サスライシェフ、イタリアを喰らう!!!

イタリアで料理人として働いた13年。。。新天地を故郷鹿児島に移し夢を現実とする為に奮闘する毎日を綴ったブログっ!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by sasuraichef | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

25 2009

「フィレンツェモザイク」を喰らうっ!!

さて、今回は新たな挑戦をしてまいりました。
「サスライシェフ」が「サスライぷーさん(住所不定無職)」(笑)と一時名前を変更しなければならくなった危機的状況時、まわりの心配もよそに、高い集中力をもってやっていた(よくこんな状況時に。。。って言われました(爆))今回の「なんでも挑戦」編は、フィレンツェで300年の歴史誇る伝統工芸「フィレンツェモザイク」!!  トスカーナ近郊で取れるなんてことのないただの「石」を電動のこぎりで真っ二つにすると、さまざまな色・模様をした石が現れるのです。
この石をさらにスライスして、アルケット(弓形ののこぎり)やヤスリを使って形を作り、それを組み合わせてさまざまな模様や絵を作るのですが。。。



    1
  ☆アルケットを使い石を切る若き頃の先生



すごいのは、これらのモザイク全て石だけでできてるんです。


           1
   ☆この工房のマエストロ・ロベルトマルッチ氏の作品



いろんな石の模様や色を1つ1つチョイスして考えていくんですけど、1つの石でも切る角度や場所によっては大きく模様も色も変わるわけなんです。どの石をどこに使っていくのかで大きく作品が変わってくるのがこのフィレンツェモザイクの醍醐味。しかも、「同じものは二度と作れない」ってこと。世界でたった一つの作品が作れるわけです。

たとえばこのマエストロ・ロベルトマルッチの作品には約300個にも及ぶ石のパーツが使われているわけです。色を選ぶのも一苦労でありがならも、300個のパーツを1つ1つ隙間の無い状態にヤスリで削っていくわけです。
これぐらいの作品になると1つできあがるのに2~3ヶ月かかるらしいです。
まさに根気集中力が必要な作業。

ってことで、今日はYOSSY先生をおむかえして、スパルタ優しく講習していただきました(笑)

まずはやってみたい物のデザインを考えるわけですが、どれぐらいのデザインを描けば初心者でも決められた期間(時間)内できるんだろうってのが分からず、先生に相談。
モチーフ的にはこの前のルーブル美術館でみたサモトラケのニケが頭の中にあり、羽があるものにしようと「鷹」を選択しつつも、主体となる石の色やデザインとデッサンは選択していただく。
パーツの数を少なくして、石が本来持っている色・デザイン・それらのコントラストやボカシなどをうまく使っていくのがこのモザイクの真髄だと。。。。。納得。

  1  1  1

モチーフも決まりして、まずはデッサン。そしてそのデザインをカッティングシートに転写した後、カッティングシートをカット。そして選んだ石にシートを貼り合わせ、電動カッターである程度までは切断。

  1   1

電動カッターでの石の切断は、ちょっと危険なため先生にお任せしてもらうのですが、それにしても凄いです!!

  1   1

直径20CMほどの歯が高速回転する電動カッターに向かって真正面に座り、石を両手にもって直接切っていきます。
先端恐怖症の人なんか到底無理っ!!時にはマッチ棒のほどの大きさの石を指先に挟んで電動カッターで切っていくのなんか、まさに「神業っ!!」

  1   1

その光景を見ていると、昔田舎にきていたあやしい世界マジックショーでの綺麗な女性(意味もなく裸体に近い)を巨大電動ノコで真っ二つに切断するマジックを思い出す。。。。(笑)
それほどのスリルを見てるだけで感じるのです!!
 
