サスライシェフ、イタリアを喰らう!!!

イタリアで料理人として働いた13年。。。新天地を故郷鹿児島に移し夢を現実とする為に奮闘する毎日を綴ったブログっ!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by sasuraichef | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

30 2011

畑のかぼちゃとウナギを喰らうっ!!

鹿児島と伊佐を行ったり来たり。。。
昨日は22時間だけの伊佐滞在(笑)

すっかり畑のカボチャも芽をだしてスクスクと育っております。ただ第二農場については、カボチャの芽も育っておりますが、しっかりとも育っております(汗)
草取りする時間が今回は無かったけど次回はじっくり草取りしないと。

そんなことで実家の畑もいろんなものが育っていて楽しいです。
あ、獲り立ての新玉葱をスライスして極上のゴマ油とちょっとお醤油たらして食べると最高にうまいですし、畑ではないけど、ほぼ毎日食べ続けている筍。その筍の酢味噌和えもこの時期だけしか楽しめない一品ですな。


毎年サスライ家ではゴールデンウイークに親戚集めて「味噌作り」&「あくまき」作りをする為、すでに伯母も帰鹿。味噌作りの基地となる場所にテントを張ったり、テーブル作ったりちゃくちゃくと準備もできてきています。

     IMGP6073.jpg     IMGP6080.jpg

     IMGP6083.jpg     IMGP6085.jpg


その伯母とおかんの誕生日祝いに伊佐市と隣接する熊本県人吉市へウナギを食べに行ってきました。
創業100年を越えるここのウナギ屋さん、天然ウナギを注文が入ってから捌き調理する為、でてくるまでかなり時間がかかります(笑)

     IMGP6104.jpg     IMGP6107.jpg


ただこの時間を待っている間に生ビールとウナギの肝・骨せんべいをつまみながら過ごすわけですが、近くの温泉に行ってからきたので喉も渇いていて本当に美味いっ!!^^肝のちょっとした苦味とビール、そしてカリカリの骨せんべいは病み付きになります。
ここのお店100年以上の歴史があるため建物もその当時の作りで、洒落ではないけど「ウナギの寝床」のようにかなり縦長な作りで、部屋の中には囲炉裏があったりと雰囲気も最高です。


そしてでてきましたうな重・蒸し蒸篭・うな丼の数々。。。

     IMGP6115.jpg     IMGP6111.jpg

     IMGP6124.jpg     IMGP6131.jpg


蒸してホクホクもよし、シンプルに脂を感じながら丼でも重でもよし。いや~ご飯とウナギというシンプルな料理ではありますが、捌き・焼き・秘伝のタレとすべてが絶妙に合わさった究極の一皿。


日本人に生まれてよかった。。。うふふ


ご馳走様でした。


しゃて、次回はゴールデンウィーク真っ只中から「味噌作り」と「アクマキ(ちまきと鹿児島では呼んだりする)作り」をお伝えします。

イタリアでは豚をつぶし一年分の家族で食べる量のソーセージやサラミをを作ったり、トマトを収穫してトマトソースを作り、それを瓶詰めにして保存食を作ったりしてイタリアのスローフード、そしてイタリア人のマンマ(母)の味を体験してきましたが、まさに味噌は日本の、あくまきは鹿児島のスローフードの原点であり、そして日本人の僕からすると自分の母から教わるこれらの食材が本当の「マンマ(母)の味」なのであり、ぜひ勉強したいところ。
すでに2~3日前に一回目作ったアクマキがあったので食べましたが。。。


13年ぶりに食べる味は涙がでました(秀樹感動)


日本には2年おきぐらいに帰国はしておりましたが1~3月ぐらいだったので、この端午の節句の時期に作られるアクマキには遭遇したことがなかったのです。
日本・鹿児島のスローフードの原点にどっぷりと浸かってみようと思います。

そんなことで、次回はもっと詳しく味噌作りやアクマキ作りをお伝えします。お楽しみに!!!

     IMGP6059.jpg     IMGP6089.jpg

     IMGP6091.jpg     IMGP6098.jpg

     IMGP6070.jpg     IMGP6045.jpg


スポンサーサイト

Posted by sasuraichef | 10:32 | Comment [6] | TrackBack [0] | 飯を喰らうっ!!

«prev | home | next»

自家農場から取れた野菜で 料理できるなんて、素晴らしいです。
きっと、料理人の夢で、自家農場と店をリンクさせた料理作りたい人って
たくさんいるんでしょうね。

Commented by 班長 [URL] | 04/30 12:27| edit

アクマキ始めて聞く言葉ですね。気になります。
次回楽しみにしてます!!

Commented by koudai [URL] | 04/30 15:54| edit

鹿児島での生活、いろいろな体験をされてますますシェフの腕に磨きがかかりますね。  うなぎですか。。。日本に帰国したら絶対まず食べに行くのが鰻やさんです。羨ましいです。私は、以前に旦那に魚屋で買ってきた生きたうなぎを捌いてもらってうな丼もどきを作りましたが。。。。。まずすぎて、もう二度と自分ではチェレンジしたくない料理です。(笑) やっぱり作った私(100パーセント)とイタリアの鰻(?)に原因があるのかも。

Commented by マイマイ [URL] | 04/30 21:41| edit

>班長さん

そうですね。自家農場で取れる野菜で料理することは、すべての料理人の夢ではないでしょうか。安全・安心、そしてなにより自分達で育てたという誇りがありますからね。全国にも沢山いらっしゃいますし、私もがんばっていろいろ育てたいと思っております。


>koudaiくん

あくまきとは鹿児島の郷里料理(和菓子)のことで、地元鹿児島では「ちまき」とも呼んだりします。鹿児島現在は鹿児島を中心に宮崎・熊本の一部の南九州しか作られないものだそうで、歴史的には「関が原の戦い」に薩摩藩が兵糧としてもちこんだり、有名な西郷隆盛も西南戦争の時にもっていたそうです。
だから多分知らないはずです。。。次回をお楽しみに!!


>マイマイさん

ウナギは去年フィレンツェでも捌きまくりました(笑)イタリアのウナギ大きいですし、ちょっと大味な感じ印象をもちました。焼いてよく蒸すことと、バルサミコ酢をベースに骨や頭を煮込んだソースで味付けすることで、ここらへんの問題はクリアできましたよ。イタリアの鰻(?)は悪くはないと思いますよ~(笑)
マイマイさんの特製うな丼、次回食べさせてくださいね~♪



Commented by サスライシェフ [URL] | 05/01 09:19| edit

昨夜は、初めてのシェフのお料理をいただき感動しました私です。

我が家でも数年前までは祖母を中心に味噌作りはしていて、味噌が違うと味噌汁がまずくて食べられないくらいでした。。。
(祖母の体力が落ちてしまい、現在は市販品で賄っていますが(T_T))
でも、あくまきは実際の製造工程を見た事がないので、楽しみです♪

にしても、親戚総出の味噌&あくまき造り。素敵な年中行事ですね(*^^)v

Commented by shige [URL] | 05/01 17:36| edit

shigeさん

昨日はありがとうございました。予想以上に沢山の方々がいらしていてちょっとびっくりしておりました。
味噌も味噌汁も全国各地いろいろと違いがありますが、県内でも、いや各家庭においても違いますからね。
味噌汁の味は母の味とはよくいったものです。
体力勝負ですが、久しぶりに体を動かして楽しみたいと思います。
あくまきもお楽しみに~!!

Commented by サスライシェフ [URL] | 05/01 23:04| edit

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。