サスライシェフ、イタリアを喰らう!!!

イタリアで料理人として働いた13年。。。新天地を故郷鹿児島に移し夢を現実とする為に奮闘する毎日を綴ったブログっ!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by sasuraichef | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

20 2011

シンガポールに着きましたの巻

みなさん、シンガポールからお送りします「シンガポールを喰らうっ!!」の第一弾。

ローマからドバイ経由で一日かけてやってきました。


     IMGP2501.jpg     IMGP2505.jpg
              ドバイの空港内とシンガポールでの3週間滞在する部屋


昼2時半ごろにシンガポールの空港についたのですが、飛行場をでるとうだるような暑さと湿度。

まさに日本の夏って感じです。
ほぼ毎日夕方にはスコール(ゲリラ的な雨)が降り、蒸し暑さに蒸し暑さを加えてくれる望まないサービス(笑)


     IMGP2510.jpg     IMGP2512.jpg
            今回尋ねてきたレストラン・ロォペレッタとその前の風景

一年中このような感じなので、日本とイタリアのように四季がある国からくると年中この感じにはちょっと驚きます。

ここ2~3日は食材のリサーチなどしていて、その他中華街などを見学しておりましたが、四季がないことをはじめ、小さいシンガポール事体に資源ががないためあらゆるものが輸入に頼っており、それが食文化の上でも大きく関係していることを感じました。
だから赤道直下の国からくるトロピカルな野菜や果物にまじり、菜の花や日本の干し柿・根セロリなどが同じ棚に並んでいたりしてちょっと異様な感じ。。。
市場でも世界中のものがそろうので面白いと思うけど、逆に料理を作る時にその土地の「旬」の素材をいつも考えて作ってきただけに、ちょっと戸惑ってしまうのが本音のところ(笑)

特にトロピカルな野菜やフルーツは正直、僕にとっては未開発な部分であり興味がありますが、マレー半島原産だけどシンガポールといえばこのフルーツなしでは語れないフルーツの中の王という異名をとる「ドリアン」をはじめて見た時(嗅いだ時)、僕はかなりの衝撃を受けました。(笑)

なんといか。。。なんか腐ってるというか。。。玉ねぎが腐った時の匂いが近いではなかろうか。。。
多分そうだ。。。うん

あの強烈な匂いは噂には聞いておりましたがかなりのもんです(爆)

ちょっと味見してみたいけど、一個丸ごと買わないといけないし。。。さすがにおかしくなってしまいそうなので。まあ、この3週間の間に食べる機会があったらぜひ試してみます。一口ね、一口。。。


     IMGP2615.jpg     IMGP2561.jpg


     IMGP2572.jpg     IMGP2577.jpg
         船の乗ったホテル・マリーナ・ベイ・サンズ  高層ビルが夕暮れに沈みます。


後は想像を超える建築物。金融街は超高層ビルが立ち並び、3本並んで立っているホテルの上にでかい船(プールらしい)が乗っていたり、東京&NYを思い起こす感じの中心地。
そして中国系・マレー系・インド系とさまざまな文化をもった人たちが集る地域。
一歩は踏み込めばそこは中国だったり、そこはインドだったり。。。
1国で3つも4つも別の国の雰囲気を楽しめるのは、シンガポール独特のものなのだろう。


     IMGP2585.jpg     IMGP2592.jpg
     裏通りはエアコンの室外機が密集しています。圧巻っ!! お供えもトロピカルやね(笑)


     IMGP2539.jpg     IMGP2522.jpg
        さまざまな国の文化がまざります。中華街とヒンズー教のお寺


今日の夜は中華街へ行きホーカーズフードでさっそく「チキンライス」を頂く。
ホーカーズとは庶民にとっては食卓といってもいいくらい、自宅で料理を作る習慣があまりないと言われるシンガポールの庶民は、ほぼ毎日通う場所。定価価格はもちろん、さまざまな国の料理がすぐにそろうので、1人でも何皿というか何種類も食べれる。
ま、簡単にいうと屋台がいっぱい集った場所なのだ。

     IMGP2620.jpg     IMGP2627.jpg


     IMGP2628.jpg     IMGP2635.jpg


もう隙間も無いくらいに立ち並ぶホーカーズフード店の中で一段と長蛇の列があったある「チキンライス専門店」。
列ができているくらいだからおいしいだろうと並び、並ぶこと15分くらい(笑)

店の中には鶏がぶら下がり、包丁でバンバン切っていくおばちゃん
なんとこのチキンライスたったの、2.5シンガポールドル(以下S$)。

1S$は約65円くらいなので、160円ほど(驚っ!!)

