サスライシェフ、イタリアを喰らう!!!

イタリアで料理人として働いた13年。。。新天地を故郷鹿児島に移し夢を現実とする為に奮闘する毎日を綴ったブログっ!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by sasuraichef | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

01 2010

スペインに喰われるっ!!死兆星を見たグラナダ編(涙)

人生楽ありゃ苦もあるさ。。。ただ、こんな時に。。。(笑)


人生最大の「危機」に直面し、全神経をオシリに集中することだけが、最後の防波堤を守る残された手段。。。(笑)

そんな状況で、よくバルセロナからグラナダまでの1時間半ほどのフライトとバス移動ができたと思うのだが、本当のところグラナダのホテルまでの記憶はほとんどない。。。(爆)


それぐらいハイレベルな集中力を維持していたわけで。。。(笑)


グラナダのホテルについたら目的地に到着した達成感か、少し気分がよくなった感じだったのでホテルに荷物だけ置きグラナダの町を探索。。。いや徘徊って感じ(涙)

     IMG_8374.jpg     IMGP1325.jpg


飛行機移動の為(手荷物機内持ち込みのみ)、シャンプーや水などの液体物生活品を購入することが、まず目的地に着いてからの行動なので仕方がなかったのだが。。。

11時ぐらいにはホテルに戻り、午後3時のアンダルシア在住12年の鹿児島出身のフラメンコダンサーの知り合いとの約束の時間まで寝る。。。彼女は現在グラナダに5年ぐらい住んでいるそうですが、すでにプロのダンサーとして活躍している方。この9月からフラメンコ学校で子供向けのコースを受け持つそう。
フラメンコの本場で指導者として教えることは本当に凄い事だと思います。

僕ちゃん37才なんですが、今からは無理ですかね~(笑)


昼も食べずに午後3時まで寝ていたのだが、回復している感じはない。。。(汗)

知り合いとは待ち合わせ場所で会うことができました。まず薬局屋に付き添ってもらい薬を買い、その後お茶でもしょうと近くのアラブ系のお茶屋さんに行きお茶を飲むも。。。

     IMGP1340.jpg    IMGP1342.jpg


やはりここでもトイレに駆け込むことになり、トイレからもどってきた僕は「冷や汗」をかきはじめたので、友人の家へ行きベットへ直行。。。

ひたすら寝るのみ。。。

夕食時には「おかゆ」を頂いた。。。(涙)

胃袋にやさしく染み渡る日本の味。。。 体調の悪い時におかゆ。。。これ以上のありがたさはない。
 
             IMGP1355.jpg
              完全にスペインに喰われているサスライシェフ


それでもその後はひたすらベットとトイレを往復することになるのだが、体調が悪い時は考えられないほど寝ることができる。 僕は病気も怪我もしないぐらい健康だけがとりえで生きてきただけに、病気の時に気持ちを忘れていた。

旅先なのでちょっとぐらい無理してでも観光したいと思ったのだが、体は正直で確実に休息を求めていたのである。

そにままホテルにもどり寝る。。。寝る。。。寝る。。。。


ベットの上で過ごしたグラナダの一日目。。。一生忘れないでしょう(笑)




グラナダ2日目。。。

神は見捨ててはいなかった。。。

アルハンブラ宮殿の中にある「王宮」に朝9時に入る予約をしていた為に、絶対に8時には起きなくてはならなかった。

起きてみると少しは体調がいい感じ。
オシリに全神経を集中するまではない。。。ただ油断は禁物っ!!

出発前にホテルのトイレにあったロールペーパー1つをリックに押し込む(笑)
これさえあればなんとかなりそうな気分だったからだ。

8時半、ホテル前からアルハンブラ宮殿行きの小型バスに乗り込み、8時45分アルハンブラ宮殿入り口到着。
そこから王宮まで中にはを歩いていかなければならないが、ちょっと道を間違えてしまったり。。。(汗)

おかげで9時ジャストに入らないといけないだけに、ちょっと小走りになりました(笑)
まだお腹も張っている感じだし、昨日の今日というだけに火種が残っている状態なので、ちょっと走りが「内股ちっく」になってたかもしれません(爆)

     IMG_8499.jpg     IMG_8386.jpg
                   顔がまだ「病み上がり決死隊」(笑)

9時ジャストに広い庭園を抜けて王宮入り口に到着。
到着と同時に入ることができました。

     IMGP1387.jpg     IMGP1370.jpg


さてこのアルハンブラ宮殿長い歴史があるわけだが、簡単に説明すると「スペインにおけるイスラム教徒の最後の砦」とでもいいましょうか。。。イスラム教がキリスト教にのっとられる(いやキリスト教がもともとの土地を取り戻した)とでもいいましょうか、2つの宗教が深く交じり合った場所なのです。


中を見学すると、その当時のイスラム教の力の凄さを感じられます。

     IMGP1401.jpg     IMGP1403.jpg

建物内の壁・天井における装飾、そして砂漠の民による水の芸術。。。

     IMGP1368.jpg     IMGP1439.jpg

そして、宮殿から眺められる白壁の家が集るアルバイシン。

     IMG_8537.jpg     IMGP1425.jpg

もちろん中庭も素晴らしくどこをとっても絵になる宮殿であった。



お昼はホテルの近くのOLIVERというレストランに行き、そこにあった「野菜スープ」を注文。
昨日丸一日なにも食べていなかった胃袋に優しく染み渡るあっさりした温かい野菜スープは、僕の人生の中で間違いなく5本の指に入る美味さっ!!