 1   1

で、その作業が終わると一つ一つのパーツをひたすら棒ヤスリで削るのですが、お互いのパーツが「一寸の狂いなく」ぴったり合うまで削るのです。これが高い集中力と根気が必要な作業の連続!!
   1

合わせる面がかぎりなく直線に近いとまだ簡単なんですが、それがカクッカクッと直線が曲がっていたり、場所によっては「S字」のような面をぴったり合わせなきゃならなかったりするわけです。こうして言葉で説明するのは簡単ですが、実際やってみるとどこをどれだけ削っていいものなのか、さっぱりわからなくなるんですよ。どこを削れば合うのかはスパルタ方式優しく教えていただきましたが。。。。。(笑)自分ではできたつもりでも先生の手にかかれば、さらに削られ隙間がまったくなくなってしまうのが驚きっ!
 

1    1


とりあえず第一日目は三つのパーツを合わせ、ロウで裏の面を固めるところまでできました。

                     一日目終了。。。。。





スポンサーサイト

Posted by sasuraichef | 13:57 | Comment [5] | TrackBack [0] | なんでも挑戦っ!!

«prev | home | next»

お二人様

こんばんは♪シェフは何やら大変な事になっていた様で・・・。でも、この出来事が吉と出ると思いますよ^^絶対♪♪今丁度こちらでは「ミュージックステーション」である歌手が「負けないで 負けないで♪自分の声を信じて~♪」と歌っていますよ!こちらはもうすぐ卒業式なのでそれに向けた歌ですけど・・。しばらく素敵な師匠の下で頑張って下さいねっ!!YOSSYさん、ブログを過去の分も拝見しました!貴女は素敵な方ですね^^大変な事も多い異国の地だと思いますが、しっかり頑張っている。自分に正直に真っ直ぐ生きてる!で、本当は女性らしい。YOSSYさんの一言一言にうなずく自分がいます。賛同します!!そして・・もしかして清○小学校ではないですか。遠泳の事が。わたしは松○小ですよ。遠泳も勿論やりました^^違ったらごめんなさい。と・に・か・くお二人共力をあわせて頑張って下さい!!遠い地より応援してます♪♪

Commented by misako [URL] | 02/27 21:01| edit

CIAO!!そうなんですよ。人生始まって以来(!?)の一大事になっていた訳なんですけど、凄い集中力でモザイクのほうやってました(笑)
師匠も「腕」と「口」だけは達者なんですが精神面でまだまだ修行が足りないかと。。。。(爆)
 私は明日から新天地でがんばります。今やれる事、今だからこそやれる事、目標に向かってやっていくのみです。
さーて、まずは明日に向けて寝るか。。。zzzzzz

Commented by sasuraichef [URL] | 02/28 06:35| edit

misakoさま
シェフより先にお返事させていただきます。(あしからず。。。)
松○小だったんですか!!!!あたしはお察しのとおりです。小学校は遠泳のためだけに学校に行ってましたから。。。(笑)でもあたしの中では今でもあれはものすごく大事な部分になっています。ほんとに毎日スパルタでしごかれてましたもんねー。
さて、misakoさんのコメント、シェフに声を大にして聞かせたいわ。(爆)でも、異国の地も大変だけど、日本で生きていくのも大変ですよね。違う種類の大変さ。。。misakoさんも季節の変わり目、体には十分気をつけてくださいね。

Commented by yossy [URL] | 02/28 06:43| edit

シェフに先駆けてお返事と思ってたら同じ時間にUPしていたのですね。。。あたしのほうが負けてしまった。。。あぁくやしぃ!(笑)

新しいところでできること、新しいところじゃなかったらできなかったことが絶対あるだろうし、きっといまこういうことになったのは、何か意味があること。それはずーーーーーーっと後で分かることかも知れなけど、でも、絶対必要なこと。異国の地で自分の足で立って進んでいくためには、それを信じないといけないものね。

楽しんでいきましょ。なにせ今年のテーマは楽しいことやろうぜ!なんで。(笑)
とりあえず、今夜はとにかく早く寝ましょうね。(爆)

Commented by yossy [URL] | 02/28 06:49| edit

早く寝るつもりが、、、、、明日うちのスポンジシェフの誕生日なんで、一杯飲んできますv-275
お互いの新しい門出をヤロー二人で祝ってきます(涙)
師匠はまだ働いていてくだされ。。。。CIAO!!

Commented by sasuraichef [URL] | 02/28 07:12| edit

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。