サスライシェフ、イタリアを喰らう!!!

イタリアで料理人として働いた13年。。。新天地を故郷鹿児島に移し夢を現実とする為に奮闘する毎日を綴ったブログっ!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by sasuraichef | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

08 2010

ルネッサンスにひたる時間

超地域限定ですが(爆)鹿児島の皆さんへ、ルネッサンスのフィレンツェ宮廷の雰囲気を味わえるひと時をご紹介したいと思います。


「佐藤豊彦リュートリサイタル」鹿児島公演」
開催日:11月20日(土曜日)
場 所:鹿児島カテドラル・ザビエル記念聖堂
開 場:16時30分
開 演:17時00分
入場料:一般・前売券3000円、当日券3500円、学生2000円
後援:㈶海音寺潮五郎記念館 南日本新聞社 MBC南日本放送

南日本放送の「みんなの告知板」にパンフレットが掲載されています。


なんでルネッサンスのフィレンツェかというと、この楽器「リュート」が中世からバロック期にかけてヨーロッパで用いられたからなんです。そしてルネッサンス期に改良され、フィレンツェの貴族のサロンでも演奏されていたわけなのです。形は日本の琵琶に似ていますよね。元来はアラビア起源の楽器が中世にヨーロッパに伝来し独自に発達し、リュートの原型となったと考えられている。 よく似た外見で現代もアラビア文化圏で用いられている楽器であるウード (oud) と同じ起源をもつとされ、また日本や中国の琵琶とも祖先を同じくするらしいとWikipediaに書いてありました。もっと詳しいことはここに相方がアップしてあります。歴史的にも日本とかかわりのある楽器なんですね。知らんかった。。。

鹿児島にも同じような形の薩摩琵琶がありますからね。こういうもののコラボレーションもあったらいいのに、などと伯爵の影響ですぐに対決に結び付けてしまうな。。。(爆)


どんな音がするのかとても楽しみです。お聴きに行かれた方、ぜひコメントお願いします。


スポンサーサイト

Posted by sasuraichef | 20:37 | Comment [0] | TrackBack [0] | 未分類

«prev | home | next»

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。