サスライシェフ、イタリアを喰らう!!!

イタリアで料理人として働いた13年。。。新天地を故郷鹿児島に移し夢を現実とする為に奮闘する毎日を綴ったブログっ!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by sasuraichef | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

19 2010

フィレンツェを喰らうっ!!

先日の休日はゆっくりとフィレンツェの町を探訪。。。

僕のフィレンツェ生活も一年半になろうとしているのだけど、だいたい家とレストランの行き来だけなので、中心街(チェントロ)まででることはなく



「僕は本当にフィレンツェにいるんだろうか。。。」



と時々思ったりするんです(笑)


ということで、観光客なみにでかいカメラもって中心街を歩いてきました(爆)
スペインで一眼レフを使うことに味をしめているサスライシェフ。。。


     IMG_9584.jpg     IMGP9953.jpg


     IMGP9961.jpg     IMGP9970.jpg



芸術の町、花の都フィレンツェはどこを切り取っても画になるわけで。。。

今回は色を抜いたフィレンツェをお楽しみください。


     IMG_9619.jpg     IMGP9990.jpg


     IMGP9977.jpg     IMGP9972.jpg


             町のあちこちに彫刻が。。。イタリアの一番好きなとこ


     IMGP0028.jpg     IMGP0065.jpg


     IMGP0073.jpg     IMG_9679.jpg


     IMG_9641.jpg     IMGP0076.jpg


ゆっくり歩きながら、じっくりと歴史ある町並みを見る。

時々立ち止まっては帰路につく人の群れの中に紛れ込み、夕暮れを眺める。

バイク、車で溢れる石畳の道。

街角に並ぶ石の彫刻、馬車の蹄の乾いた音、消えゆく教会の鐘の音。。。

都会の喧騒を感じる時


ここはフィレンツェであると自覚しました(笑)






スポンサーサイト

Posted by sasuraichef | 02:00 | Comment [4] | TrackBack [0] | サスライ・股旅・一人旅・・・のち時々二人旅

«prev | home | next»

20年前と全然変わってない景色。
僕にとっては嬉しいんですけど!
中身は変わりましたかねぇ。。。

以前は僕の第2の故郷と言ってた街です。
懐かしい昔の話。。

Commented by リーノ [URL] | 09/20 02:08| edit

リーノさん

何十年たっても基本的なとこは変わってないのではないでしょうか。。。
それがイタリアの長い歴史を作ってきたところですね。

ただ、昨年からドォーモの前は完全歩行者天国になっています。
排気ガスでドォーモのいたみが激しくなってきたみたいで、バスの乗り入れもできなくなりました。

あと駅前もここ1ヵ月くらいで大きく変わっています。
古い自転車小屋などがあったのですが、落書きやジプシーの寝床セットの置き場所になっていて綺麗じゃなかったんだけど、全部撤去してさっぱりしています。

久しぶりのフィレンツェも面白いかもしれませんね(笑)

Commented by サスライシェフ [URL] | 09/20 19:38| edit

私もチェントロの風景にたまにのんびりと目を向け、感動にひたることがたびたびあります。via Baracca とそれよりさらに西の工房との往復ですから・・・チェントロが遠いです(涙)

かぼちゃ、見に行くことができず、残念でしたがおめでとうございます!
yossyさんからもメッセージいただいていたのですが返事もできないままで・・・。失礼してしまいました。

Commented by mari [URL] | 09/21 21:54| edit

mariさん

ほんとにチェントロが遠い生活をしていると、自分がどこにいるのかわからなくなる(笑)
カボチャの彫刻は一週間ももたないのではかない命なのです。
ちなみにここ数日のレストランの突き出しはカボチャのスープです。
えっ!?ネーミング的には「アダムの創造スープ」とでもいいましょうか。。。(爆)

Commented by サスライシェフ [URL] | 09/22 02:05| edit

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。