サスライシェフ、イタリアを喰らう!!!

イタリアで料理人として働いた13年。。。新天地を故郷鹿児島に移し夢を現実とする為に奮闘する毎日を綴ったブログっ!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by sasuraichef | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

25 2010

スペインを喰らうっ!!もといっ!「スペインに喰われたサスライシェフ」

いや~~、戻ってきましたフィレンツェのわが家へ。。。

一週間に及ぶスペイン、今日の朝までマドリッドにいた旅がウソだったかのように、現実に戻ってしまっています(笑)



出発前のブログで


「サスライシェフ、スペインを喰らうっ!!」


と、次回予告していたにもかかわらず、今回のスペインの旅では完全に


完全にスペインに喰らわれてしまいました(爆)


     IMG_7925.jpg     IMG_7930.jpg



まず暑さっ!!まずバルセロナに入ったのですが、夜はTシャツではちょっと肌寒く、真面目に長袖パーカー買いました(笑)
そんなんでちょっとスペインの暑さをナメテいたとこもあったのでしょう。。。
 その後の南部アンダルシア・コルドバでは日中なんと

 45℃!!!!!!!!!!!!!(汗)

まで上がりまして、もう喉がカラカラ。。。
常に日中の気温は40度を越えておりました。

日本からイタリアに来た時にはイタリアの夏は乾燥しているなと思いましたが、スペインの夏の乾燥はその比ではありませんでした。
乾燥しすぎている為、汗もかきません(笑)
ペットボトルを必ず肌身離さず持っておかないと、簡単に脱水症状になってしまいます。
それぐらい暑い国でした。


そして食事の時間と量っ!!

     IMG_8501.jpg     IMG_8276.jpg


日本の食事の時間よりイタリアは約2時間ほど遅いです。例えば日本は正午を迎えるころレストランは活気に満ちてきますが、イタリアは2時ごろが同じような感じ。。。
イタリアに来た頃はこの時間の差に驚いていましたが、スペインはそんなに甘くはなかった。。。


スペインの昼は3時がピークです(笑)

そして夜は10時以降がピークです(爆)

日本より確実に3時間は食事の時間が遅いわけですね。。。


あと普通の店も昼の1時半から6時までシェスタ(昼寝タイム)だったり。。。

たしかにあの暑さを体験したら、昼寝しないともたないことが分かりました。

ほぼ毎日、2時間の昼寝はかかせませんでしたし。。。(笑)


そして食事の量もイタリアより確実に多いっ!!

タパスやピンチョのようにケースの中に並んだ可愛らしく飾られた料理は、寿司ネタのように小さいながらも全て食べちゃいたい感覚に陥りペース配分を間違えやすく、普通の料理を頼んでも確実に多いっ!!
けっこう胃袋も大きい私なんですが、半人前が丁度いいくらいの量でした(笑)


オリーブオイル世界第一位の生産国らしく、イタリアよりも確実にオイルの使用量が多いのは確かです。
それを含めて揚げ物も多いですし、なぜかポテトフライとイカリングはどこのメニューにも置いてありました(笑)

さすがにイカリングがパンにサンドされていたものを見た時には、ちょっとスペイン人の感覚を疑ってしまいしたが。。。(爆)


僕は今回これらのスペインの魔力にはまり、かつてない人生初めて経験をさせられたのでありましたっ!!


     IMGP1928.jpg     IMGP2114.jpg


そこら辺のお話は次回。。。


まずは帰ってきた報告まででした。。。オレっ!!




次回「サスライシェフ、絶体絶命の危機っ!?」の巻

スポンサーサイト

Posted by sasuraichef | 01:20 | Comment [4] | TrackBack [0] | サスライ・股旅・一人旅・・・のち時々二人旅

«prev | home | next»

モデナにいらっしゃっていたんですね?
不在でおいしいお店を紹介できなくてゴメンなさい。
モデナと言ったら、とりあえずティジェッレ&ニョッコフリット。
次回一緒に行きましょう。

45℃ですかァーーー、辛すぎる。
涼しいドイツからイタリアに戻ったらやけに暑いので
(と言っても30℃になるかならないか、ですが)
冷房を稼動させているわがやは、地球にやさしくありません。
サスライシェフさんの食べっぷり、とってもいいですよ。

Commented by エミリア [URL] | 08/26 02:18| edit

エリミアさん

おひさしぶりです。お元気ですか?
そうなんです。ちょっと前にモデナまで行ったのでメッセージを書き残してしまいましたが、やはりバカンスだったのですね。ドイツはやはりイタリアより北にあるので涼しいのですね。
スペインの45℃なんですけど、湿度がイタリアよりないので、日陰に入ると涼しいのです。
ですから昨日今日と日本より湿度がないイタリアにいるはずなんですけど、日本の夏を思い出してしまうほど蒸し暑さを感じています。日本の夏をもう12年ほど経験していないのでちょっと忘れてしまっていますが、日本の蒸し暑さ、もっと凄いんだろうな~~。

食べっぷりと寝る早さは、よく褒められます(笑)

Commented by sasuraichef [URL] | 08/26 07:49| edit

良いじゃん、イカリングサンド。美味そうじゃん。結局食べなかったの?食べてみたいわあ。
冒頭の写真にやられました。
生ハム美味そう~。

寒暖の差が激しい土地なんですね。
自然の厳しさがあればこそ、そこで育まれ熟成された文化があるんでしょうね。
今後のレポートも楽しみにしてるよん。

Commented by 俊寛 [URL] | 08/26 16:40| edit

俊寛さん

振り向けばイカリング!!  
ってぐらいイカリングで溢れていました(笑)
ので、さすがにサンドにはチャレンジしませんでした。。。

そう、その土地その土地によってそれらの気候が生んだ文化ってのをよく感じました。ここまで乾燥している場所には行ったことありませんでしたから。。。
例えばアラブ・アフリカの人達が全身を覆うような服装をしていますが、暑い国なのによくあのような服を着ているなと思っていましたが、乾燥しているので汗をかかない(べとつかない)、日陰は涼しい(なら全身を日陰にしちゃえ)ということであのような服装になっているのだと思いました。
スペインは昼は暑くても夜は涼しい。。。確かに砂漠の気温は夜と昼とではえらい違いがあるわけですから「湿度がない」っていうのは想像以上に面白い体験でした。



Commented by sasuraichef [URL] | 08/26 18:54| edit

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。