サスライシェフ、イタリアを喰らう!!!

イタリアで料理人として働いた13年。。。新天地を故郷鹿児島に移し夢を現実とする為に奮闘する毎日を綴ったブログっ!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by sasuraichef | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

21 2011

久しぶりの日本の春を楽しんでおります。。。

ここ3日間ほどはゆっくりと故郷の伊佐市で、時差ぼけ治療とともに久しぶりの日本の春を楽しんでおります。
13年間でのイタリアの生活では2年おきに2ヶ月ほど帰国していましたが、いつも1~2月とかだったので日本の春を感じるのは13年ぶりになります。20歳の時に鹿児島を離れ東京へでたので、そこから数えると18年ぶりの故郷の春です。

     IMGP4554.jpg     IMGP4577.jpg


     IMGP4572.jpg     IMGP4575.jpg


実家の庭の梅の花は咲き乱れ、近くの公園の桜並木も来週末の「桜祭り」に合わせるように蕾も大きくなってきています。


     IMGP4563.jpg     IMGP4566.jpg

     IMGP4584.jpg     IMGP4589.jpg

     IMGP4581.jpg     IMGP4597.jpg


そして母や伯母がヨモギ入りの餅(草餅)やフキノトウを入れた料理を作ってくれたり、温泉に行ったり、伊佐で獲れた猪肉を使ってラグーソースを作り、米粉を混ぜた生パスタとあえて食べたり。。。^^
当然時差ぼけ治療中。。。(爆)

     IMG_2029.jpg     IMG_2030.jpg

打ち粉のセモリナ粉が見つからなかったのと、雨で湿度が高かったので生地がちょっとべとつきましたが、生地は何とか完成っ!!

     IMGP4614.jpg     IMGP4635.jpg

     IMGP4637.jpg     IMGP4653.jpg

     IMGP4656.jpg     IMGP4647.jpg

じっくり野菜と猪肉をいためて赤ワインを加えてトマトホールをさらに加えゆっくり煮込んでいきます。ローズマリーやジェニパーベリーも欠かせませんっ!!
地元のスーパーで宮崎県産のロマネスコを見つけたり。。。(爆)



結膜炎やらちょっとセキがでたりでまだ体調が万全ではありませんが、久しぶりの日本の。。。故郷の春を楽しんでおります。

スポンサーサイト

Posted by sasuraichef | 01:15 | Comment [10] | TrackBack [0] | 飯を喰らうっ!!

18 2011

故郷に無事着きました。。。

ローマからドバイ経由で関西空港へ、そして高速バスで大阪空港から鹿児島へと乗り継ぎ、一気に故郷に戻ってきました。
なので、まだ故郷に帰ってきたという実感が全然湧いていないのが本音です。

ちょっと旅の途中で目が充血し、今朝眼科に行ったら急性結膜炎と診断されました。。。(笑)
シンガポールからの一週間のフィレンツェ滞在、そして日本への長旅と時差ボケが治ったところでまた時差ボケと、ちょっと精神的にも肉体的にも疲れがでてきているのでしょう。

ま、そんなことで無事鹿児島に着きましたのでお知らせしておきます。

Posted by sasuraichef | 18:00 | Comment [19] | TrackBack [0] | サスライ・股旅・一人旅・・・のち時々二人旅

15 2011

イタリア最後の一日。。。明日帰国します。

宮城県沖の大地震でかなりの方が亡くなられ、そして今でも避難生活を送られている情報を耳にするたびに心が痛みます。
こういうタイミングではありますが、明日13年住んだイタリアを離れ、故郷鹿児島に戻ります。
当初東京に一週間ほど滞在しいろんな方々とお会いする予定ではありましたが、状況が状況だけに関東滞在をくりあげ、関西空港に着く便に変更。伊丹空港移動したのち17日の最終便でそのまま鹿児島に戻ることにしました。

ここ一週間、ネットやTVでの情報を聞くたびに本当に胸が裂けるような気持ちになりましたし、イタリアでの友人達とのお別れとかななり悲しい気持ちにはなっておりますが、今は日本という国を目指し、現在起っている状況と向き合ってがんばっていこうと思っております。

今の日本に元気をっ!! 

がんばれ東北っ!!がんばれニッポン!!!


13年間ありがとう。遠き故郷イタリアっ!!!



