サスライシェフ、イタリアを喰らう!!!

イタリアで料理人として働いた13年。。。新天地を故郷鹿児島に移し夢を現実とする為に奮闘する毎日を綴ったブログっ!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by sasuraichef | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

28 2010

スペインに喰らわれたっ!!バルセロナ編

日曜日の夜、仕事と大掃除が終わった時はすでに0時を過ぎていた。
家に帰り、シャワーを浴び時計を見ると1時。。。
午前3時半のフィレンツェ駅前からピサ行きのバスに乗るには3時には起きないといけないので、2時間ほど仮眠をとベッドに。。。




「。。。。。。。。。」




「。。。。。。。。。」



「眠れねーーーーーっ!!」(笑)

旅前の緊張か興奮か結局一睡もできずに午前3時起床(笑)
着替えながらタクシー呼んで、3時半フィレンツェ駅に到着っ!!
結構な人がバスを待っていて、バスに乗り込むとほぼ満員。。。
まだ真っ暗な闇の中をピサに向けてバスは快調に飛ばすのでありました。

ピサ空港に着いたのは5時前。7時半のフライトまでは時間が十分にあったので朝食をとりゲートに向かいました。
ゲートにはまだ朝日も上がらない時間から沢山の旅人が。。。

今回も前回パリ旅行に引き続き「ライアンエアー」を利用。
相変わらず指定席のないこの飛行機は並んだ順に搭乗していくので、まだ搭乗時刻ではないのに列に並ばないといけない悲しさ。。。

でもライアンエアーの強み、定刻どおり出発するのであった(笑)



二時間弱のフライトの後、バルセロナ近郊の空港に到着。
スペインの土は赤いと聞いたことがあったのだけど、確かに着陸前に飛行機の窓から見えたスペインの大地、土の色はかった。飛行機を降りた瞬間、鼻腔を擽る「農耕」の香り。。。
ライアンエアーは格安料金にするため空港使用料金の安い、都市ではなくその近郊の空港を利用するため、けっこう田舎の空港だったりするわけです。だから空港のまわりは酪農農家などがあり、その香りが飛行場にも漂ってくるわけなんですね。

すぐにバルセロナ中心行きのバスに乗り1時間ほど揺られる。
近代的な建物並びながらも、その中にニョッキリと天を目指すように飛び出ているサクラダ・ファミリアの塔。
バルセロナに着いたとあらためて思ったのである。


バスターミナルから地下鉄で移動。3泊する予定のホテルに向かう。
建築家で世界的にも有名なガウディの作った「カサ・バトリョ」の目と鼻の先のホテル。

まだ午前中だったので荷物だけ置きに行ったのだが。。。

ここのホテル3泊予定だったのにもかかわらず、予約の時点のちょっとしたやり取りでちょっと変更があったらしく、一泊目は近くの別のホテルへ行ってくれと言われ。。。そして2・3泊はここのホテルってことになってしまい、重い荷物を抱え歩いて別のホテルへ移動。。。(笑)
荷物を置き、その日(1日目)は徹夜での移動ということもあり、特にスケジュールも組んでいなかったのでホテルの近郊を探索。

     IMGP0568.jpg     IMGP0599.jpg

まずは町の中心にある市場見学。月曜日だということで魚市場はほとんど閉まっていたけど、野菜・果物、肉類などは沢山の種類の食材を見ることができた。
スペインの市場とイタリアの市場の違うところは「ディスプレイ」の仕方の違い。

     IMG_7819.jpg     IMGP0580.jpg


     IMGP0594.jpg     IMGP0582.jpg


イタリアの市場は果物も野菜もただ山積みにしてあるのだが、スペインは綺麗に並んでいるのである。
オレンジや桃など綺麗なピラミッド型になっているのはイタリアでは考えられずちょっと驚いたが、さくらんぼまで綺麗に並んでピラミッド型になっているのには言葉を失った(笑)

同じラテン民族でここまで違うかっ!?

そんな感想を感じる今回の旅となった。

海まで続く大通り「ランブラス通り」を歩き、大道芸達の洗練された?芸を見ながら港まで歩く(笑)
潮の香りを楽しみにながらもちょっと蒸し暑さを感じるバルセロナ。

     IMG_7838.jpg     IMGP0634.jpg


小腹もすいてきたのでロス・カラコレス(カタツムリ)という名前のついた老舗のレストランへ。
12時45分ごろ着いたので入ろうとしたら、13時からだと。。。

ここでちょっとスペインの噂には聞いていた食事の時間の遅さに驚く。

     IMGP0639.jpg     IMGP0645.jpg


ちょっと近くを散歩して13時ジャストに店に入るが、もう一組一緒に入ってきたのは日本人。。。(笑)

確かに日本人にしてみたらレストランが13時にならないと開かないというのは考えられないから、スペインでの開店時間と同時に入るのは日本人かもしれないですね(笑)

