サスライシェフ、イタリアを喰らう!!!

イタリアで料理人として働いた13年。。。新天地を故郷鹿児島に移し夢を現実とする為に奮闘する毎日を綴ったブログっ!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by sasuraichef | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

15 2011

イタリア最後の一日。。。明日帰国します。

宮城県沖の大地震でかなりの方が亡くなられ、そして今でも避難生活を送られている情報を耳にするたびに心が痛みます。
こういうタイミングではありますが、明日13年住んだイタリアを離れ、故郷鹿児島に戻ります。
当初東京に一週間ほど滞在しいろんな方々とお会いする予定ではありましたが、状況が状況だけに関東滞在をくりあげ、関西空港に着く便に変更。伊丹空港移動したのち17日の最終便でそのまま鹿児島に戻ることにしました。

ここ一週間、ネットやTVでの情報を聞くたびに本当に胸が裂けるような気持ちになりましたし、イタリアでの友人達とのお別れとかななり悲しい気持ちにはなっておりますが、今は日本という国を目指し、現在起っている状況と向き合ってがんばっていこうと思っております。

今の日本に元気をっ!! 

がんばれ東北っ!!がんばれニッポン!!!


13年間ありがとう。遠き故郷イタリアっ!!!



IMGP4481.jpg


追記。。。

こんな記事をよくここに書き込みしてくれる (mstk)a.it さんのブログでみつけました。僕も同感したのでこのページにコピペさせていただきました。
非被災者の方に読んで貰いたいので転載します。


以下コピペ
ーーーーーーーー

アゴラ
2011/03/14 22:45
東日本大震災で「ユーモア」が許されないこの緊張状態は危険 ‐ 岩崎聖侍
ユーザー : itnypartners
カテゴリ : 今週のテーマ 投稿
未曽有の大地震が東日本に襲い、多くの方が被害にあいました。何もできない自分が、本当に歯がゆいです。

そんな状況ですが、自分のできることを再確認しました。

1.まずは節電
2.できる限りの寄付
3.しっかり仕事をする(日本経済を復活させる)
4.未確認情報やネガティブな情報を拡散させない

だと思っています。
そして、5番目に、松本孝行氏もアゴラの記事でおっしゃっているように(不謹慎・自粛ムードに関する反論)「不謹慎」のキャンペーンを防ぐということを掲げたいと思います。Twitterでは、レンタルDVDの宣伝(テレビは地震のことばかりでつまらないという方。来店お待ちしております)をツイートした店員さんがボロクソに言われたり、テレビでアニメを放送したら、抗議の電話が鳴りまくったようなことが起きているようです。

しかし、みなさん、よく考えましょう。

まず今、日本は支援する国から、支援される国になってしまいました。これだけの被害が出たのですから、ただでさえ赤字だらけだった財政はさらに逼迫します。当然、もっと税収を増やさないと、日本はやっていけなくなります。

ということは、これまでに以上に、日本は経済成長を目指さなければいけません。テレビで悲惨な映像を見ているだけでは、被災地を復興することはできないのです。キレイごとではなく、お金(税収)がないと復興はあり得ません。

もちろん、まずは救出活動や復旧作業、ライフラインの維持が優先ですが、私たちができるのは、節電と寄付ぐらいです。それ以外は、なるべく普通に、いや普通以上の生活をしたほうが日本経済にはいいわけです。

しかし今、多くのビジネス活動が、「不謹慎」として叩かれる可能性を持っています。そうなると、普通以下の経済活動しか行われなくなり、そのツケは、いずれ国民、とくに復興が遅れる被災地の方が払うことになります。

ならば、私たちは節電をしながら、経済活動を続けないといけません。もちろん、消費についても同じです。スーパーやコンビニに行くと、水やカップラーメンはまったくの品薄ですが、ビールなどの嗜好品は全然売れていません。こんなときには、普段高くて飲めないエビスビールを飲んで、朝食はヨード卵ひかりの目玉焼きぐらい食べましょう。

それが復興への手助けになります。寄付だけでは、本当の意味での復興は難しいのです。

そして、何より、いっさい「ユーモア」が許されないこの緊張状態は、いつまでも続きません。そのうち、多くの人がストレスで体調を崩しかねません。

「人は幸せだから笑うのではなく、笑うから幸せなのだ」

私の座右の銘です。

テレビや新聞では、悲惨なニュースしか流れていないので、知らず知らず、多くの人が不安やストレスを感じています。なので、私としては、今こそ、お笑い芸人さんたちがテレビに出てきて、多くの人を笑わすべきだと思っています。

しかし、きっと今、お笑い番組をやったら、多くの人が「不謹慎だ!」と言って、抗議をするのでしょう。だから、テレビ局も放送できない。

スカブラという職業を知っていますか?