IMGP4481.jpg


追記。。。

こんな記事をよくここに書き込みしてくれる (mstk)a.it さんのブログでみつけました。僕も同感したのでこのページにコピペさせていただきました。
非被災者の方に読んで貰いたいので転載します。


以下コピペ
ーーーーーーーー

アゴラ
2011/03/14 22:45
東日本大震災で「ユーモア」が許されないこの緊張状態は危険 ‐ 岩崎聖侍
ユーザー : itnypartners
カテゴリ : 今週のテーマ 投稿
未曽有の大地震が東日本に襲い、多くの方が被害にあいました。何もできない自分が、本当に歯がゆいです。

そんな状況ですが、自分のできることを再確認しました。

1.まずは節電
2.できる限りの寄付
3.しっかり仕事をする(日本経済を復活させる)
4.未確認情報やネガティブな情報を拡散させない

だと思っています。
そして、5番目に、松本孝行氏もアゴラの記事でおっしゃっているように(不謹慎・自粛ムードに関する反論)「不謹慎」のキャンペーンを防ぐということを掲げたいと思います。Twitterでは、レンタルDVDの宣伝(テレビは地震のことばかりでつまらないという方。来店お待ちしております)をツイートした店員さんがボロクソに言われたり、テレビでアニメを放送したら、抗議の電話が鳴りまくったようなことが起きているようです。

しかし、みなさん、よく考えましょう。

まず今、日本は支援する国から、支援される国になってしまいました。これだけの被害が出たのですから、ただでさえ赤字だらけだった財政はさらに逼迫します。当然、もっと税収を増やさないと、日本はやっていけなくなります。

ということは、これまでに以上に、日本は経済成長を目指さなければいけません。テレビで悲惨な映像を見ているだけでは、被災地を復興することはできないのです。キレイごとではなく、お金(税収)がないと復興はあり得ません。

もちろん、まずは救出活動や復旧作業、ライフラインの維持が優先ですが、私たちができるのは、節電と寄付ぐらいです。それ以外は、なるべく普通に、いや普通以上の生活をしたほうが日本経済にはいいわけです。

しかし今、多くのビジネス活動が、「不謹慎」として叩かれる可能性を持っています。そうなると、普通以下の経済活動しか行われなくなり、そのツケは、いずれ国民、とくに復興が遅れる被災地の方が払うことになります。

ならば、私たちは節電をしながら、経済活動を続けないといけません。もちろん、消費についても同じです。スーパーやコンビニに行くと、水やカップラーメンはまったくの品薄ですが、ビールなどの嗜好品は全然売れていません。こんなときには、普段高くて飲めないエビスビールを飲んで、朝食はヨード卵ひかりの目玉焼きぐらい食べましょう。

それが復興への手助けになります。寄付だけでは、本当の意味での復興は難しいのです。

そして、何より、いっさい「ユーモア」が許されないこの緊張状態は、いつまでも続きません。そのうち、多くの人がストレスで体調を崩しかねません。

「人は幸せだから笑うのではなく、笑うから幸せなのだ」

私の座右の銘です。

テレビや新聞では、悲惨なニュースしか流れていないので、知らず知らず、多くの人が不安やストレスを感じています。なので、私としては、今こそ、お笑い芸人さんたちがテレビに出てきて、多くの人を笑わすべきだと思っています。

しかし、きっと今、お笑い番組をやったら、多くの人が「不謹慎だ!」と言って、抗議をするのでしょう。だから、テレビ局も放送できない。

スカブラという職業を知っていますか?

昔、まだ九州で炭鉱が盛んだった頃の話です。10人の炭鉱マンが3勤務交代制で、石炭を掘っていました。勤務が終わると、炭鉱マンたちは、トロッコに乗って炭鉱から出てくるのですが、そこにはなぜか11人の炭鉱マンが乗っています。そして、その中の1人だけ、汗はかいていないし、服はあまり汚れていない。そして、ニコニコと笑っているのです。

この男こそ、「スカブラ」なのです。

スカブラは、石炭を掘りません。炭鉱の中で、エッチな話やおもしろい話をしたり、みんなにお茶を出したりしているのです。これが仕事なのです(笑)

このようにスカブラを採用して仕事をしていた九州の炭鉱会社でしたが、日本のエネルギーが、石炭から石油に代わっていくのに合わせて、会社も傾いていきます。

すると当然、リストラの話になるわけです。役員たちは話をします。当然、「何もしていない"スカブラ"からクビを切ろう」という結論になります。

そして、スカブラをリストラし、10人の炭鉱マンのみが、炭鉱の中に入って行くようになりました。

その結果どうなったか?

