サスライシェフ、イタリアを喰らう!!!

イタリアで料理人として働いた13年。。。新天地を故郷鹿児島に移し夢を現実とする為に奮闘する毎日を綴ったブログっ!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by sasuraichef | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

20 2011

水の都「ベネツィア」を喰らうっ!!

2泊3日の旅、水の都「ベネツィア」編。

長くなるので美味しいとこだけUPします(笑)

フィレンツェから高速特急を使い2時間でベネツィアへ。
着いた時はすでに真っ暗。。。ホテルを探して急いで夕食へ。

     IMGP1288.jpg     IMGP1299.jpg

・・・が、クリスマス以降、2月のカーニバルがはじまるまでは完全にオフシーズン。
レストランの多くがバカンス休業になっていました(涙)

行きたかったところが2件も立て続けに閉まっているのを見てちょっと最悪の状況を考えたが、ガイドブックに載っていて開いていたレストランへ飛び込みとりあえずご飯にありつく。。。


     IMG_0851.jpg     IMG_0849.jpg


やはり水の都。魚介を食べないとってことでパスタもメインも魚介で攻めましたよ(笑)なかなかのお味でした。。。
そういえばベネチアといえば、Seppie alla Veneziana。コウイカをイカ墨でやわらかく煮込んであるんですけど、どこにもイカ墨ってかいてないわけです。僕もセコンドはこれを頼んだのですが、隣のテーブルのおじいさんは、まずイカ墨のスパゲッティを食べ、そのあときっと何も知らずにコウイカを頼んだら、またまたイカ墨にまみれた黒い皿が。。。(爆)やっぱり二口くらいで奥さんに皿を交換してもらっていました。


     IMGP1334.jpg     IMGP1572.jpg


2日目はホテルと提携しているムラーノ島のガラス工場見学。
ホテルから無料でだしてくれた水上タクシーでくつろぐサスライシェフ。


                    IMG_0913a.jpg    
                      「イエ~ィ、社長出勤ですわっ!!」


一通り工場を見学した後は、ムラーノ島探索と昼ごはん。ホテルからの提携ということで、やっぱり何か買わないといけない雰囲気なのだが、そこは知らんふりをして外へ繰り出す僕ら。(笑)やっぱり買うならシャンデリアだし、なーんて言ってみたいですがね。(爆)ぼくらと同じく工場見学していたロシア人ファミリーは、「ヴェネチアングラスのシャンデリア持ってる」といっていましたが、そのせいか、裏口にとおされた僕らと違い、二階の秘密の部屋(爆)へ通されていました。灰色の空の下ムラーノをくまなく散策。カラフルな家々は天気がよかったら青い空に映えただろう。。。そしてまた食事時。相方の知り合いのヴェネチア人にSMSでおいしくて安いレストランをきいていたのだが、やっぱり閉まっている。。。_l ̄l○
ここでもレストランはほぼ閉まっている状況の中、相方、道端でおしゃべりに花のさくおっさんたちを捕まえて情報収集。そこを目指していく途中、どうもよさそうなレストランを発見。ミシェランガイドにも載っているみたいで、掲載されているということは「味」は保証されているというわけで入店。
早速ここでも魚介のパスタ。いろんな魚介の味がしみ込んでおいしかったです。


     IMGP1376.jpg     IMG_0919.jpg


     IMGP1436.jpg     IMG_0952.jpg



ホテルに戻り一時休憩。。。

     IMG_1013.jpg     IMGP1349.jpg


夕方外にでてリアルト橋付近を散歩。。。
何度見ても映画「ウォーターワールド」の町並みを思い出すのは僕だけだろうか(笑)

夕食は知り合いに教えてもらった立ち食いもできるところで、とりあえず奥のテーブルに座って食べたのだけど、ここでも魚介を存分に味わいましたよ。


     IMG_1058.jpg     IMG_1056_20110120201026.jpg

ポレンタ(トウモロコシの粉を練ったもの)をベースに魚の料理が次々と並びます。
南イタリアの人間が北イタリアの人を皮肉る時「ポレンタ野郎っ!!」って呼ぶのだけど、その気持ち分かる気がします(爆)
こんなに魚介とポレンタを食する旅ってベネツィアが初めてですね(笑)しかも右のいわしのマリネなんか、おかゆのような真っ白いポレンタに沈んでるし。。。


3日目は朝からまずリアルト橋の近くにある市場まで魚を見に。。。
新鮮な野菜はもちろん魚介もたくさん並びます。


     IMG_1073_20110120173555.jpg     IMG_1083.jpg


     IMG_1082_20110120173554.jpg     IMG_1087_20110120173554.jpg


シャコにかんしては完全に生きているシャコばかりで、お腹をアコーディオンの蛇腹のように動かしていて、魚の目も黒々としておりとても新鮮なものだとすぐわかります。それを上品なコートをきたおばあさまたちが、一匹ずつ「これくれ、あれくれ」と指差しオーダーしていたそうです。(笑)

その中で、わたくしサスライシェフは「手長エビ(生食用)」って札にどうしても料理人の魂をゆるがされまして、8匹購入っ!! 
それまでおのおのばらばらに歩いていた身内を市場の奥隅に集合させ、そこで手づかみで生スカンピを食べやした!!新鮮な手長エビが放つ甘くてデリケートなお味。。。


     IMG_1088_20110120173553.jpg     IMGP1556.jpg
                            「サバイバルな姉妹っ」


