サスライシェフ、イタリアを喰らう!!!

イタリアで料理人として働いた13年。。。新天地を故郷鹿児島に移し夢を現実とする為に奮闘する毎日を綴ったブログっ!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by sasuraichef | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

19 2012

海の妖刀「太刀魚」

現在のメニュー使っている「太刀魚」。
もちろん錦江湾産で、一本釣りで上げた3kgほどの太刀魚が届きます。
網であげた太刀魚は身体の表面を覆う銀色のグアニン質がこすれてしまっていますが、一本釣りのは表面の銀色がとても綺麗です。太刀魚は鋭い牙をもっているので、一本釣りの場合は針と餌のイワシがそのまま胃袋に残っています。

     RIMG0337.jpg     RIMG0333.jpg


     RIMG0330.jpg     RIMG0335.jpg
                       「昔は優しかったんですけど。。。」(音声は変えてあります。爆)

さてこの魚の面白いのは立って泳いでること。そこからきた名前だという説もありますが、実際釣った人にはわかりますが、釣り上げた瞬間の姿って本当に感動します。

実は中学生ぐらいだったかな、親族一同で船を借り切って長島あたりの海で太刀魚釣りをしたことがあります。
竿など使わず糸を直接手にもって海中に沈めていくわけですが、船頭さんの言う場所くらいで何度も上下運動を繰りかえしていると、ガツっというあたりが腕に直接響きます。

ひたすら糸を巻いていくと水面近くに銀色に光る物体が。
今でも覚えているのは、夕方太陽が沈む時間帯に釣り上げた太刀魚が、夕日の光を浴びながら薄暗くなった海面を背に長い背びれを波のように動かす。。。まさに妖刀のような感じ。

そんな姿の太刀魚を旅館にもって帰ると、厨房でお刺身や焼きなどに調理してくれました。



あれから25年ほど経ったでしょうか。。。まさか自分で太刀魚を下ろす職業に付こうとは当時の僕には想像もつきませんでした(笑)

そんなこんなで太刀魚を捌き柵状に切り、パン粉ベースにケッパーやアンチョビを加えたものを巻いてオーブンで焼きますが、お客様のほとんどがフワフワした太刀魚の食感に驚かれます。

今が美味しい太刀魚。ぜひ皆様も~。。。

スポンサーサイト

Posted by sasuraichef | 01:25 | Comment [3] | TrackBack [0] | Il cipressoのここだけの話

«prev | home | next»

フィレンツェの日本料理屋でバイトしてた時に塩焼きで出てたので、私としてはお馴染みの魚ですけど、塩焼き以外では食べた事が無いんだよね。

家族で海釣りってのが良いですねえ。目に浮かぶような美しい光景でしょうな。

Commented by 俊寛 [URL] | 07/19 02:07| edit

俊寛さん

日本料理屋でバイトしてたんだ。想像もしなかったけど。塩焼き以外もぜひ挑戦してみてください。
今度の休みは久しぶりに海釣り行って見ようと、ちょっと計画中。
狙うはシーバス(!?) 初挑戦です。

Commented by sasuraichef [URL] | 07/21 01:18| edit

カメリエーレでした。料理してたわけじゃないよ。でも無理矢理サラダなぞを作らされてたけど・・・。私なんかが作った物を金取って出してるんだから、ロクな店じゃないよね。

シーバスというとスズキの事ですか。タチウオもスズキも既に切り絵にしちゃってます。
何か珍しい魚が釣れたら写真を送って欲しいな♪

Commented by 俊寛 [URL] | 07/21 13:08| edit

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。