サスライシェフ、イタリアを喰らう!!!

イタリアで料理人として働いた13年。。。新天地を故郷鹿児島に移し夢を現実とする為に奮闘する毎日を綴ったブログっ!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by sasuraichef | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

23 2012

伊佐を楽しむ パート1

おひさしぶりです。
日曜日臨時休業にして伊佐に戻ってきております。
というのも土曜日の夜に伊佐では「アイスカービング・氷の祭典」が行われたので、それを見学するために土曜の夜の仕事が終わってから、深夜2時ごろに伊佐に戻ってきたのです。

私も過去3回ほど参加させていただきましたが、鹿児島でも一番寒い伊佐で一晩徹して作品を作り上げるのはかなりの体力・気力を必要としました。いつかまた参加したいとおもいながらも、1昨夜は皆様の作品や作業現場をみながらはじめて見る立場からのアイスカービングを楽しんだのでありました。

     IMGP8976.jpg     IMGP8965.jpg

     IMGP9015.jpg     IMGP9020.jpg


そして昨日は奥曽キャンプ公園の中に「ストローベイルハウス」(ストロベリーハウスではありませんっW)藁葺きの壁で作った建物の中にピザ釜と五右衛門風呂を友人が作っており、それを見学に行ってきました。

     IMGP9034.jpg     IMGP9045.jpg

     IMGP9198.jpg     IMGP9038.jpg

伊佐の中でもさらに北に位置し、冬場の最低気温も一番寒いというまさに「伊佐の中の伊佐」の十曽キャンプ場で、子供達にピザ釜や五右衛門風呂の体験をさせてあげたいという企画からはじまったものですが、すでにピザ釜や大まかな建物の外観はできあがっておりました。
寒い中8人ほどのボランティアの参加者が作業をしておりましたが、ちょうどこの日は外壁の藁葺きの敷き方につして、いろいろと試していました。

     IMGP9088.jpg     IMGP9097.jpg

     IMGP9039.jpg     IMGP9127.jpg

蒲生に現在すんでいて、過去にフランスで藁葺きの経験もあるフランス人のマックスがいて、伊佐のこんな山奥でフランス人に会えるというちょっと面白い感じでしたが、真剣にみんなに藁葺きのことについて説明しながらも、日本の左官屋さん達との情報交換などでフランスと日本の文化の交わった面白いものができそうな感じがしました。

     IMGP9091.jpg     IMGP9167.jpg

     IMGP9105.jpg     IMGP9074.jpg

皆さんの真剣でも楽しんでいる眼差しに心奪われ、僕はただシャッターを切るだけでしたが、とてもいい写真がとれましたよ。もちろん3月完成予定のこのストローべイルハウス」もすごく楽しみです。
次回伊佐に帰った時にはまたいきます。

     IMGP9054.jpg     IMGP9178.jpg

スポンサーサイト

Posted by sasuraichef | 23:11 | Comment [0] | TrackBack [0] | サスライ旅の最終章「薩摩見聞録」

«prev | home | next»

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。