サスライシェフ、イタリアを喰らう!!!

イタリアで料理人として働いた13年。。。新天地を故郷鹿児島に移し夢を現実とする為に奮闘する毎日を綴ったブログっ!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by sasuraichef | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

01 2010

モデナへの道 ~裸体編~

前回速報で記事をUPしたのですが、その前のゴーストライターの記事が止まっておりましたので、本人が続きをUPさせていただきます。
あのカボチャがどういう過程を経て、裸体になっていったかという皆さんから声もありまして。。。ハイ


ゴーストライターの記事では、僕がエロ本の切り抜きをじっくりと眺め、脳裏に焼きつかせているところまでがUPされていましたね。ま、あの作業は趣味をかねて作品をイメージしていく中で一番大事な部分ですからね。必要なわけです(笑)

続きからいきますと、軽くデザインした後、そのままいらない部分を彫っていく(削っていく)という「単純明快」な作業の繰り返しなのですが、人物像は360度どの角度から見ても、「人物」でなければならないのです。

     modena concorso_03     modena concorso_04

     modena concorso_05     modena concorso_06

 モデルは写真や映像よりも生身のほうがいいかもしれませんね。モデルになりたい方。。。募集しています(爆)

     modena concorso_08     modena concorso_07

     modena concorso_09     modena concorso_51

ちょっとでも足の長さ手の長さ、関節の曲がり方、体のくねり方、が間違っていればいつも常に僕らが見ている対象物なので、おかしさがでてきます。
そして、カボチャの自然の凹凸を利用し、かつ中心は穴があるわけですから、そこに達するギリギリのところで彫っていく難しさもあるわけです。

最終的に小さな凹凸を滑らかにする為に紙やすりでササッと削ります。ツヤのでた滑らかな「裸体」がスポットライトに照らされ浮き上がるわけです。

そしてコンクール当日、朝6時15分出発、7時40分モデナの会場へ到着
   
     modena concorso_10     modena concorso_11

     modena concorso_12     modena concorso_13

     modena concorso_14     modena concorso_15

早速自分の展示場所確保し裸体を組み立て上げる。 久しぶり会う参加者から声をかけられたり、なぜかヒソヒソ話をしていたり。。。(当然、下ネタなのだろう。。。笑)


花もちりばめまして、今回の作品、「パラダイス(楽園)」と命名っ!!


     modena concorso_16     modena concorso_17

     modena concorso_19     modena concorso_45

毎回、他の参加者がどんな作品をもってくるのか他の作品が気になったりするわけです。。。(笑) 

     modena concorso_24     modena concorso_18

     modena concorso_20     modena concorso_21


厳しい審査の目が光るのですが、僕の作品の前ではなぜか何度も評論されていました。。。

その訳が。。。。

途中で審査員やコンクール開催者から呼ばれ、こう言われました。

「君のこの裸体像は他に類を見ないほど素晴らしい!!確実にこの会場内ではトップだろう。。。ただ、まわりの野菜で作った花が彫刻等などを使っていてレベルが低い(カービングナイフでやらないと)。。。(笑)
だから今回の作品で君が正当な評価をうけなけければ、その減点部分でミスったと思う」

「例えばの話この裸体像といい、今彫っているドラゴンなどでの力では、君はセリエAでゲームする人間なんだよ、
なぜまわりの花がセリエCなのかわからない。。。(爆)」


ってま~、こんな評価を途中で受けていたので、自信持ってコンクールにきたのだけど、完全にだめだと思っていたわけです。

     modena concorso_22     modena concorso_36   

     modena concorso_25     modena concorso_27      

         スポンジ師匠の目も光ります。。。(笑)

     modena concorso_26     modena concorso_30

     modena concorso_38     modena concorso_39

     modena concorso_33     modena concorso_35

     modena concorso_34     modena concorso_32

5時間の作業時間が終わり、ホッとしているところ。。。

その後の表彰式までの審査や鑑賞時間の2時間が、僕ら参加者の中では「魔の2時間」といわれています。緊張がとけ、午後の暖かい日差し。。。

睡魔が突然襲ってくるのです。。。(笑)


      そして表彰式!!! 

すでに途中の審査内容が上記のような感じだったので、諦めていました。3位でも呼ばれず、2位も呼ばれず。。。
もう完全に諦めていたのですが。。。

「一位っ!!KEIICHIRO 作品「パラダイス」」


    modena concorso_31     modena concorso_40

     modena concorso_41     modena concorso_42

どうも本物の有名な彫刻家の方が審査員の中にいたようで、花などの植物がほとんどモデルになっているコンクールで、ただ一人、人物像しかも「裸体」を作ってきたというのが大きな評価をうけたようです。。。(笑)

     modena concorso_48     modena concorso_46

     modena concorso_44     modena concorso_43

     modena concorso_49     modena concorso_50

10日前に急遽決まった出場でしたが、最高の結果がだせました。でも、まだまだ花などの基本的な技術を学ばなければいけないという課題が残りました(笑)
後、現地で彫ったドラゴンも前回のリベンジだったのですが、自分の中ではまだまだ納得のいかないものです。。。
開始時間前まで、デザインがきまりませんでしたし。。。(爆)