市場の片隅でワイワイキャーキャー言いながら生スカンピに喰らいついていた僕らを見て、確実に「サバイバルな奴ら」と思っていたまわりの人たち(爆)。運河沿いの市場の裏側だったので、たまに通る船の人たちは、なんじゃ、ありゃ!?って感じだったでしょう。でも新鮮な魚をこの市場の中で生で喰らうって、これ以上に美味しいものはありませんって!!^^



満足で市場を後にし、見学時間のきたサンマルコ寺院へ。
黄金のタイルを貼った天井のモザイク画を見ていると、なんとも心が洗われる様な。。。上ばかり見ているので首も痛くなるような。。。(笑)
すぐ側では外壁やの天然石のデザインをじっくり下ばかり見て歩いている相方。。。(爆)


     IMGP1504.jpg     IMGP1469.jpg


サンマルコ寺院見学の後はで、その後はその周辺を探索。
昼には昨日知人に教えてもらっていた「ドゥエ フォルケッタ」ってレストランへ。リアルト橋の裏手の道を筋にはいらないといけないので、かなり迷いましたが、こじんまりとした奥様と旦那さんでやっている20席ほどのレストランでした。料理もなかなか僕の好きなお味でしたし、なんとなく自分達のこれからするレストンランの器の大きさなど、ヒントになるところも多かったかも。

そして夕方義妹夫妻と別れ、フィレンツェに戻ってきたのでありました。


はじめてお会いした義兄弟にあたる彼ら。。。結婚すると自然と増える親族って別に特別なことではないのだけれど、すごく楽しい時間が一緒に過ごせたことは最高の思い出になりました。


     IMG_0958_20110120173152.jpg     IMG_0933.jpg
          呼吸もピッタリっ!?


しゃて、ベネツィアの旅以降毎日のように積み重ねられたダンボールと、整理の為の荷物の為に足の踏み場もない状態で生活しております。。。(涙)

次回はここら辺の状況お伝えしていきたいとおもっております。

では、また~。。。。





スポンサーサイト

Posted by sasuraichef | 10:45 | Comment [6] | TrackBack [0] | サスライ・股旅・一人旅・・・のち時々二人旅

«prev | home | next»

社長出勤に見えなくもないけど、両側に女子がいたら「君たちもどんどんやりたまえ。」なんて構図になりそうですね。

とりあえず美味い物を食べてきたようで羨ましいですな。私が前回行った時なんざ、日帰りだったから食事も切り売りのピザを広場のベンチに座って食べただけでした。
で、ヴェネツィアっつーと、レストランとか高そうな雰囲気だけど、実際はどうなんだろ?

Commented by shunkan [URL] | 01/20 23:28| edit

水上タクシーの中ってリムジンみたい♪

・・・あのスカンピのかたぁ~い殻をハサミもナイフも使わずに食べた???
刃物を使っても手に刺さって怪我しそうなのに・・・
何かコツでもあるのかなぁ???
(シザーハンズじゃないですよね^^;)

追伸 : 「仮装大賞」は三が日ではなく翌週くらいの日曜日にやってましたよ♪

Commented by Perla [URL] | 01/21 07:53| edit

>shunkanさん

両側にオネーちゃんがいたら、また通勤もさぞかし楽しいことだと想像いたします(笑)
ベネツィアのレストランの値段は確かに若干高いと思います。ま、陸路がないため、その輸送量に反映してきていると思いますが。。。
味はなかなか美味しかったですよ。



>perlaさん

スカンピのはさみはさすがに歯だけでは壊すことが不可能なので持って帰えりました。身は簡単剥けるのでぜんぜん問題ないです。
仮装大賞??欽ちゃんですか? かくし芸ではないですよね?

Commented by サスライシェフ [URL] | 01/21 17:51| edit

秋からは僕らの職業は忙しく、久方ぶりにブログを拝見しましたが、ご帰国なさるのですねー!
おいでになるうちにベルコーレに行きたかった!
前回のFirenze滞在の時はまだ存じ上げなかった。

日本ではふるさとで開店ですか?
なかなか伺うチャンスはないかなー?

いつかお店でお会いできると良いなー!
ご成功を祈ります。
ベルリンより。

Commented by Toru [URL] | 01/25 22:45| edit

Toruさん

コメントありがとうございます。
只今引越しの準備でダンボールと格闘している毎日です。
ベルリンはまだ行ったことないのです。
。。。というかドイツすらまだいってないです(涙)
いつもリフトハンザ乗換えでフランフルトの空港まではいくんですけど。。。(笑)
鹿児島でお待ちしておりますっ!!

Commented by sasuraichef [URL] | 01/26 04:10| edit

おーやはり鹿児島ですか!

まずは引っ越しご苦労様です。

4月には本州の端までは行く予定なのですが、、、
秋の日本ツアー、今回は北が多くて西は神戸どまりです
前々回は福岡があったのに!

しかし九州には魅力を感じています。
僕のブログ、非公開コメントが出来ますので
時間のある時にメールアドレスを書き込んでくださいませ。

もしベルリンに3月までにおいでになるなら
ドイツ飯の旨いの、ご案内しますけど
うーーん、イタリアのが僕は好きです。

Pienza、一昨年3泊したんですが
また車で走り回る時に、ベルコーレさんに寄るのも楽しみだったんですが、、、。

では!

Toruberlin

Commented by Toru [URL] | 01/26 04:20| edit

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。