サスライシェフ、イタリアを喰らう!!!

イタリアで料理人として働いた13年。。。新天地を故郷鹿児島に移し夢を現実とする為に奮闘する毎日を綴ったブログっ!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by sasuraichef | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

12 2011

ちょっとオカシイと思う最近の日本。。。「自己責任能力」

鹿児島、宮崎県境の霧島連山・新燃岳の周辺で、「近くで写真を撮りたい」などとして観光客が、火口から半径4キロ圏の入山規制区域に侵入するケースが相次いでいる。
 
「やっぱり、迫力ある姿を見たいでしょう」。火口から南に約5キロの鹿児島県霧島市の市道。通行止めのバリケードの奥から現れた48歳と39歳の男性2人に悪びれる様子はなかった。

 別の中年男性も「今は火山活動も落ち着いているように見える。近づいても大丈夫だと思う」と話した。同市消防局の後庵(ごあん)博文局長は「観光客を見かけて注意したが、危険性をわかっていなかった」と心配する。

 空気振動を伴う爆発的噴火が起きた今月1日、火口から南西約3・2キロの杉林に縦70センチ、横50センチの噴石が落下。直径6メートル、深さ2・5メートルの大きな穴が開いた。県と市は同日、規制区域を2キロ圏から4キロ圏に拡大。県道と市道の計3か所にバリケードと看板を設置している。

                                      yomiuri online の ニュースより 



最近耳にする日本のニュース。

重大な事故が起こりえる状況で亡くなられている方もいらっしゃるようだが、その事故の原因を一方的に他の(他人)の責任にしているように思える。
最近多い地下鉄のホームから酔っぱらって落ちる人。 ホームに柵が無いからって鉄道会社を訴えたりしても、その前に「自分で自分の行動に責任をもてないほど酔ってしまっている」自身はあまり責任を感じていないのか? 

車の飲酒運転は確実に免許取り消し。それで事故を起こしたら確実に塀の中。それは免許を取る上で法律上でも決められている自己責任。
一般生活の中でも同じような考えをすれば、当然答えはでてくるわけで。

どこかのジェットコースターから落ちて死亡事故が起った件。 マスコミは経営会社・管理会社を必要以上に責め続けているけれど、このニュースでも同乗者の発言からちょっと疑問に思うこともあった。
隣に座っていた同乗者も被害者も発射前にすでに「安全バー」がガタガタしていたということを認識していた点。

ちょっとおかしいと思ったら、手を上げるなり係員に声をかけるなり意思表示もできるのではないだろうか。。。

担当していた係員の発言でも、最近安全バーがかかっているか確認する為に下腹部を触ることで、乗客から苦情がでていたと。。。その苦情がきっかけで、目視での確認になってきていたという。

苦情って。。。!?

安全確認に苦情だすぐらいだったら、最初から乗るなっ!!そして、そんなこというヤツも乗せるなっ!!

苦情として受け止めてしまう管理も困ったもんだが。。。




だから今回の立ち入り禁止区域に入っていく人のニュース。
これで何かあったら、絶対行政や国を相手取って訴訟でもおこすんだろうな。。。。


自己責任能力って何っ!?

こういう人は僕は正直、痛い目にあってもらいたいと思う。うん。




スポンサーサイト

Posted by sasuraichef | 09:53 | Comment [10] | TrackBack [0] | 未分類

«prev | home | next»

痛い目にあったら、きっと責任の所在を他に探すのでしょう。

自己責任の意味がまだあるここヨーロッパ、
日本は、自己責任の範囲で危険地区に入っても事故が起きたら
担当者の管理不行き届きになってしまうことがある。
おかしな話ですね。

そういえば、この噴火、
動物をたくさん殺したから神が怒ってると
阿呆な発言があって騒ぎになりましたが
?なことが多い。
そこに帰るんですねー!
日本をまともに保つ一人になってください!
いや、奥方と二人で!

4月に本州の端まで用事で行くのですが
九州、調整が出来たら伺うかもしれません。

Commented by Toru [URL] | 02/12 19:09| edit

日本人より日本のニュースに詳しいな!
なんの煙か分からない時、ここから見ても世界の終わりが来たんじゃないかと思うぐらい大きかったよ。

リンクに入れてもらいありがとうございます。

Commented by bakabonndootouto [URL] | 02/12 23:25| edit

>Toruさん

管理の不行き届きになるようですが、しっかりと看板に書いてありますからね。
実際現場で注意しても入っていく人がいるようですし。
しっかりと逆に訴えるぐらいの法律や刑罰を与えられるシステムに変っていけばいいのですがね。いや、そうするべきだと思います。

「もし事故があった場合、まったくの責任は自己責任となり、まったくもって行政や国、管理に関係しているものには責任は一切ありません。事故があった場合、起訴及び、罰金・刑罰を与えさせていただきます。」

ぐらいの看板を立ててもらいたいですね。



>bakabonndootoutoさん

知り合いも「爆弾がおちたんじゃないか!?」とか思ったらしいです。
現地で被害にあわれている方々を思うと、上記のような記事(安易に立ち入り区域にはいっていく人たち)を見るたびに怒りを憶えます。
ブログ楽しみにしてますよ~。