作業効率が大きく下がりました。スカブラがいなくなってから、今まで同じ時間でやれていた仕事が、全然できなくなってしまったのです。そして、炭鉱マンたちの人間関係もギスギスしていったそうです。

今、自衛隊や警察、消防の方々は、もちろん必要ですが、多くの人を笑顔にする「お笑い芸人さん」も必要なのではないでしょうか。会社もせっかく休みなら、エビスビールを飲みながら、お笑い番組でも見たいです。そこでストレスを発散して、英気を養うのです。

そして、私たちがやることはたった一つ、また明日から一生懸命働いて、日本経済を復活させることです。
(岩崎聖侍 株式会社FreeLifeコンサルティング代表/ストーリー戦略の専門家)




今PCをつけたら。静岡で地震があったと。。。
(mstk)a.it さん大丈夫ですか?
無事なら連絡ください。


明後日には鹿児島での生活が始まります。今の僕にできること。。。
盛り上げていくことです。


FORZA JAPAN!!!!!





ラスト一週間のイタリア滞在日記は後日掲載します。あしからず。。。

Posted by sasuraichef | 17:24 | Comment [8] | TrackBack [0] | サスライ・股旅・一人旅・・・のち時々二人旅

11 2011

FORZA MIYAGHI!!!!

朝起きてPCでニュースをチェックしていたら、東北地方で大地震が発生したとの記事を見ました。

まだ地震から一時間も経ってなかったので、現場の中継を通じて刻々と状況が分かってくることに。。。

あまりにも残酷な姿になってしまった宮城県海岸線。 

大地震、大津波、大火災とさらなる災害が増えていく中、被災者の方々の無事を祈るしか今の僕にはできませんが、一刻も早く復旧することを望みます。

不安な夜を過ごしていたり、今なお救援を待っていたり。。。心が痛みます。

このブログでも何かできることがあればいいのですが。。。


FORZA MIYAGHI!!!FORZA JAPAN!!

Posted by sasuraichef | 19:11 | Comment [10] | TrackBack [0] | イタリアから物申すっ!!

09 2011

フィレンツェに戻ってきました。さてイタリアラスト一週間っ!!

約3週間のシンガポールの旅からフィレンツェに戻ってきました。
毎日Tシャツ&半ズボンの真夏モードで過ごしていたシンガポールから一転、コートを着て飛行場から自宅まで帰ってきたイタリアです(笑)
気温の急激な変化と時差ぼけ(しかも一週間後日本へ帰国する為のダブル時差ぼけ)で、なんか体も若干重たいです。 あっ、これ太ったってことじゃないですよ(笑)昨日体重計に乗ったらちょっと減ってましたから(爆)
最終的に香辛料のけっこう効いているシンガポールの料理にちょっと食欲も薄れていたのも事実。。。味つけもけっこう濃いので、もう塩だけでいいですって感じだったんです(笑) 
シンガポールの超有名な料理、これを喰わなきゃシンガポールに来た意味がないっ!!ってぐらいの有名な「蟹のチリソース&ペッパーソース」さえ、名前見ただけでちょっと敬遠してたので、結局は食べてません(爆)

そんなこんなでイタリアで生活するのも一週間をきりました。16日にはローマから日本へ完全帰国します。
13年前、ローマから入ったのでローマからでることにしました。バチカンのミケランジェロの「ピエタ」にも会いに行く予定です。そして僕のイタリアでの最初の修行先でもあるレストラン・トゥディー二のトモコさんにも会います。 僕にとってはイタリアでの母と言っても過言ではないくらいの存在の方なのです。
ローマではじまったイタリアでの13年をローマで終わらせます。まだ実感がなかなか湧かないのも事実なのですが。。。(笑) 今は日本、鹿児島に帰ってからのことで不安もありますが、夢と希望で満ち溢れている僕の心。。。(爆)

ラスト一週間っ!!楽しみますっ!!



   colosseo.jpg
  13年前、ローマで修行しはじめて初めての休日で行ったコロッセオでの一枚。2000年という時を越えながら現代と共存しているローマ時代の遺跡には、かなりの衝撃をうけました。
それにしても若いっ!!細いっ!!(爆)

Posted by sasuraichef | 17:25 | Comment [7] | TrackBack [0] | サスライ・股旅・一人旅・・・のち時々二人旅

06 2011

シンガポール、最後の一日っ!!

