サスライシェフ、イタリアを喰らう!!!

イタリアで料理人として働いた13年。。。新天地を故郷鹿児島に移し夢を現実とする為に奮闘する毎日を綴ったブログっ!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by sasuraichef | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

07 2009

遠い空の向こうに。。。

日本から遠いところにいても、悲報というのは舞い込んでくるわけで。。。

昨日親戚のおば(以下いつものように親しみをこめておばちゃんと書きます)が亡くなられたことを知った。
最後に会ったのは前回帰国した約2年前。小さいころから実家の後ろに住んでいたばーちゃんから、よくお使いに行かされたものだった。おはぎやお餅など風呂敷に包まれたものをもって何度も行った記憶がある。ベルを鳴らし玄関に入ると奥からおばちゃんが現れ「よくきたね、牛乳飲んでいきなさい」って言われお邪魔していた。   今思えば「牛乳」ってのが時代を感じさせるわけだけど、僕の中ではしっかり記憶の中に残っている一言。。。
そんなおばちゃんにはイタリアに来てからも2年おきに帰国する時は、必ず会いに行っていた。
最近はいきなり遊びに行き、いつものようにベルを鳴らし玄関に立っていると、奥から出てきたおばちゃんは幽霊でもみているような顔で驚き、そして「圭一朗だよ」って言うと涙流して喜んでくれ抱き合うのを僕も楽しみにしていた。
今年になって容態がよくないってことは耳にしていたのだが、後2ヶ月でまた会えると信じていただけに今回の悲報はつらいものがあった。

こんな場所にいるから最後の挨拶もできないのはとてもつらい。
イタリアに来てからの11年で何度かこういうことに遭遇した。いつでも悲しいし、でも最後の挨拶ができないというのは本当につらい。

 人間生をを受けたときから死に向かっている。それは誰にでも平等に訪れる。
現在地球上に生きる68億人の人間も、100年ちょっとも経てば存在しないのである。世代交代を繰り返し子孫が残り、またそこで時代は繁栄し続いているのだけど。
毎日毎日を喜怒哀楽にまみれながらも、その人生たるや約80年の寿命の長さなんて、地球の寿命46億年の中ではほんとに一瞬の事。でもその一瞬の時に同じ時間を過ごし、出会える人達というのは本当に奇跡なのである。


昨日、夕方いつものように夕焼けの空を見上げた。
どこまで続く空。まだまぶしい夕焼けの太陽の反対側は徐々に闇に包まれてる。

あの空の向こうにおばちゃんはいる。
直接挨拶できないけど、おばちゃんに想いは届くかな。。。




スポンサーサイト

Posted by sasuraichef | 16:46 | Comment [9] | TrackBack [0] | イタリアから物申すっ!!

«prev | home | next»

さすらいシェフュさん、はじめまして!
ちょっと前にBlogを初めて拝見して何度か読ませていただいておりました。自転車娘さんにはコメントに書きましたがこの夏にもFirenzeに居りましたのに、悲しいかなお店のことを存じ上げませんでした。来年、またトスカーナ行きが実現しましたらおじゃまします。

もうすぐ逢える予定だったのに、というのはお察しいたします。
私もべルリン生活が30年目に入り、最後のお別れができないことは多々ありました。
死に目に会えない、というのが親不孝の代名詞のように言われていますが,私は最後のお別れを重視して騒ぐのは,いや,書き方が悪いですが,万難排して死に目に会う為に,葬式に出る為に帰国するというのを耳にすることがあるんですが,刹那的かもしれませんが,別れはいつか来るし、来ることは避けられない。最後のお別れよりも,生きていて元気な時の交流のがずっと大事だし,意味があり楽しいと思います。
ご帰国の際に,急に尋ねていって抱き合った!、よかったですね。
私も昨年94で他界した大叔母,その前の帰国の時に尋ねて,楽しい時を過ごすことができて良かったと思います。
初コメントで長くなってしまいました。
Toru@berlin

Commented by べルリンでさーてなにを食おうかな? [URL] | 11/08 05:53| edit

こんばんは。
日本に居る沢山の親類、友人の顔が頭に浮かびました。

サスライ氏の想いは届いてると思います。


                           合掌

Commented by (mstk)a³ [URL] | 11/08 08:41| edit

こんばんは。
奇跡である出来事に感謝して、そして失礼がない様に生きていかなければと改めて思いました。


Commented by koudai [URL] | 11/08 09:20| edit

身近な人たちの死で、新たに生きている自分に感謝の気持ちと大切に生きようと再確認。
生まれたときから皆死に向かって歩いているということをつい忘れてしまいます。
きっとおばさまは、素敵な人生を送られたことでしょう!
だって、イタリアからおばさまに思いを寄せる人がいるのですから・・・。

Commented by chietti [URL] | 11/08 11:35| edit

>toruさん
 メッセージありがとうございました。
そうですよね。最後のお別れよりも、生きていて元気な時にいっしょの時間を楽しく過ごせたってのがいいことですものね。
おばちゃんはいつも涙流しながら会えることを喜んでいてくれましたから。
その時間が大切だったわけですね。
まさに一期一会。
いっしょに入れる時間をもっと大切にしたいと思います。

ブログのほう拝見しました。
ドイツに30年。。。。長い。。。。
ドイツの風景もまたイタリアと違って素晴らしい景色ですね。
いつか行ってみたいです。
これからもよろしくお願いします。


>(mstk)a³ さん
ありがとうございます。
ほんと、 長い人生のなかで出会える人たちは限られていると思います。多かれ少なかれ、自分の人生に何かしら影響を与えてくれる人たちに感謝しなければいけないですね。(mstk)a³ さんも大切なその中の一人ですよ。


>koudaiくん
地球の寿命46億年の長さからは、僕らの人生なんて瞬きの早さくらいじゃないかとおもうんですけど、その一瞬の時間に出会い、いっしょに過ごせて何かしら影響を与え合えるって奇跡だと思います。
奇跡に感謝っ!!


>chiettiさん
メッセージありがとうございます。
そうですよね。おばちゃんも喜んでくれてると思います。
帰国したら、すぐに会いに行こうと思います。
そしてみんなといれる時間を大切にしようと思います。

Commented by sasuraichef [URL] | 11/09 09:58| edit

ありがとうございます
不覚にも涙がでました
これからも宜しくお願いします

最近弱り気味です


Commented by (mstk)a³ [URL] | 11/09 12:34| edit

(mstk)a³さん

最近弱り気味ですか。。。ま、いろいろ事情は聞きましたから分かります。
ほら、誰かさんも歌ってましたね。♪人生楽ありゃ苦もあるさ~♪って(笑)
人生楽だけじゃない、苦があるからこそ楽を感じれるわけですよ。常に楽だけだったら、楽のありがたさが分かりませんからね。。。
早く打開策が見つかるといいですね。

Commented by sasuraichef [URL] | 11/09 18:56| edit

圭チンの優しい気持ち あったかい心 思いは届いていますよ!

Commented by SISTER [URL] | 11/11 21:45| edit

SISTERさん

この度は残念でしたね。後2ヶ月で僕も会えるのを楽しみにしていたのですが。。。
帰国した時は会いに行きます。SISTERも元気だして!!

Commented by sasuraichef [URL] | 11/12 08:44| edit

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。