Commented by サスライシェフ [URL] | 02/13 06:39| edit

火山の調査をしている友人に聞いたら、新燃岳はいつ大規模な火砕流が起きてもおかしくない危険な状態とのこと。
現地の方たちは本当に不安な日々を過ごしていらっしゃるでしょうね。。。

火災報知機が鳴っても、逃げない日本人。
平和ボケしているこの意識を変えるには、社会全体での取り組みと一人一人の意識改革が必要なんでしょうね。

私のブログのリンクも、ありがとうございま~す!(^ワ^)/

Commented by ニキ [URL] | 02/13 18:58| edit

ニキさん

ほんと事が起きてからでは遅すぎるのに。。。
でも大切なことは、入りたいやつは入ってもかまわない。事故にあってしまってもかまわない。
ただそれを他人に押し付けたりするのではなく、自己責任として受け止めろっ!!ってことです。
 そんなこともわからん奴らにはもっと厳しい姿勢で対処したほうがいいと思います。
ブログ、楽しく見ています!!!!

Commented by サスライシェフ [URL] | 02/13 20:35| edit

日本人の意識が低下しているのは確かですね。

自己中心的な考えの人が余りにも増えすぎて、それが当たり前になってしまった日本です。政治家も国民もそこに育ちつつある子どもたちまでも。

利権の取り合いと金の取り合いがうごめいている行政では日本丸の沈没は目に見えているようです。

もう少し大人たちが身近なことから勉強をし直し、行動するしか救う道はなさそうですね。しかし、それも今の日本では勉強嫌いな人の集まり故、平和呆けからの脱却は無理のようです。

何か出来ることを模索しながら「老人革命隊」を作ることを本気で考えねばなりますまい。

Commented by keimatsu [URL] | 02/13 20:38| edit

ヨーロッパレベルの自己責任というのは、個々の意識がしっかりしていて自分で自分の始末をするという認識だとは思うのですが、ここイタリアではちょっと違うんですよね。そんなことでどうにかなったとしても、そしてそれについて市や、県などの管轄を訴えたとしても


「そんなん知らん!」


といわれるのがオチ。(爆)実際フィレンツェだけではなく、トスカーナのたくさんのとこで、アスファルトや石畳に穴があって、それにはまってこけたりした人やバイクなどがそれを管理する行政を訴えるというか、苦情をいいにいってもまったくとりあってくれないんですよね。あとは誰かに責任を転嫁する、これって基本イタリア人のお家芸。

日本って、至れり尽くせりすぎ。イタリアは市民に厳しい国だもんなぁ。。。(汗)
ほんとにみんなこんなんだったら、クルクルパーになっちゃうな。

Commented by yossy [URL] | 02/13 20:43| edit

>keimatsuさん

確かに自己中心の考えの人が増えて意識が低下していることは間違いないですが、ここに書き込みしてくれたみなさんのように、しっかりと自己責任という意味を分かっている方もたくさんいらっしゃいます。
まだ遅くありません。できるだけ早く訂正していく努力をしないといけませんね。
「老人革命隊」。。。ぜひとも僕も参加させてください!!^^



>yossyさん

ま~ね、「知らんっ!!」の一言で終わらすイタリアの行政を、日本の行政もぜひ見習ってほしいですね(笑)
わからんヤツには相手にせず、逆にもっと厳しく対処していいってことです。
至れり尽くせりの生ぬるい環境でそだっている今の日本の自己中心的に育ってしまっている人に僕から。。。


「渇っ!!!!!!!!!!」


Commented by サスライシェフ [URL] | 02/14 07:36| edit

Yossy さんの言うとおり日本の行政ももう少しイタリアに真似して、噴火口にハマって死んでも「知らん!」と言えるくらいになって欲しいです。

何事にも事なかれ主義が先行して責任転嫁の大好きな行政と事が起きでも賠償金は我々の税金故彼らの懐は痛まないからホイホイと出してしまう。

赤字国債も印刷機を回せばなんぼでも出来るっていうじゃない?

就職できずに引きこもりが増えたって?籠れる家があるからいけないし、3食の準備をしてやる親がいけないよ~。「働らかざるもの食うべからず」でしょ?

だから親の年金欲しいから不明者への年金支払い凄い額になっている。

「老人改革隊」の命名ちょっと若返らないといけなくなりそうね。

Commented by keimatsu [URL] | 02/14 21:07| edit

keimatsuさん

>噴火口にハマって死んでも「知らん!」と言えるくらいになって欲しいです。

行政もそれぐらい強気ででないといけないと思います。ホント(笑)
忠告もしているわけですから。なんの問題もないんですよ。

引きこもりのドキュメントを見たことありますが、親が3食のごはんを準備してドアの前に置いているシーンを見たことがあります。ごはんがあれば部屋から出る必要ないですからね。
なんでごはん作ってあげてるのかよくわからんですけど。。。
そりゃ、ごはんあれば部屋からでないですよ。極楽だもの。。。

「老人革命隊」を改名して「老若男女革命隊」でどうですか!?^^

Commented by サスライシェフ [URL] | 02/15 03:22| edit

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。