次回は、作品全体がセリエAになり、しかも当日まで戦う力の残る精神面を鍛えなければと思った次第です。

早速ですが、コンクールを開催した主宰者のHPに今大会の写真もUPされています。

ここをクリック

一番なにもしていない者が、一番疲れているような写真もあります(笑)



とりあえず、お供の者。。助さん角さん、ご苦労であった。。。(爆)


追記)有名彫刻家の方はモデナ出身のERIO CARNEVALIというアーティストで、画家でもあり、彫刻そしてモザイクの作品も手がけるかたでした。どうもお供のモジャモジャはモザイクの話で彼ともりあがったそう。高速を降りて会場に行く途中のロータリーで見つけたベネチアングラスをつかった巨大な葡萄のモニュメントも彼の作品で、そのほかモデナの病院などにも作品の寄贈があるそう。。。しかもその作品はハリウッド俳優がコレクションをするほどだそうで!次はハリウッドでカボチャを彫る話とかこないか。。。(爆)





スポンサーサイト

Posted by sasuraichef | 21:47 | Comment [8] | TrackBack [0] | なんでも挑戦っ!!

«prev | home | next»

サスライシェフさん、こんにちは。1年以上も前からひっそりとブログを拝見していましたが(最近巡回不足でまさかモデナにいらっしゃっていたなんて知りませんでした、迂闊)、今回の優勝の記事が地元の新聞に掲載されているのを見つけて、「あーーー!」思わず叫んでしまいました。本当におめでとうございます。新聞の写真ではシェフの顔はバッチリでしたが、肝心の作品が…。こんなにセクスィーな裸体像だったのですね、うふふっ。

Commented by エミリア [URL] | 06/02 01:50| edit

CIAO!!!はじめまして、エミリアさん!
ブログひっそり拝見していただいてありがとうございます。モデナにお住まいなのですか?いまブログを拝見させていただきましたが、モデナで車&バイクの祭典なんていうのがあっていたのですね。。。ああ、残念。。。FERRARI見たかったっっっ!!!!!
新聞に記事が載っていたんですね。そういう話はあの会場で聞いていたんだけど、ほんとうに載ったんだ!!!エミリアさん、その新聞もっていらっしゃいますか?もし良かったら、コピーでもいいのでこちらに送っていただくわけにはいかないでしょうか?いちおう主催者にも聞いてみますが。。。よろしくお願いします。

Commented by sasuraichef [URL] | 06/02 03:35| edit

「感動した!!!!」
「胸にジーンときたよっ!」


by小泉元ソーリ

だったねー。(笑)
あたしは応援し疲れてちょっと寝ちゃったわけですよ。。。(爆)

Commented by yossy [URL] | 06/02 04:13| edit

YOSSYさん


「世界一位なんだよ。。。」(笑)


BY ごっつええかんじのコント「世界一位の男」より

Commented by サスライシェフ [URL] | 06/02 08:02| edit

Ciao!
ya~本当におめでとう!昨年が二位でしたから予定通りと言えるかな?
素晴らし人間の美を追求する思いに感動しました。
それにしても一位と言うのは簡単なことではないでしょう。それが実行できたサスライさん良かったです。傍のお疲れモードのYossyさんもうれしいでしたね。
上海万博多くの人に作品を見てもらえると良いですね。

私は今年も中国語の勉強申し込みを今日してきました(笑)

Commented by kei-matsu [URL] | 06/03 00:05| edit

kei-matsuさん

ありがとうございます。
夕食会の時のピエタよりシンプルな作品ではありますが、リアルをもっと追及して作り上げた最高の出来となりました。
人間の美、女性の美は美しい曲線からなりたっているものと思います。
9月のカボチャコンクールではもっと、リアルなものを作り上げる予定です。
お楽しみに!!
中国語勉強しているのですか?  これは驚きっ!!kei-matsuさんのパワーには頭が下がります。。。^^

Commented by サスライシェフ [URL] | 06/03 06:56| edit

ぬほっ!!!
(゚Å゚)ネーテールー!!!

さすが眠そうな目をしていたアンジェラ・モジャ子さんですね。
そして大会内容と全く関係ないその姿が
ちゃっかりHPに掲載されるという存在感に感服いたしました。



ともあれ1位本当におめでとうございます!
セリエAのくだりで、大会のレベルの高さを感じました。

中華料理でもこういう彫刻系よく出てくるんですが
イタリアでも有名なんですね~。
なんだかイタリア人が大根や人参を使っているのが
なんとなく見慣れない感じで新鮮です。>個人的に

引続きがんばってくださーい!

Commented by yukky [URL] | 06/04 21:12| edit

yukkyさん

アンジェラ・モジャ子さんは、どこの誰よりも疲れている様子でした。

大会内容と関係ないのですが、「起きている」活動中はけっこう、あちこちでしゃべりまくってましたので、主宰者の中にインパクトが残ったのだと思います(笑)

イタリアにも大根とか普通にありますから、彫刻用ではけっこう使います。

次回をお楽しみにっ!!!

Commented by サスライシェフ [URL] | 06/04 22:12| edit

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。