サスライシェフ、イタリアを喰らう!!!

イタリアで料理人として働いた13年。。。新天地を故郷鹿児島に移し夢を現実とする為に奮闘する毎日を綴ったブログっ!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by sasuraichef | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

25 2011

セントーサ島をさすらうっ!!

シンガポールの南の海上、約一キロに浮かぶ島「セントーサ島」

砂浜はもちろん、アジア一といわれる規模の娯楽施設が2010年に完成したばかりで、ユニバーサルスタジオやマリンパーク、そしてカジノなどが立ち並ぶ巨大リゾート地。
でも第二次世界大戦では、イギリスが日本に最後まで抵抗した激戦の悲しい歴史もあり、舞台となったシロソ砦には今なお当時のイギリス軍の基地跡があり、現在では博物館として戦争の悲しさ伝えていく施設となっています。

さてモノレールでハーバーフロントからセントーサ島に渡り、途中停車の駅二つのやり過ごし、終点で降りると目の前には海が広がります。

     IMGP3053.jpg     IMGP3060.jpg


常に常夏の国。一年中同じ気温の国ではいつでも海水浴ができるわけで。。。それがいまいちまだよくわからない(笑)
やしの木が茂り、白い砂浜があり、当然水着のオネーさん達もいるわけで(汗)
久しぶりの目の保養を5感に感じる刺激を楽しんだのであります。。。(笑)


     IMGP3064.jpg     IMGP3075.jpg

     IMGP309011.jpg     IMGP308911.jpg


砂浜を西に歩いていくとシロソ砦に着きます。
8ドル払って入ると、第二次世界大戦のイギリス軍の基地跡を見学できます。
写真や等身大の人形そしてリアルな当時の爆撃や兵隊さんなどの声や音などを再現し、ほぼ見学者のいない地下の
大砲の弾の倉庫や兵隊さんの住んでいた部屋などに入ると、ちょっと「ゾクッ」とします。


     IMGP3093.jpg     IMGP3106.jpg

     IMGP3108.jpg     IMGP3116.jpg


部屋や廊下には兵隊さん達の人形が立っているし、一度本当の観光客と鉢合わせした時にはお互い驚いてしましました。地下という湿度を感じる部屋で空気も流れない、そんな環境で当時実際使われていた基地を一人で探索するのはちょっと勇気がいります。

ただここでたった60年前という時の前に、イギリス軍と日本軍が激戦をしたという悲しい歴史がありますが、当時世界的に戦争が起っており、沢山の方々がお国の為に血を流したのです。
でも今のこうして僕らが平和に幸せに暮らしているのも、そういった歴史があったからこそ。。。
一人の日本人として生まれ、こうして幸せに海外旅行ができる時代になった今、亡くなられた方々に感謝する思いでこの地を見学しました。

     IMGP3120.jpg     IMGP3123.jpg


シロソ砦をでたらすでにお昼過ぎ。。。

巨大リゾート地の広がる駅まで戻り見学しながらも、美味しそうなレストランを探す。


     IMGP3170.jpg     IMGP3174.jpg

     IMGP3178.jpg     IMGP3180.jpg


で、見つけたのが「osia」というレストラン。

オーストラリアの料理をベースに創作料理を提供するレストランで、2010年にはその年にオープンしたレストランを評価するCNNのレストランガイドの部門の中で一位になっているのです。

内装も落ち着いたクリーム色・茶・黒であわせてあり、いたってテーブルセッティングも若干カジュアルでありながらもシンプルで好きな感じ。 一人だったので奥の席に通され全てのホールが見渡せる場所に座らせてもらったのだが、オープンキッチンには8人ほどのスタッフが効率的に動き料理を作っているライブ感も伝わってくる。


     IMGP3138.jpg     IMGP3158.jpg

     IMGP3148.jpg     IMGP3150.jpg

     IMGP3154.jpg     IMGP3156.jpg


ランチメニューで3皿をチョイス。
前菜にタスマニアサーモンのタルタルとアボガドのソルべ、メインはOG産の牛のグリルと温野菜、デザートはチョコレートのホットスープとジェラート。
白ワインはDog Point Sauvignon Blanc 2009をグラスで。。。フルーティーでありながらもしっかりとしたキレは、この暑さの中では最高の飲みやすさ。ニュージーランド産のワインもなかなか興味深いものでありました。
さらに焼きたてパンを8ドルでつけられるだけど、本当に焼きたてって感じでパンを割ると中から蒸気がふわっと上がってくるほど。。。それに自家製のチューブに入ったトマトとバジルのソースをつけて食べると、最高に美味しいっ!!
前菜でてくるまでに半分ほど食べちゃいました(笑)
この演出けっこうすきでしたね。。。アイデアもらっちゃお(爆)

料理も繊細で火加減も絶妙。。。はじめてのオーストラリア料理界のレベルの高さに感動さえ覚えました。


食後は案の定天気が危うくなってきて、すでに雨の匂いを感じたのでタクシー拾って帰りましたが、家に帰りついた時にはスコール。 雨が止まないと外に出る気にはなれず、そのまま夜の外出予定時間までPCでの作業。


     IMGP3186.jpg     IMGP3190.jpg


夜は嫁さんの大の友人で、偶然にも鹿児島から一週間ほどのバカンスでいらしたお友だちとクラーク・キーのあたりで飲むことに。。。
久しぶりの再開と久しぶりの鹿児島弁での会話におもいきり楽しませていただきました。


家に帰りついたのは午前様(笑)

もう来月は鹿児島に帰国するので、そんな話をしながらもようやく「実感」が湧いてきているのが本当のところです。

そんなことで日曜日ようのメニューを作らなければ。。。(汗)

スポンサーサイト

Posted by sasuraichef | 11:41 | Comment [2] | TrackBack [0] | 未分類

«prev | home | next»

私たちも初めての夜の外出で、とても楽しい時間を過ごせました♪ありがとぅございました!
シンガポールスリングを飲めなかったのがホントに残念だったけどね…

奥様にもよろしく!!
帰国を楽しみにしてますと。

Commented by K子 [URL] | 02/27 22:11| edit

K子さん

こちらこそ楽しい時間をありがとうございました。
確かにシンガポールスイングのめませんでしたけどね(笑)
フランスだったからね、、、、(爆)

また会える日を楽しみにしています。

Commented by さすらいシェフ [URL] | 02/28 02:06| edit

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。