サスライシェフ、イタリアを喰らう!!!

イタリアで料理人として働いた13年。。。新天地を故郷鹿児島に移し夢を現実とする為に奮闘する毎日を綴ったブログっ!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by sasuraichef | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

29 2010

「オランダを喰らうっ!!」~Freedom=Amsterdam、観光編~

2日目のオランダ旅行の記事をアップしたくても、24日からADSLの調子が悪くまったくPCが使えない状況になっておりまして、クリスマスという年間の中で最大の祭日を跨いだ為、修復も遅れまして今日になりました。。。コメントも返せず申し訳ございませんでした。旅から一週間経ってしまっていますがUPしていきます。


あ、その前に皆様メリークリスマスっ!!!(笑)


朝8時半起床。。。
前日の15時間に及ぶ旅路の疲れもとれ、早速アムステルダムの町へ。


     IMGP0749.jpg     IMGP0753.jpg


     IMGP0772.jpg     IMGP0770.jpg


一面銀世界のアムステルダムの町は凄く綺麗に見える。。。そんな景色をボーっと見ていると目の前を駆け抜けていく自転車っ!!

おいおい、地面は凍ってるぜ。。。(笑)

アムステルダムの町は車道と歩道の間に自転車道ってのがあり、そこは自転車だけが走れる場所になっているわけです。雪のため歩道も車道も区別があまり分からないので気を抜くと自転車で走っている人たちが突っ込んできたりします。
雪が積もり自転車道が凍っていても平気で走っているオランダ人。普段雪の無い時はかなりの人が自転車を運転しているのでしょうね。

そんなアムステルダムで見かけた変な自転車達。。。


     IMGP0778.jpg     IMGP0777.jpg


これらって結構な値がするんですよ。 普通の自転車でも300ユーロ(4万円弱)以上、前輪とのサドルの間にかご(箱)があるものなどは1500ユーロ(約17万円)もするんですよ(驚)

でもこれらの自転車、ぜひ日本に持って行きたいアイテムの1つに思えました(笑)


朝食をとる為に入った店でカプチーノとクロワッサンを注文。 外の寒さはもちろん、中に入ってもコートを脱げませんでしたが、なぜがTシャツ姿の店員さん達(笑)


     IMG_0238.jpg     IMG_0237.jpg


見ているだけでも寒いのに、やっぱり人種が違うと基礎体温も違うのかな~(これホントの話)と思っていたら、会計している店員さん。。。ブルブルってしてました(爆)
寒いのなら着ればいいのに。。。^^

朝食をとった後はオランダが誇る天才画家の一人、ゴッホの作品のあるゴッホ美術館へ行ってきました。


     IMG_0242.jpg     ゴッホ


自ら命を絶ち37歳という短い生涯でありながら、さらに10年という短さの画家として活動した期間。。。
最後の数年で描きあげた作品は「炎の画家」という異名が語るように作品数はもちろん、うねるような線の流れと力強いインパクトのある作風は、彼の中にある燃えるような感情を感じることができました。


ゴッホ美術館を楽しんだ後はアルベルト・カイブ通りにある市を見学。約2KMに及ぶ通りに両脇にテント張りの出店が並ぶ。 衣料品・雑貨・食料品などなどを覗きながら散策。
あまりの寒さの為帽子を購入っ!!  ほんと耳がちぎれそうな寒さだったので我慢できませんでした。


     IMG_0265.jpg     IMG_0258.jpg



その後昼食を取りにお店を探したのですが。。。
オランダ語のメニューも分からないし味もどうかも想像もつかないので、とりあえず人が入っているところは間違いないという考えからお店を探すもそんなお店はどこにもなく。。。(笑)
オランダ人って昼飯はゆっくりととらず、簡単にパンとかサンドイッチ、ポテトフライ、コロッケなどで終わらせてしまうので昼間は閉まっていたり、開いていても観光客がほとんどだったり。。。
迷いながらも見つけた1つの店。中を覗くも1組のカップルしかいない。。。(笑)半信半疑で入ってみたけれどガラガラ過ぎるので落ち着つかず。。。ただメニューの中から必死にオランダ風スープとオニオンスープ、コロッケを注文。