いや~気がつくと明日の夜イタリアへ戻るわけですが、長いこと更新しておりませんでした。 というのも、ラスト4日間で3回特別食事会が組み込まれておりまして、明日のランチが最後の仕事になっておりまして怒涛のラストスパートモードになっておりますので(汗)

一回分の食事会は6~7名様ぐらいなのですがフルコースですし、全ての食事会のメニューは変えておりますので結局のところ一回分の食事会の仕込みには丸一日かかります。
パスタも全て当日の朝の伸ばしてロングパスタにしたり、詰め物してラビオリなどしたり。。。パンも焼きますっ!! 

     IMGP3596.jpg     IMGP3595.jpg


なんせ全てが手作りの為かなりの時間が仕込みに費やされます。だれもいないラジオもない静まりかえったキッチンで黙々と働いていると一日があっという間。。。 
シンガポールにいる気がしません(笑) 前半戦で観光ができたのでよかったです!!

というわけで仕込みの写真はおろか、料理の写真も撮り忘れている始末。。。


     IMGP3563.jpg     IMGP3561.jpg


ただっ!!手作りスケッチ入りメニューだけはあるので、そちらのほうをUPします(笑)

これけっこうお客様には好評で^^   こういうところは、学生時代成績ビリでも図工&美術だけはだれにも負けなかったという、唯一のとり得がいかされています(汗)教科書&ノートは落書きだらけでした(笑)  親は泣きましたが。。。(爆)


そんなこんなで、明日の夜はイタリア行きの飛行機へ。。。ドバイ経由で明後日にはイタリアへ着きます。
そして一週間のフィレンツェ滞在の後、16日に日本へ完全帰国します。

     IMGP3555.jpg     IMGP3558.jpg


20日間のシンガポールを振り返って。。。
シンガポールってこんなことがない限り一生行くことのないところだったと思います。
ただ自分にとってははじめてのアジア圏の国。 常に常夏でさまざまな人種が混ざり合い、食材も世界からいろんなものが入ってくる。東京のように高層ビルの立ち並ぶオフィス街、その回りを取り囲むチャイナタウン、リトルインディア、アラブ地区などなど、日本とイタリアでは感じることができないことを沢山感じることができました。
その中でもやはり一番印象に残ったのは食の文化。日本やイタリアのように四季がなく、国自体に農業などの生産能力がないのですべて輸入にたよっているので「旬」という素材がないっ!!というかすべて揃っているっ!!
日本からの入ってきている干し柿やイチゴ・みかん・菜の花の隣にスイカやカボチャなどが並んでいる(笑)
いや~こんなこと無かったですから。 
メニューを作る時ってまず旬のものを書き出して、そこからアイデアを浮かべ形になっていくものなのだけど、干し柿とスイカを見比べて「違和感」をものすごく感じてしまいました。
こんな組み合わせは今までの僕の脳みその中には無かったわけですから。。。
それは違和感であったけれども、また新鮮な経験でもありました。はい。

アジア圏に3週間もいたのでなんだかイタリアがすでに遠い存在に思えます(笑)
いい意味で日本に戻る前のワンクッションになったのではないでしょうか。

沢山の経験ができました。シンガポールで出会えた沢山の方々、そしてロペレッタの水谷オーナー本当にありがとうございました。。。


  IMGP3608.jpg



Posted by sasuraichef | 23:50 | Comment [6] | TrackBack [0] | サスライ・股旅・一人旅・・・のち時々二人旅

01 2011

アラブ街を喰らうっ!!イン シンガポール

昨日は。。。10日前にこちらへ着てからずっと観光や食材探しや食事会やと動き回っていたのですが、朝から洗濯機まわしながらベットでゴロゴロしていたら、そのままベッドから剥がれる事ができず。。。(笑)
久しぶりゴロゴロして過ごした一日でした。旅の疲れがでてきているのか???^^


     IMGP3375.jpg     IMGP3380.jpg


というわけで今日は朝から町へ繰り出しました。
こちらへ着てからはまっている朝食で骨肉茶(バクテー)食べることに。。。前回行って骨肉茶の店にまたより、今回は「豚の胃袋(ストマコ)」で作ったバクテーを頂きました。
ベースとなる煮込み汁は普通の骨肉茶と同じですが、肋骨の変わりにの胃袋もプリプリして美味しいでした。
やっぱ、朝食にご飯。。。最高だよな~♪