って相方に言ったら、

「丸一日何にも食べてないんだから、何食べてもおいしいのよっ!!」

と言われ。。。(笑)

でも本当に体力が落ちている時には胃袋の温まるスープは最高の薬ですね。

     IMG_8555.jpg     IMGP1512.jpg


夕方からは昨日のおかゆを作っていただいた命の恩人の方とアルバイシン地区を散策。
真っ青な空、真っ白な壁の家、乾いた空気、どこまでも熱い太陽。。。

     IMG_8570.jpg     IMGP1550.jpg


     IMGP1488.jpg     IMGP1557.jpg


アルバイシンから望む夕焼けに染まるアルハンブラ宮殿は最高っ!!

     IMGP1562.jpg     IMGP1567.jpg


夜は昨日の茶喫茶でイスラム的クスクス料理を急いで食べて、そのまま「グラナダの熱きフラメンコ」を見に、フラメンコバーに入る。そこでは、先ほどまでお世話になったフラメンコダンサーのEさんのパートナー、クーちゃんの舞台があったからなのです。彼はフラメンコの「カント(唄)」のひと。物静かで口数の少ない彼を前の日見ていたので、てっきりギターの人かと思っていたら、情熱のほとばしる唄の人だったのです。。。


洞窟住居をおもわせる舞台。

     IMG_8621.jpg     IMG_8629.jpg


フラメンコギターと手拍子、そして魂の篭った唄にちょっと身震いっ!!物静かだった彼の体の奥底にある魂の叫びというか、なにかとても熱いエネルギーを感じながら、この土地で生まれ根付き育ってきたフラメンコを見ながらグラナダ最後の夜を楽しむのであった。





食欲も少しはでてきて、なんとか峠を越したようだ(汗)

次回はコルドバ経由で最終目的地マドリッドへの旅の巻!!









スポンサーサイト

Posted by sasuraichef | 00:59 | Comment [4] | TrackBack [0] | サスライ・股旅・一人旅・・・のち時々二人旅

«prev | home | next»

ご両人! 今は大丈夫かしら?

アルハンブラ宮殿も素晴らしい・・・ギターの名曲「アルハンブラの思いで」を一生懸命れんしたなぁ~

ガウディにも・・彼の作品が今でもコツコツと継続されて作られるのが凄いよね。もっと生きていて欲しかった。

あの5~6人分のフライを見たら・・・・結果(泣)
アップルパイは食べてみたくなりましたね。(笑)

旅中は心して体調を整えるべし?それが我慢できない私でもあるの。

毎日の旅日記楽しみにしてまーす。

Commented by kei-matsu [URL] | 09/01 10:13| edit

たった一日で痩せた感じですね。野菜スープを食べてる時の表情も、笑顔がこわばってる・・・。
旅先でピンチになった時に、現地在住の友達がいると助かるよねえ。友達の家のベッドで昼寝させてもらうなんて、どこかで聞いたような話だなあ。

あ、インド料理はですね、全ての料理に香辛料が使われてて、カレーに使うのと共通の物が多いので、何を食べてもカレー風味なんですな。美味しいけど体調が悪い時には食べれませんね。

一番上の右の写真って、どうやって撮ったの?モノクロに青が入ってて、格好良いな。加工したんだったら、どうやったんでしょうか?教えて。

Commented by shunkan [URL] | 09/01 11:03| edit

shunkanんさん

たしかに笑顔がひきつっていますね。
自然な笑顔の作り方を忘れてしまったようです(笑)

インドを旅する時は、携帯食を持参したほうがよさそうですね。もちろん絶体絶命の時に食べる分だけでいいと思いますが。。。
間違っても、レトルトカレーを持っていかないように!!(爆)

へへへっへー、
今回のネタの右上の写真もそうですが、前回のビールを飲むおっさんとピンクの花が咲いているピンチョ屋の写真も「色抜き」というモードで撮っています。
ペンタックスの一眼レフには「色抜き」というモードがついていて、白黒をベースに色抜きしたい色を指定。10色ぐらい細かい指定ができて、画面に入っているその色だけをカラーで、残りは白黒で撮ることができます。
ビールを飲んでいるおっさんの写真、なんかビールのコマーシャルっぽくていいでしょ?

Commented by sasuraichef [URL] | 09/01 20:09| edit

kei-matsuさん

おひさしぶりです。イタリアに戻ってきてパスタを食べたら完全復活いたしました(笑)
kei-matsuさん、もしかしてギターも弾かれるんですか??(驚っ)

アルハンブラ宮殿すごく綺麗でした。イタリアに住んでいるとカトリック教会しかないので、同じヨーロッパでありながらカトリックの国に根深く入り込んでいるイスラム教の歴史。
簡単な言葉では表せないものをすごく感じました。

さすがに大食いのkei-matusさんでもあのフライにはノックアウトですよ!!(笑)
アップルパイは美味しかったです。〆で必ず食べてみてください。

次回はコルドバ、最終目的地マドリッド!!お楽しみに!!

Commented by sasuraichef [URL] | 09/01 20:16| edit

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。