確かに噂通り「シンガポールではチキンライスを食えっ!!」というぐらい美味しかったが、量はあくまでも普通だったので、さらに別の店で焼き豚ごはんを頂く(笑)
甘辛くいためた豚ロースが美味しかったが、これも4ドル(260円)

     IMGP2638.jpg     IMGP2642.jpg


ちなみにこの食事の値段でアサヒのスーパードライ500mlが1本買えます(爆)

ま、そんなこんなで、明日からようやく仕事始まりますのでがんばっていこうと思います。


     IMGP2645.jpg     IMGP2648.jpg
  ドリアンに注意。。。かなり遠くから匂ってくるので分かります。ちなみにホテルや地下鉄にドリアンの持ち込みは禁止です。





東南アジアを感じれる曲をどうぞ。。。

スポンサーサイト

Posted by sasuraichef | 00:39 | Comment [7] | TrackBack [0] | サスライ・股旅・一人旅・・・のち時々二人旅

«prev | home | next»

そうなんだけど、そして匂いでかなりめげるのだけど
僕も一昨年の春に初めて食し、
その旨さに驚きました。
どうせ食べるなら、
郊外のドリアン専門店、土地の人がわざわざ行くとこが
お薦め。
少し凍らせても旨い!
かなり旨いまずいがある様で
匂いも熟したのはかなりすごい。
後輩が(現地に住んでる)選んでくれたのは
若くてフルーティ、匂いもそんな気にならず
そして美味しゅうございました。

Commented by Toru [URL] | 02/20 02:44| edit

toruさん

あ、ドリアン食べたんですね。そう食べると美味しくはまってしまうと聞きました。
ぜひそこ行ってみたいです。後輩さんはまだいらっしゃるのですか?(日本人の方ですよね)
もしよかったら紹介してください。 僕もうまいドリアンをぜひ食べてみたいです!!

Commented by サスライシェフ [URL] | 02/21 01:00| edit

ドリアン。
アイスクリームなら大丈夫かと試した事があります。
一口食べて。。。
撃沈。
ダメでした。
珍しくごめんなさいさせて頂きました。

是非お試しを!

Commented by リーノ [URL] | 02/21 01:28| edit

僕もまだ食べた事無いです。

次の日記予告
「さすらいシェフ、ドリアンを喰らう‼」
きっと志村喰いしてる動画とか見れそうですね。

Commented by (mstk)a.it [URL] | 02/21 15:14| edit

>リーノさん

お疲れ様です。オーストラリアの近くまで来ました(笑)
毎日町に出ていますが、姿を現さなくても敵(ドリアン)が近づいていることを体が警告するぐらい敏感になってきました。
アイスもあるんですね。アイスより男は黙って生ですっ!!



>(mstk)a.it さん

「サスライシェフ、ドリアンを喰らうっ!!」

この企画がきた時には、志村食いもしますし、成功したあかつきには「ヒゲダンス」もやっちゃいますよ~(笑)
男の生き様をとくと見よっ!!^^

Commented by サスライシェフ [URL] | 02/21 23:35| edit

こんばんは!
是非紹介したいですが、彼はクアラルンプールに居るんです。
ペトロナスツインタワーの中にホールがあり、そこの専属オケで弾いてます。僕らもドイツからオケのツアーで行った時に、食したんですが、いや、匂いだけだと勘弁だけど、旨いです。高貴なヴァニラクリームの様!
現地の方に美味しいのを教えてもらってくださいな!

市場とか、いろいろ楽しそうですなー!
お気をつけて!

Commented by Toru [URL] | 02/22 03:29| edit

Toruさん

ありがとうございます。
現地の人に聞いてみます。せっかくだから美味しいの食べたいですしね。
また情報ありましたらよろしくお願いします。

Commented by サスライシェフ [URL] | 02/22 09:21| edit

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。