昔、まだ九州で炭鉱が盛んだった頃の話です。10人の炭鉱マンが3勤務交代制で、石炭を掘っていました。勤務が終わると、炭鉱マンたちは、トロッコに乗って炭鉱から出てくるのですが、そこにはなぜか11人の炭鉱マンが乗っています。そして、その中の1人だけ、汗はかいていないし、服はあまり汚れていない。そして、ニコニコと笑っているのです。

この男こそ、「スカブラ」なのです。

スカブラは、石炭を掘りません。炭鉱の中で、エッチな話やおもしろい話をしたり、みんなにお茶を出したりしているのです。これが仕事なのです(笑)

このようにスカブラを採用して仕事をしていた九州の炭鉱会社でしたが、日本のエネルギーが、石炭から石油に代わっていくのに合わせて、会社も傾いていきます。

すると当然、リストラの話になるわけです。役員たちは話をします。当然、「何もしていない"スカブラ"からクビを切ろう」という結論になります。

そして、スカブラをリストラし、10人の炭鉱マンのみが、炭鉱の中に入って行くようになりました。

その結果どうなったか?

作業効率が大きく下がりました。スカブラがいなくなってから、今まで同じ時間でやれていた仕事が、全然できなくなってしまったのです。そして、炭鉱マンたちの人間関係もギスギスしていったそうです。

今、自衛隊や警察、消防の方々は、もちろん必要ですが、多くの人を笑顔にする「お笑い芸人さん」も必要なのではないでしょうか。会社もせっかく休みなら、エビスビールを飲みながら、お笑い番組でも見たいです。そこでストレスを発散して、英気を養うのです。

そして、私たちがやることはたった一つ、また明日から一生懸命働いて、日本経済を復活させることです。
(岩崎聖侍 株式会社FreeLifeコンサルティング代表/ストーリー戦略の専門家)




今PCをつけたら。静岡で地震があったと。。。
(mstk)a.it さん大丈夫ですか?
無事なら連絡ください。


明後日には鹿児島での生活が始まります。今の僕にできること。。。
盛り上げていくことです。


FORZA JAPAN!!!!!





ラスト一週間のイタリア滞在日記は後日掲載します。あしからず。。。

スポンサーサイト

Posted by sasuraichef | 17:24 | Comment [8] | TrackBack [0] | サスライ・股旅・一人旅・・・のち時々二人旅

«prev | home | next»

・・・昨日は大変失礼いたしましたm(_ _)m
そうでした、シェフはまだあと2年あったのですね・・・
うらやましいです^^;

東京の公共交通の混乱はだいぶおさまってきましたが、
関空経由でご帰国されるのは賢明だと思います。
ご帰国便の変更ができて何よりでしたね。

延々とリプレイされる津波の映像・・・
画面に日時・場所が入っていない為に「また?」と思ってしまうような
放送の仕方や情報提供の方法に疑問を持ちつつも、TVやネットをつけない
と情報が入ってこない為、「これって節電ぢゃないじゃん」・・・と。
とは言え、それ以外でできる節電・やれるコトはやらなきゃいけない!と、
・・・そんな日本の状態ですが・・・
お気をつけてお帰りください♪

Commented by Perla [URL] | 03/16 07:24| edit

長いようで、君にしたらアッという間だったかもしれないね。
一生涯続けてく生業を確執にしたこと、またお嫁さんに出逢えたイタリアに感謝。
まずはご苦労様、気をつけて帰ってきゃん。

Commented by 真也 [URL] | 03/16 08:01| edit

サスライシェフ

ありがとう!誰もがTVに釘付け状態 私はそう言う人に声を大にしてTVを観ないで!節電にご協力を!と訴えています。

理由は①癌を患いながら「被災地へ」とすっ飛んで行った医師、余命は皆さんへの恩返しをいつも話していました。その彼から第一報が「TVを消してラジオへ」の節電のお願いでした。

②障害者の知人が多い中、TVが唯一の心の慰めなのに不安を増長するばかりで精神障害の人には大きなリスクになってしまっています。こんのときだからお笑いを!一時でも笑顔を作られないと人間の心はボロボロになってしまう。

楽しいTVを時間を区切って放映してくれたら、心のケアになります。

今は被災地の外国の人の心のケアをしています。

お二人の第二の人生 Start楽しみに待っています。 お気をつけて!

Commented by keimatsu [URL] | 03/16 11:22| edit

>perlaさん

誕生日の件、気にしてないですよ、うん、全然気にしてないっ!!^^

地震直後からすると日に日に現場の状況が悪化しているよに思えます。特に原発に関しては広い範囲に関係してくることや、この先何年何十年と日本が抱えていく重大な問題だけに、はやく治まらないものかと思っております。
そちらは大丈夫ですか? 今のニュースで千葉・茨城で地震があったことしりました。みんな大丈夫ですか?