そしてクラーク・キーのあたりを探索。
シンガポールに着いた日、ちょっとグルグル回って観光しただけで、よく見てなかったからです。
金融街に近く多くの西洋人がいるこの地区のフードショップはほぼ白人層を狙ったもので、明らかにこの周りにあるチャイナタウン・リトルインディア・アラブ地区とはまったく雰囲気が違います。

フードショップの激戦区的なクラーク・キーですが、まだ昼前ということもあって閑散としていました。
ただゆっくりとお店のディスプレイとか雰囲気などが写真の収められたので逆によかったのですが。。。
いつか自分のやりたい店へのアイデアを集めるって感じで、なにかヒントになるものがあるかもしれませんね。
参考資料としていろいろ撮って見ました(爆)

     IMGP3384.jpg     IMGP3388.jpg

     IMGP3394.jpg     IMGP3406.jpg

     IMGP3405.jpg     IMGP3399.jpg

     IMGP3396.jpg     IMGP3398.jpg


その後は偶然入ったデパートに本屋の「紀伊国屋」が入っていたので飛び込んで見たのですが、凄い数の日本の本です。日本にある紀伊国屋がそのままシンガポールに移動したって言っていいぐらいの日本の本の量には驚かされます。 ちょっと久しぶりに日本語に飢えていたのか立ち読みしまくってしまいました(笑)


     IMGP3410.jpg     IMGP3413.jpg


消防博物館に立ち寄りながら、アラブ人街へ。。。
地下鉄ブギス駅の周辺にアラブ人街が並びます。さっそくブギスストリートへ。。。
ブギスストリートとは1つのブロックの中に隙間なく店が並び、完全にアラブの市場的な感じで、洋服屋からフードショップ、アクセサリーショップからセクシーショップまで並びます(笑)
昔は娼館やオカマバーが立ち並び、異様な空気を漂わせていたらしいですが、最近は再開発のせいでそんな空気はぜんぜん感じない場所になっています。
それにしても年末のアメ横的な感じがするのは僕だけでしょうか。。。(爆)

     IMGP3338.jpg     IMGP3417.jpg

     IMGP3348.jpg     IMGP3351.jpg

     IMGP3357.jpg     IMGP3362.jpg


サルタン・モスクを目の前にすると、ほんとにここがシンガポールなのか!?と疑ってしまいます。
丁度前を通った時コーランが流れていまして、沢山のイスラム教信者がいました。
 ほんとシンガポールって面白いですね。 チャイナタウン・リトルインディア・アラブ人街と地区が分かれており、その場所にはその人たちしかいないって事。こんなこと日本でもイタリアでもありませんから、シンガポール独特のことなのでしょうね。
しばしモスクを見た後は、その前に並ぶアラブ・ストリートやブッソーラ・ストリートを物色。
アラブの香りのするシルクやじゅうたん、お土産物屋からアラブ系のフードショップまで、そしてカフェでは水タバコを楽しむ人も。。。

     IMGP3426.jpg     IMGP3441.jpg

     IMGP3470.jpg     IMGP3447.jpg


あるレストランに入り昼食を取る。インドのナンのような生地にヒヨコマメをペースト状にしたものを前菜に、メインにはさまざまな肉のグリル。 イスラム教らしく豚肉ははいっておらず、鶏・牛・子羊といった肉を香辛料いっぱいでグリルしてある。
美味しいのだが、さすがにこの10日間ほど中華・インド・アラブ系の食事を続けていると、どの料理にもけっこう強烈に香辛料が入っているので胃が疲れてくる。
だからこそ、朝食べた骨肉茶のようにシンプルでありながらも、白米も食えるってのがすごく嬉しいわけです(笑)

     IMGP3462.jpg     IMGP3465.jpg

     IMGP3467.jpg     IMGP3468.jpg


というわけでアラブ人街を楽しんだわけですが、どうもここは夜のほうが面白いってことを小耳に挟みましたので、ぜひとも夜のアラブ人街も探索してみようと思っております。

そんなわけで今日はこれまで!!

     IMGP3472.jpg     IMGP3452.jpg

Posted by sasuraichef | 17:38 | Comment [4] | TrackBack [0] | サスライ・股旅・一人旅・・・のち時々二人旅

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。