ロス・カラコレスの店は面白くて入り口から客席につくまでにキッチンの中を通るんです(笑)


しかもそのキッチン、今どき見ない電気でもないガスでもない、薪を燃やすいわゆる昔のコンロで、時々コックさんが石炭みたいなのを窯に入れると火柱が上がったりと面白い。

デジタル化が進んでいる現代のレストランのキッチンに、今なお「どアナログ」で勝負しているお店(笑)


僕は好きですっ!!(爆)


さっそくキッチンに張り付くようにキッチンに一番近い席をゲット。(ま、一番乗りですから。。。)

     IMGP0646.jpg     IMGP0671.jpg


     IMG_7895.jpg     IMG_7886.jpg


4~5人のコックさんからの視線を感じながらメニューを見ると。。。

ありました!!エスカルゴ!!

そりゃ店の名前になっているわけですし、店の中にもあちこちにカタツムリの置物があるわけですから、頼まないわけにはいかない!! いや、これは店からの無言の訴えかっ!!(笑)

ということで前菜にエスカルゴの煮込みとガスパッチョ、そしてスペインといえばパエリアということで、2人前からの魚介たっぷりのパエリアを注文。

エスカルゴの煮込みは香味野菜はもちろん、肉の出し汁の中で一緒に煮ている感じで特別な臭みはなく濃厚な味付け。小型のエスカルゴを爪楊枝でさして2~3個食べては、パンの切れ端を出し汁につけて食べるともう。。。


「♪セニョリ~~~タ・エスカルゴ♪」



って感じっ!!(笑)
 ガスパッチョは自分でもよく作ってはいるけど、本場モノのガスパッチョは食べたこと無かったのでちょっと興味津々。サラサラとして上にのっている野菜やゆで卵も具沢山だったし、味も同じような感じだったので安心しました。^^

続きましてはパエリア。
エスカルゴに続きここの店の看板料理でもあります!!
沢山の魚介類と鶏肉などがまざりあいまして、これまた濃厚な味付け。
若干濃厚すぎる感じもしましたが、スペインで初めて食べたパエリアには感動っ!!

デザートにはこれまた王道のクレーマ・カタラーニャ。
柔らかく仕上がったクレーマとカリカリのキャラメルゼした表面はマッチングも最高。

15時前、コーヒーを飲んで出て行こうとする時、ようやく店は満席って感じ。。(笑)
15時がお昼のピークって感じなんですね。

そして一度ホテルに帰り2時間ほどの昼寝。。。zzzz

夕方散歩して20時半に近くのセルベセリア・カタラナ(c/ Mallorca, 236 (Rambla Catalunya)に行ってみると
すでに満席&待っている人で店前もいっぱい。

予約できるかと思って聞いてみると40分待ちと。。。

せっかく来たのだからと近くで時間を潰し、21時過ぎ店に戻ると丁度僕らの順番が回ってきたのでありました。

すし屋のようなカウンター席に並ぶネタケースには色鮮やかに沢山の種類のタパスや魚介が並び、カウンターに座ると直接ネタを見て注文できるのだけど、僕らはテーブル席に案内されました。

     IMGP0722.jpg     IMGP0719.jpg


     IMG_7923.jpg     IMG_7931.jpg


とりあえずビール。。。(笑)
そして何種類かタパスを注文。
もちろんイベリコ豚の生ハムははずせません!!(笑)

個人的に気に入ったのは「緑唐辛子のフライ」
しし唐のような感じで時折口中に広がるピリ辛さ!! ビールに最高っ!!(笑)

完食し、11時ごろ店をでようとすると2時間前の倍ほどのお客さんが入り口で席順を待っている。。。

イタリアではありえん食事の遅さ。。。(驚っ!!)


そんな感じで「タパスな夜」を楽しんだのでありました。


さすがに徹夜明けでの移動、昼寝したとはいえ完全に睡眠が不足していたようで、ベットに入るとそのままバタンキューでした(笑)



スポンサーサイト

Posted by sasuraichef | 14:32 | Comment [2] | TrackBack [0] | サスライ・股旅・一人旅・・・のち時々二人旅

«prev | home | next»

お帰りなさーい! 楽しそうな日記を拝見させていただきました。
すごい食事の量でびっくりなスペインです。
パエリア食べたくなりました。

Commented by Lea [URL] | 08/31 04:28| edit

Leaさん

ただいまです。
今日でスペインから戻ってきて1週間が経つわけですが、かなり遠い昔の思い出のような感覚です。
今夜のフィレンツェは寒かった。。。一週間前の灼熱地獄がウソのようです(笑)

ぜひスペインに行く時は胃袋を鍛えてから行ってくださいね(笑)

Commented by sasuraichef [URL] | 08/31 07:29| edit

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。