昨日とおなじくマナローラのきれいにみわたせる場所へ散歩。
ホテルで朝食をとり9時半に出発予定のため、ロビーでチェックアウト。

                   sangimignano2009estate.jpg
                      マナローラのホテルの前にて

この時ホテル側から、駐車場まで500メートルぐらい(超急な上り坂)なので、小型バスを手配してあげるとのこと。。。。。。。が、待てども待てども何もこない。
20分ほどしただろうか。一台の軽トラがホテル前に横づけ。「えっ!?これが小型バス?」(笑)
「軽トラ」って助手席しか空席はなく、伯母と荷物を荷台に乗せ駐車場に向かわせる。
僕らは汗だくになりながら歩いて駐車場へ。
駐車場と言っても僕の車はそのまだ先の路上に止めてあるので、さらに汗だくになりながら車をとりにいく。
ここでちょっと緊張していたのが、路上に停めていた車がキップきられてないか!?(汗)
時折赤い紙がワイパーに挟んである車を見てちょっとやばいと思っていたけど、僕の車は無事でした。
ホっ。。。

ってなことで車は再びフィレンツェ方面へ戻り、そのまま中世のマンハッタン・サンジミニャーノへ。
途中の高速では反対車線が何度も長い渋滞になっていて、ちょっとドキドキしてたんですけど・・・
なぜなら、お昼の一番暑い時に、クーラー無しの車で渋滞はまっちゃったら、確実に脱水症状でしょう(笑) でも、特になにもなく無事サンジミニャーノ着きました。

     sangimignano2009estate_11.jpg     sangimignano2009estate_12.jpg

 町の中に入るもすでに1時半ほどだったのでお昼をとることに。
サンジミニャーノの正面入り口から100メートルほどの右側にあるレストラン・ベルソッジョルノには僕の旧戦友ナポリ人のジョバンニがシェフを任されているところときいていたので、そこに入ってみることに。
テーブルに着くと同時にジョバンニが出てきてくれて久しぶりに挨拶。テーブルも一番奥の場所に座り、ガラス張りの向こう側にはトスカーナ独特のなだらかな丘の景色が180度に広がり最高の場所でお昼を。ジョバンニのおごりでスプマンテとチーズのアペタイザーもいただきました。
軽く食べるので一人一皿づつ食べることにしたのですが、盛りだくさんでやってきた伯母オーダーの生ハムとイチジクを味見してみると、分厚い切り方ながらシットリしている生ハムは極上の美味しさ。。。。つめたーいイチジクとの相性もバッチリ。
後で聞いちゃいました。生ハムの販売先。。。(笑)

     sangimignano2009estate_13.jpg     sangimignano2009estate_14.jpg

     sangimignano2009estate_16.jpg     sangimignano2009estate_15.jpg

僕は簡単に牛のタリアータ。これまた柔らかくBUONO。
食後はキッチン中見せてもらって、それから灼熱の中心地へ。

通りの両側のショーウインドを見ながら、上り坂をひたすら上がると中央広場の前にありました、ジェラートの世界チャンピオンの店。何度も世界一位に輝いたジェラートとならば食べておかなければならず、試食に!!(笑)

     sangimignano2009estate_02.jpg     sangimignano2009estate_03.jpg

     sangimignano2009estate_20.jpg     sangimignano2009estate_19.jpg


店は行列。僕は相変わらずこの道一筋に「牛乳味」いわゆる日本で言うソフトクリームだろうか。。。

世界一位のソフトクリームを堪能した後は、目の前で楽器の生演奏が。。。
しかも踊り子付き。 どうらやフランス人らしい。

     sangimignano2009estate_22.jpg     sangimignano2009estate_23.jpg

     sangimignano2009estate_08.jpg     sangimignano2009estate_18.jpg
サンジミニャーノの名物、猪肉を使った加工品と「拷問博物館」入り口でお約束のポーズをとるシェフ


