サスライシェフ、イタリアを喰らう!!!

イタリアで料理人として働いた13年。。。新天地を故郷鹿児島に移し夢を現実とする為に奮闘する毎日を綴ったブログっ!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by sasuraichef | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

03 2010

秋を楽しむサスライまた旅  (モンテリッジョーニ編)

近年「癒し」って言葉が流行っているけど、行ったことのない町を探索し、自然の中で大きく深呼吸しながら秋の紅葉を楽しみ、その土地の料理を食べる。。。そんな日帰りでも行ける小さな旅が僕にとっては「癒し」の1つ。


昨日の休日はフィレンツェからシエナへ行く途中にある「モンテリッジョーニ」という町へ。
シエナから10kmほどの場所に位置する「王冠」の形をした小さな要塞町。


モンテリッジョーニ


シエナ方面に向かう途中でいつも見ていた「王冠」は常に気になっていたのでいつか一度は行ってみたいと思っていたわけだけど、昼からの日帰りで行ける距離だったのと、天気が予想以上によくなってきたのでドライブがてらに行ってきたのです。

     IMGP0481.jpg     IMG_0524.jpg


町の外の駐車場に車を停め歩いて城壁を潜る。
正面から入るとすぐに町の中心の広場が見える。その先正面には反対側の出口も見える(笑)
直径が172メートルというぐらいだから当然も当然なのだが。。。

この小さな町歴史は凄く古くて、1214年から6年の年月をかけて作り上げたシエナ領土の要塞。
当時シエナとフィレンツェは度々戦争を繰り返していたわけで、そのシエナ側の砦として作られたのである。

確かに小高い丘の上にあるこの町は、さらに城壁に上ると360度完全に見渡せることができるため、当時は重要な要塞だったことがうかがえる。

今ではローマ広場を中心に数件のレストランとBAR、お店があるだけですごく静か。。。
広場のベンチでは歳をとられた方たちがゆっくりと日光浴とお喋りを楽しんでいる。

    IMG_0575.jpg     IMGP0518.jpg


まずは腹ごしらえにレストランに入る。

入り口にはざるにのったポルチーニ茸がかざってある。
見せの一番奥はちょっとしたテラス席になっており、すでにけっこうな数のお客さんがおりました。

     IMGP0494.jpg     IMG_0538.jpg


メニューもクラシックなトスカーナ料理で、ブルスケッタの盛り合わせと、ここは迷わずパッパルデッレの猪ソース。そしてお店の狙いに見事にはまったかのように「本日の料理・ポルチーニ茸のグリル」(笑)


     IMG_0534.jpg     IMG_0540.jpg



当然グラスの赤ワインもはずせませんっ!!(爆)
グラスに注がれたワインはここの近郊でも有名なキャンティ・クラッシコ。

パッパルデッレの猪ソースなんかとは絶妙な相性でありますっ!!
別になにも難しく考えることはありません。 その土地で生まれてきた料理には、その土地で作られたワインが間違いなく合います。


     IMG_0539.jpg     IMG_0543.jpg


猪ソースもいろいろ食べてきましたし自分でも作りますが、ここのソースはほんと美味しかった。
当然ポルチーニ茸のグリルも塩とオリーブオイルだけで食べるのはまた格別っ!!


     IMGP0490.jpg     IMGP0491.jpg


おさえのデザートもかかせません。リンゴのトルティーノとバニラアイス。。。



「ボカ~幸せだな~」(笑)



。。。と、雄三さんばりのセリフでてしまいますが、旅先で何が楽しいってまず食べることですからね(笑)


     IMG_0546.jpg     IMG_0549.jpg



その後は街中を散歩。
お世辞にも大きいとはいえない町なので、一周するのがめちゃくちゃ早い(爆)


     IMGP0510.jpg     IMGP0514.jpg


途中黄色や赤く染まったツタの葉がきれいだったので写真を撮っていたら、そこの近所に住んでいる80歳ぐらいのおばーさんがしゃべってきた。

どう見ても東洋人の顔の僕達であるわけだけど、イタリア語(相方のフォレンツェなまり)で喋り返すとすごく嬉しい表情になって、自分の家の庭にも通してくれた(笑)

庭には畳2枚くらいの大きさの菜園があったわけだけど、このおばーちゃん、野菜の作り方しらんのよ~。セロリも種を撒いたけどでなくて、鉢で買ってきて植えた~なんて言っておりました(笑)
種、いつまいていいのかもわからんし~とか。。。(爆)

そんな旅先での出会いにはすごく嬉しくなります。


     IMGP0526.jpg     IMGP0538.jpg


     IMG_0599.jpg     IMG_0605.jpg





旅には出会いがあります。旅には新しい発見があります。旅には感動があります。


旅には「癒し」があります。


みなさんもぜひ「癒しの旅」を楽しんでくださいね。







今日のおまけ。。。出発前のフィレンツェ・ミケランジェロ広場にて(笑)


IMG_0521.jpg

スポンサーサイト

Posted by sasuraichef | 13:00 | Comment [7] | TrackBack [0] | サスライ・股旅・一人旅・・・のち時々二人旅

«prev | home | next»

こういう町があるんですね。
凄く素敵ですね。お歳を一緒に重ねて来られたお二人の
様子もこの町に溶け込んでいてなかなか日本では無い感じ。
憧れます。

パッパルデッレも美味しそー♪
現地でながく食べて来られた味を どう日本で表現して
いかれるのか・・・!
とても楽しみです。

ところで、京都とフィレンツェって姉妹都市でしたよね?
ご存知でしたか?
イタリア滞在中にアンバサダーとして招聘される事って
ありませんか????

