サスライシェフ、イタリアを喰らう!!!

イタリアで料理人として働いた13年。。。新天地を故郷鹿児島に移し夢を現実とする為に奮闘する毎日を綴ったブログっ!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by sasuraichef | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

«prev | home | next»

02 2009

コラボ

度の年明けに一時帰国します私サスライシェフ。。。
今までは2年おきに2ヶ月ほどバカンスで帰国していたのでゆっくり過ごすことができたのですが、今年からは職場が変わって一ヶ月しかバカンスとれないので、忙しくなってしまいそうです。
東京でもいろいろ予定が入っているので実際鹿児島にいるのは20日間ほど。。。

その鹿児島滞在期間の中で、昨年イタリアはトスカーナ州にあるモンタルチーノという町のカンティーナで一緒にコラボした鹿児島市内にあるレストラン・CAINOYAのシェフ塩澤さんと、今回はCAINOYAさんにて一晩限りののディナーを開催予定。


                   IT010200810130748f2801038cf3HP.jpg
          昨年モンタルチーノのワイナリーVITANZAでのコラボディナーより


これから打ち合わせをはじめますが、僕は地元の食材を自分の目で見てみてから決めたいので帰国するまで料理決まりません。。。。あしからず(笑)
 昨年のコラボでは鹿児島で10年やってきた塩澤さんと、イタリアで10年やってきた自分という、同じ歳ではあるけれど、それまで培ってきた感性の違う者同士のコラボということで面白い作品ができました。
今年から10年働いたキュージのホテルからフィレンツェのレストランに移り、それまでは日本人のお客様のご来店も年間3~4組しかなかった環境から、フィレンツェでは毎日何組かは日本人のお客様がいらっしゃる環境で実際お客様の声を聞くことができ、自分の料理にたいしての新しい発見がありましたし刺激も受けています。
そして11年におよぶイタリアでの日常生活や仕事の中で感じたことも含めながらも、またこの一年で大きく自分の方向性が定まってきたと思っているところです。

自分の今の夢。。。
自分の料理が何年か。。何十年か。。。
「新しい郷土料理」になればと思っています(笑)
イタリアで生活しているにあたってイタリア人の中でのイタリア料理に対する見方そして感じ方、そして僕日本人から見るイタリア料理の見方感じ方などなど、ここ文面では書ききれないほどの事が僕の中で渦巻いていて、その答えが自分の生まれた土地、育った土地、いわゆる郷土の食材を使って料理をしたいってとこに行き着いた訳です。
長い年月をかけてでもいいので、自分の作る料理が地元に定着し、新しい郷土料理となればこれ以上に嬉しいことはありません。


というわけで、年明け一緒にコラボするレストランCAINOYA(塩澤シェフ)が「MBCどんかご」で放送されます。

『MBCどんかご』
OA 11月11日水曜日8時から
テーマ 《野菜の美味しいレストラン》
※翌日深夜にも再放送があります。


ということで鹿児島県内での放送ですが、CAINOYA・塩澤シェフの料理はもちろん、畑ではCAINOYAの料理を支える親父さんと野菜、店ではガストロバック、テクスチャー、パコジェット、スチコンを駆使した仕込みなどを放送するようです。
ぜひ、皆様もご覧下さいね。

コラボの件はまた詳細が決まり次第、随時upしていきます。

スポンサーサイト

Posted by sasuraichef | 15:31 | Comment [8] | TrackBack [0] | なんでも挑戦っ!!

«prev | home | next»

新しい郷土料理!!
なんて素晴らしい夢でしょう!
立派です。
応援します。
頑張って下さい!!

Commented by shunkan [URL] | 11/03 01:06| edit

面白そう!
塩澤さんのブログでもこの企画、確認しました。
僕も自分の田舎(奈良のど田舎)のシェフの
高校からの友達とコラボやってみたいなぁ。。

Commented by リーノ [URL] | 11/03 01:25| edit

>shunkanさん

この11年のイタリアでの日々の中で感じた事。。。
最愛のバイクを売り、その資金で渡ったイタリア。約一年給料無しの修行から始まり、一年後帰国まで考えていた矢先でのホテル・パトリアルカでの残留。
各ポジションを経て、セコンド、そしてシェフと、日本人である自分がイタリア料理を作りイタリア人を相手にするギャップ、そしてイタリア人スタッフを指揮し、常に最前線の料理を作り出さなければいけない「ミシェランの星」の重さを身をもって感じた4年間。。。
でも今の自分が感じているのは、最終的には「ここ」だったわけで。。。自分でも不思議な感じ(笑)
イタリア人の中にあるcampanilismo(郷土愛)の精神を見てきていたら、なんだか日に日に自分のcampanilismoが強くなっていて。
異国の文化に触れ、感じ、学んだことを、自分の手で、そして愛する郷土で生かせていけたらこれ以上に嬉しいことはないですよね。
「新しい郷土料理」。。。そんな日がくることを夢見ています。


>リーノさん

昨年のコラボ面白かったですよ。
絶対日本ではありえない事が「続々」と起こりましたから(笑)
今となっては笑話になりますが、その時はちょっとあせりました(爆)
でもそれはそれで、その時のコラボには絶対的に不可欠な事件だったと今では思っています。。。^^ そういう事件があってからこそ、あのコラボは完成だったのでしょう。^^
日常考えられない事がおこるのもまた、コラボの楽しみでしょう。
ぜひやられてみたら?  と、言うよりもいつかリーノさんともやりたいですね(笑)

Commented by sasuraichef [URL] | 11/03 10:21| edit

Cial!

Cainoyaでのコラボ楽しみですが・・・マスコミに放映されることで満席になり、食べることができなくなりそう?予約できるのかしら?
イタリア料理大好きの友人夫妻がどうしても食べたいと話しています。
日程が決まりましたら又、ナイジョで教えて(笑)!

Commented by kei-matu [URL] | 11/03 22:32| edit

>と、言うよりもいつかリーノさんともやりたいですね(笑)
この一言で一歩前進しました。
お金の事は考えないで、面白そう!って事だけでやりたいなぁ。。
イタリアには、アジアの調味料持参で伺いますよ!

Commented by リーノ [URL] | 11/03 23:43| edit

>kei-matsuさん

マスコミに放送はないと思いますけど。。。(笑)
kei-matsuさんの分、確保しときます。
メールしますので。



>リーノさん

お金の事、全く考えてないです(笑)
まず作ることを楽しんだり、人とのふれあいが大事ですから。
いつかやりましょうね。^^

Commented by sasuraichef [URL] | 11/04 07:48| edit

鹿児島に帰るんですねぇ~^^
帰っても忙しいようですが・・・体調には気をつけて^^
また記事楽しみにしてます。

Commented by ゼロ [URL] | 11/05 08:16| edit

ゼロさん

そう、鹿児島に帰りますよ。かなりハードスケジュールになるようですけど。。。
久しぶりの鹿児島楽しみたいと思います。
ゼロさんは里帰りとかしないのですか?

Commented by sasuraichef [URL] | 11/05 08:32| edit

Comment:

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。