珍しい楽器もありひと時の音楽とダンスを楽しんだ。
そのままサンジミニャーノを後にしてフィレンツェへ戻る。
途中「ミケランジェロ広場」により伯母達をホテルに送り一度家へ。夜はリクエストでピザを食べに車で10分ほど飛ばす。

     sangimignano2009estate_24.jpg     sangimignano2009estate_25.jpg
     ミケランジェロ広場では新婚さんが記念写真を撮影していた。なんでも絵になる外人さん

ピザ屋といえども団地街にあるのだが、テラスもありピザも美味しそう。
ここで有名な水牛のモッツァレッラとブッラータを前菜につまみ、みんなで3種類のピザを食べる。
ここでもお喋りとピザを楽しみ、夜は更けていくのであった。


  5日目は、と言いたいところだけど、この日の夜からベルコーレにでなければならなかったので、午前中だけ伯母たちに同行。あのミケランジェロの未完の「ピエタ」があるドゥーモ美術館やベッキオ橋周辺を探索して、僕らは撤収。。。

     sangimignano2009estate_09.jpg     sangimignano2009estate_10.jpg
       街角の動かない大道芸人にチョッカイをだす子供。アッカンベーって感じ(笑)

 夜の営業時には伯母達に僕の料理をゆっくり堪能してもらいました。
っと言いたいところだったけど、この日は8月で一番忙しかったと思われるほどお客様がいらっしゃいまして、一段落終わった時にホールにでるも伯母達はすでにデザートを食べてる最中。。。(笑)

     sangimignano2009estate_04.jpg     sangimignano2009estate_05.jpg

     sangimignano2009estate_06.jpg     sangimignano2009estate_07.jpg

それからいろいろ話したり写真撮ったりで、バカンス明け初日の「いきなり全開モード」一日は終わったのでありました。いきなり全開モードはこたえた(爆)


 6日目の朝は二人ローマへ3日ほど滞在するので駅まで見送り。最近できたばかりの「AV(超特急)」での出発とあって、見送りする僕もなぜがドキドキ(笑)
荷物をAVの中まで持っていったので、ちょっと一等席見ましたが、かなりゆったりした設計。いつかはこの席に乗りたいと願いながら見送るのでありました。


ここからは伯母達は3日間ローマで過ごし、僕らはベルコーレで仕事の毎日。。。(涙)


8月27日、3日間のローマの旅から戻ってきた伯母達を迎えに行き、その日の夜7時帰国へのフライト準備のため家につれてくる。僕が昼食を作る間、荷物と格闘する二人(笑)
なんとか一人25KGにまとめ上げるも「アリタリア(20KGまで)」ってことで5KGオーバーがちょっと気になりながらもお昼を食べコーヒータイム。
5時半ぐらいにでればよかった所を、ちょっと早めに5時に出発。。。。


    「ここから起こる事は誰にも想像つかなかった」


。。。。。荷物を僕の車に積みみんなすでに座席に座ったところで、僕も車に乗り込み、キーを鍵穴に差込みまわすも、「うんともすんとも言わず」。。。。
 なんども回すのだけど。。。。。。

     し~~~~ん。

車が動かない。。。。 _| ̄|○
この数日間、長旅でがんばってきたのに、ここにきて息絶えた。。。(涙)

とりあえずボンネットを開けるもぜんぜん分からず。隣に住んでいるおじいさんが通りかかって、わざわざバッテリーチャージャーを持ってきてくれるのだが、結局動かず、原因不明。5時半をまわってしまったので慌ててタクシー会社に電話することに。
タクシーは3分で到着し、荷物も乗せ変え、いざ空港へ!!

空港でチェックインする時にもカウンターの前で結構な時間ブロックされている二人。さては荷物の重量オーバーか!?と思いきや、どうやら機械トラブルで、荷物への「タグ」が発行されないらしい。。。。(笑)

なんとかタグも発行され、搭乗口まで送りご挨拶。
ボディチェックも無事通過。搭乗口への通路に消えていった二人の姿を見送ってから、タクシーでベルコーレに。この夜久しぶりに雨がぱらついた。
ずーっと天気に恵まれた二人。普段の行いがよかったのですね。

なんて思いきや、次の日帰国した二人から届いたメールに書かれていたことは。。。。

 「フィレンツェ空港を出発が25分ほど遅れ、ローマでの乗り換え時に他の日本人家族のトラブルで乗り換え時間さらに短くなり、けっきょく乗り換え時間20分だけで成田へ出発。
成田へ着いたら、預けた荷物は届いてなくて、手荷物だけで自宅へ戻ってきたらしい(笑)」
ま、乗り換え時間が20分ってことは、荷物の運搬が遅れるのも当然。

さらに今日29日のメールで、預けた荷物が自宅に届いたとのことで、ようやく長旅も終了ってことでした。

楽しかった旅行でした。いろいろありましたが、それも旅の思い出。
また一緒にイタリアを旅しましょうね。CIAO!!