そんな事でもあれば是非に~!
お待ちしています!

Commented by may [URL] | 11/03 23:42| edit

私も日本にいた時と違って、時間に余裕が出来るようになったので、
あちこちと旅に出ておりますが。
やはり楽しいですよね。
その土地のものを食べて飲んでって。
(もちろん観光も!)

しかし、サスライシェフの奥様、
どうしてこんなにほっそりしてらっしゃるのか不思議です。
いつもけっこうなカロリーのものをサスライシェフと一緒に召し上がってるように見えるのですが。

キレイな奥様と美味しい食べ物。
本当に幸せですよ、サスライシェフ!!

Commented by yu-ri [URL] | 11/04 00:34| edit

>mayさん

何気なくベンチに座って日向ぼっこしているお2人を見ていると、こちらも幸せになってきますよね。
 そうですね。ここで長年食べ続け、血となり肉となった(いや贅肉だな。。。)経験をどう生かしていくかが楽しみです。
私の地元も猪をはじめ鹿などの美味しいジビエ肉が獲れるので、うまく再現したいですね。
たしjかにフィレンツェと京都の文化交流はありますが、食の交流は少ないようです(涙)  交流があれば京都にいけるチャンスなんですけどね(笑)



>yu-riさん

旅の最高の楽しみは食べること。。。これに尽きます(笑)
当然そこでの出会いなどもすごく楽しいですけど。

今ですね、yu-riさんからのコメントを読んだ相方、早速体重計に乗りに行きましたが。。。。 服込みで57KGありました(笑)
じゃ服の重さで1KG引けばいいじゃんといいましたところ、たったいま夕食食べたので、さらに1KG引けと言っております(爆)

思った以上に重いみたいです。。。(本人が一番驚いていました。爆)



ちなみにサスライシェフ、イタリアに渡る直前は、なんと58KGでした。
バイクのレースしてたんで意識して落としてはいたのですけど、イタリアでの生活で「チンタセネーゼ」一頭分くらい増えてしましした。。。(涙)

イタリア料理はヘルシーではなかったのか!?(爆)


Commented by サスライシェフ [URL] | 11/04 08:53| edit

おお、モンテリッジョーニ。大好きな町です。
フィレンツェに住んでた頃、よくカメラとスケッチブックを持ってボーッとしたもんです。
周囲のブドウ畑に勝手に入り込んで、何かネタが無いかとウロウロしたっけなあ。

で、レストランですが、ずーっと時になってたんだけど入って事がなくてね。バスを使うしかないので、うっかりしてると乗り遅れそうでさ。一度、バスが来なかったのでコッレ・バル・デルサまで2時間ぐらいかけて歩いた事があったな。コッレからは何とかフィレンツェ行きの最終バスに乗れたけど、危なかった。
・・・まあ、飛行機に乗り遅れる事を考えれば、モンテリッジョーニごときでバスに乗り遅れても、どうって事はないんだけどさ。

帰りの時間を気にしなくてもいいから、そっちで車を持ってると良いですねえ。

で、奥様は幸せ太りでしょう。3月に会った時に思ったのですが・・・(以下、殴られそうなので自粛。)

Commented by 俊寛 [URL] | 11/04 21:47| edit

俊寛さん

確かに田舎のほうはバスの本数が少ないので、常に気をつけなければならないですよね。
僕も何度か夜、明かりのないバス停でバスをまってたら素通りされたことがあります(笑)
100メートルくらい先で停まったんですけど、多分乗車していた人が運転手に教えてくれたんでしょうね(爆)

ま。。。飛行機に乗り遅れた人あまりしらないですけど。。。^^

車はほんと便利です。特に田舎では必需品ですね。もう10年以上前の車ですけどまだまだ走ります。
頼りになりますよほんと。。。

奥様自体はあまり気にしてませんけど。。。(笑)

Commented by サスライシェフ [URL] | 11/04 22:25| edit

そうですか・・・・文化交流が食交流は無しですか。
寂しいですね。

あと今年も二カ月!
四か月のイタリア滞在日記、楽しみにしています。

Commented by may [URL] | 11/05 08:03| edit

mayさん

織物や陶器などの職人の方で文化交流としてこられている方は何度かお会いしました。
みんな日本の文化をうまくイタリア文化に混ぜ込んだ素晴らしい作品をつくられています。

京野菜など京都らしい野菜など、イタリアの国でもとりいれられそうですけどね。
食の文化交流。。。これ一番大事だぞっ!!  っと(笑)

Commented by サスライシェフ [URL] | 11/05 17:21| edit

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。