     IMGP0787.jpg     IMG_0272.jpg


素朴ではあるがオランダ風スープが非常にトスカーナのスープに味付けが似ていてちょっと感動。オランダ産のハムが刻んで入っているけれど基本的な味は同じでした。
極寒の中で冷え切った体に沁み込む暖かいオランダのスープ。。。そしてコロッケ。
実はコロッケはオランダではとてもポピュラーな食べ物になっていて、街角にはコロッケの自動販売機があるほど。。。(ジュースの自動販売機なんかないのに) いつでもどこでも温かいコロッケを食べられるシステムになっているわけです。実際あちこちで手にコロッケ持って食べながら歩いている人見ましたから。

そしてコーヒーも飲まずに店をでて向かった場所は。。。



           「ハイネケンビール博物館」


     IMG_0279.jpg     IMGP0784.jpg


現在世界第三位のシェアを誇るハイネケンビール。緑のボトルに赤い星印の入っているラベルは皆さんもどこかで一度は見たことはあるはず。
昔の工場後が博物館となっているここは、ハイネケンビールの歴史や製造過程などを学ぶことができるほか、体験型のアトラクションもあり、最後には2杯分の生ビールも飲めてしまえて入場料15ユーロというお値段。

さて入場し、まずは歴史を学びます。
その後は作り方の過程を学びます。水と大麦とホップと酵母。これらの厳選された素材が混ざり合いゆっくりと時間をかけ黄金色のビールとなっていく様子は、普段普通に何気なく飲んでいるアルコールではあるけれど、改めてその誕生するまでの奇跡的は自然の力の凄さに驚かされるのでした。


     IMGP0806.jpg     IMGP0812.jpg


 途中、麦芽汁というホップを加える前の液体を試飲できたのですが、日本の甘酒を思い出させる感じで甘く、この後の過程でどうしてキレた味わいのビールになっていくのかちょっと不思議でしたね(笑)


工程を見た最後は体験型アトラクション。目の前に現れる画像とともに、自分の立っている場所が揺れたり風が吹いてきたり、水が飛んできたり。。。 ここはディズニーランドか?って感じでした(笑)

その後は作りたてのビールを金髪のハイネケンガールがグラス一杯サービスし、ビールの正しい楽しみ方を伝授してくれます。


     IMGP0819.jpg     IMGP0829.jpg


     IMG_0294.jpg     IMG_0303.jpg



「ぷふぁ~この一杯の為に生きてんな~(笑)」



ってグラスを空ける僕。
相方は半分程度。。。

もともとアルコールには強くない僕ら。。。


出口前にあるカウンター(パブ)ではみんなが無料の2杯分のビールを飲んでいるなか、僕はらはすでに酔いがまわってきていたのと、これ以上飲むと顔真っ赤なまままだ明るいアムステルダムの町を歩かないといけないので、




「ペプシコーラください(笑)」



火照った顔の熱気が下がっていくような感じでした(爆)
それならビール博物館じゃなくて、ペプシコーラ博物館へ行けよっ!!って自分で突っ込みいれたくなっちゃいますが。。。(爆)
ビールの他にもソフトドリンクはありますので、僕らのような方はそちらでもどうぞ。。。

結局2杯分のうちの一杯しか飲んでいないので(しかもペプシ)、もう一杯分飲める引換券があります。
僕と相方の分で2杯分。。。

スポンジシェフっ!! ぜひアムステルダムに来た時にはハイネケン博物館へ。。。

15ユーロの入場券(2杯無料)とぼくらの余った2杯分の引換券で、4杯無料で飲めますぜっ!!(爆)


その後は一度ホテルに戻り昼寝してから「夜のアムステルダム(大人のアムステルダム)」を楽しむ為、いや、社会見学の為「飾り窓」地区へ出て行くのでありました。。。(18禁・笑)


次回は「大人のアムステルダム編」(笑)、お送りいたします。
お楽しみに~。。。



スポンサーサイト

Posted by sasuraichef | 11:30 | Comment [6] | TrackBack [0] | サスライ・股旅・一人旅・・・のち時々二人旅

«prev | home | next»

次回の日記が楽しみです。
大阪西成にも似たようなのがあります。

先程今年最後の営業が終わりました。
よい年末年始を!