                      次回・近日予告編

其の一:「愛車の運命はいかにっ!!!!」
其の二:9月3日よりレストランベルコーレ、秋のメニュー始まります。そこら辺の記事UPしていきます。
其の三:9月13日に迫ったカボチャ彫刻コンクールへの挑戦の日々(まだカボチャ見つけてない・笑)
其の四:9月19日、ワイナリー・ブリケッラでの晩餐会にて料理を担当予定。

スポンサーサイト

Posted by sasuraichef | 12:41 | Comment [4] | TrackBack [0] | サスライ・股旅・一人旅・・・のち時々二人旅

«prev | home | next»

車、心配ですね。昔、下宿の大家さんがエンジンを入れたら「プスッ」って音がしてご臨終になったって話がありましたが・・・。
前のパソコンみたいに陰干しにすれば直る・・・なんて事はないかな。

それにしても、ブログの予告編って珍しいですね。機会があれば自分もやってみよう。

チンクエテッレのマナローラの写真、良かったです。切り絵にしたいな~。

Commented by shunkan [URL] | 08/31 03:31| edit

CIAO!!俊寛さん
 車、次の日復活しました(笑) そう簡単にはくたばれません(爆)
その件に関しては明日書きます。
チンクエテッレよかったですよ。あのマナローラの町並み、俊寛さんならできると思います(笑)
僕は途中挫折してしまいましたけど。。。。。(涙)
 そんなことで、今日急に気温が下がりまして、一気に秋を感じさせる空気でした。
お互い体に気をつけてがんばりましょう。

Commented by sasuraichef [URL] | 08/31 06:51| edit

Chiao!

長い間ご無沙汰しました。ベルギーF1見たかったのに(泣)政権交代劇のTVチャンネルで圧倒されてしまいました。

これで少しは日本人にも頭を使っている人がいるのだ=と世界に証明できたかしら?

もうカボチャコンクールの季節になりましたか~今年の作品は何でしょう?楽しみですね。きっと上位入賞を狙って下さい。

先日「横浜コレクション」に出かけましたら、貴方の料理を又食べたいと女主が申しておりましたよ。何時になるか?今度は私もご賞味させてもらいます。

朝夕は涼しくなりましたが、日中はまだまだ暑いです。

Commented by kei-matsu [URL] | 08/31 14:42| edit

こんにちは、kei-matsuさん
おひさしぶりですね。バカンスは終わりましたか?
F1もシューマッハ復帰の話で躍らされたあげくテストドライバーだったルカ・バドエルの起用となり、10年もferrariの影の立役者としてきたから、ちょっとはそれなりの期待してたんですけどね。。。
特にイタリア国民、ferrariに対しては長い間待っていたイタリア人ドライバーだったのに、予選もビリ、決勝もいろんな違反やっちゃってボロボロでした。
もう次はないだろう。。。見たかったシューマッハ。

 政権交代もビッグニュースですね。大きくいい方向に変わってくれればよいのですけど。
どうなっていくか楽しみですが、ferrariのルカ・バドエルのようにならないようにと思います。54年ぶりに政権握ったわけですからね(笑)

 カボチャコンクールまで後2週間になりました。2作品の題材は決まっていますよ。もちろん上位入賞めざしてがんばります。
 kei-matsuさんにご賞味していただける日は、そんなに遠くないと思っていますよ(笑)

すっかりこちらも一昨日から「秋」らしくなってきました。お体にお気をつけて。。。

Commented by sasuraichef [URL] | 08/31 18:26| edit

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。