>真也くん

ありがとう。本当振り返ればあっという間の13年でした。
君と涙のお別れをしてから(笑)、あれからもう13年経ったのかとなんか不思議な感覚になります。 イタリアでこれだけの時間やってこれたこと、君の存在も大きかったといっても過言ではないでしょう。
昨夜やローマのトモコさん(ドキュメンタリーにでてた)とお会いしましたが、さすがにお別れの時は僕は涙が止まりませんでした。ローマのトモコさんところで始まった僕のイタリア生活はトモコさんで終わることができました。
いや、トモコさんと会ってまた新しいスタートだと思うところです。
新天地でがんばります。。。。そっちは大丈夫ですか?


>keimatsuさん

ありがとうございます。
人間一人一人、必ず人の心に響く素晴らしいものをもっているはずです。
僕の友人で被災者の一人になっている料理人の方も、笑顔で炊き出しを行っているようです。被災した方々を元気付けるという意味では、料理人もお笑い芸人も一番恵まれた職業だとおもいますが。
非被災者の僕らができること、まさに今の日本の経済を支えることです。
それが被災者への遠くからできることだと思います。
がんばっど~~~~!!!



Commented by sasuraichef [URL] | 03/16 13:34| edit

日本には十分に気をつけて帰ってきて下さい。

宮城は未だ恐怖の真っ只中です。
余震は減ってきたものの、今度は原発です。

物資も不足し、連絡の取れない友人もいます。

この状況がいつまで続くか恐怖の毎日です。


炊き出しも食材の関係上、終了しました。


それでも、なんとか物資を集め、パンを焼き、被害のひどいところに
配給している状況です。
今日で粉モノもそこを着きました。

しかし、出来る事はまだあると思います。

1日も早く、より多くの笑顔が戻る様に出来ることをやっていきたいです。

Commented by shinya [URL] | 03/17 23:10| edit

shinyaくん

無事でよかった。。。連絡を取れない友人の方もいらっしゃるんですね。無事であってほしいです。

地震・津波に続いて原発の事故も多くの被害を出し始めていますね。
でも原発の中で多くの人が被爆する覚悟で作業を今なお続けていると思うと本当に悲しくなります。

食料不足の不安から都心などで買いだめをし食料品店でも在庫がなくなっているというニュースを見ますが、まずは被災者に譲ることが第一でしょうっ!!

今後の食糧不足の不安よりも、今日の食事を取れない方々にまず食料が行き届くことを考えないと。
僕ら非被災者に今できることは、節電とまずそこだから。

しんちゃん本当に大変だと思います。僕らの気持ちは君と一緒ですっ!!

がんばれしんちゃん、がんばれ宮城、がんばれニッポンっ!!!!


Commented by sasuraichef [URL] | 03/18 17:47| edit

Piacere! 仙台から初コメです。

ご縁があって、帰国間際のyossyさんにVernazzaのモザイコを作って頂きました。作品はあの大地震でも壁から落下することなく、こうして私ともども無事です。

ご友人がお勤めの仙台のMia angelaが、炊き出しで活躍する模様が、私が勤務する社が発行する新聞(そちらの南日本新聞のような存在です)に取り上げられていました。

ご存知の通り、すべてを無に帰した津波の被害は想像を絶するものがあります。岩崎聖侍氏の指摘どおり、日常生活を送ることがまだしもできる西日本の皆さんに、ここしばらくは頑張っていただかなくてはならないようです。

故郷で開業を目指しておいでと伺っています。夢の実現に向けて動き出したサスライ様に元気を分けて頂くため、長い取り組みになるであろう復興の道のりで少しくたびれたら、これからも立ち寄ります。奥様にもよろしくお伝えください。

Commented by 庄内系イタリア人 [URL] | 03/27 00:21| edit

こんにちは、庄内系イタリア人さん、はじめまして。。。
数日バタバタと動きまわっておりましたので自分のブログを更新することなく時間がすぎておりまして返信が遅れました。
地震の被害の様子を耳にするたびに心が痛みますが、本当にご無事でよかったです。
これから僕らも大変ですが、もっと大変な思いをされている方々がいらっしゃると思うと自然と自分のやらなければならないことがはっきりとしてきます。
ちょっと疲れたら鹿児島にきて元気パワーを充電してください。
あまるほどのパワーを僕らも蓄電しておりますっ!!
これからの東北地方の復興を願いつつ、僕らもがんばっていきます。これからもよろしくお願いします。

Commented by sasuraichef [URL] | 04/01 10:50| edit

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。