Commented by (mstk)a.it [URL] | 12/29 22:29| edit

(mstk)a.it さん

次回の日記をお楽しみに~と言いながらもすでに明後日は大晦日。。。
ADSLの不調がここまで押してしまいました(涙)
年内までにUPできるかどうか???
最後の営業お疲れ様でした。よいお年を~♪

Commented by sasuraichef [URL] | 12/30 10:05| edit

PC修復出来て良かったですね♪
綺麗な街なんですね~!
やっぱり雪が似合う街♪いいですねー。

コロッケの自販機???????
へーーーーーー! そんな自販機が存在するなんて(@_@;)
まあ日本にも缶入りのおぜんざいが自販機から出たりするのも
あったりするし、高速道路のサービスエリアでは たこ焼きの
自販機もあるから ある意味あり得るといえばあり得るのかな。。。
普通の生活圏内にあるのが面白いけど(^^)

ビール工場はこっちにも色々とありますよ。
キリンだったりアサヒだったり。。。きりんは閉鎖されたかな。
ウイスキーの山崎の見学ツアーがあったり。。。
コカコーラの工場見学も♪  最近は不景気でそんなに派手な
イベントは少なくなりましたけどねー。

今はおせちの準備で砂糖を大量に消費するので、
ビール、いいですねー♪飲みたくなりました(*^_^*)
でも、家では私、あんまり飲みません。
後片付けもしなくちゃいけないし。。。(>_<)
昨日は久々イタリアンランチで昼ワイン♪
でも買出しも残ってたしグラス一杯だけの白ワイン。
美味しかったです。

あー「大人のアムステルダム編」・・・私には未知の世界(*^_^*)
足を踏み入れちゃいますぅ(笑)
イロイロ続編・・・楽しみにしてまーす。



Commented by may [URL] | 12/30 10:27| edit

mayさん

確かに高速のパーキングにはあったりましますね。
ま、日本にはコンビ二という24時間開いてる店がありますから、街中には自動販売機はいらないのだと思います。イタリアではコンビ二はやはり深夜の時間帯が危険という理由で開けないわけですし、自動販売機も自動販売機ごと持っていかれるのは目に見えてますので設置しないのでしょうね(笑)

日本のビール工場、高校生の修学旅行で沖縄に行った時にオリオンビール工場見学に行きました。
なんで高校生なのにビール工場だったのかは今でも疑問に思いますが(笑)
お土産は中身の入ってないオリオンビール缶だった記憶があります。。。

おせち~♪ 食べたい~♪13年食べてないので~♪ 再来年は食べれる~♪

大人のアムステルダム編。。。貴方の知らない世界へ導きま~す(笑)

Commented by sasuraichef [URL] | 12/30 18:38| edit

Hi!
とうとう最後の年になりましたね。

旅を満喫しているのが充分伝わってきます。
ゴッホの短い人生を垣間見ることができたでしょうね。ゴーギャンにふられた?り精神的にとても弱い人だったのでしょうね。後半の力強い筆さばき?には感動するでしょう。

先日ブリジストン最後のF1レースをささえた部長10年間のTV番組を見ながら涙しました。再会を約束しながらのお別れ・・・日本の企業は再生できるのかしら?

年末年始は大荒れの日本列島、来年はどのような年になるのでしょう?

良いお年をお迎え下さいね。

Commented by kei-matsu [URL] | 12/30 19:32| edit

kei-matsuさん

どんどん作風が変っていく作品を実際見ていると、なんだかゴッホの精神の内側を垣間見たような気分になってきます。

ブリジストンの部長の10年間のドキュメント番組ぜひ見たかったです。
明らかにミシュランとのタイヤの特性が違った作りで、横Gへのミシュラン、加速・ブレーキングのブリジストンとタイヤ戦争は本当に見ていておもしろかったですけどね。
来年からはイタリアのピレリタイヤ。80~90年代前半まで参戦していましたけど、当時はグッドイヤーに比べると傷みが早かったり、ささくれ立ったりしてましてあまりいい印象はもってないんですよ僕は。。。(笑)
ま、技術も進歩しているし、この時期のタイヤテストでは問題ないみたいなので来シーズンも楽しみですね。

よいお年をお迎えください。
来年もよろしくお願いいたします。

Commented by sasuraichef [URL] | 12/31 08:51| edit

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。