サスライシェフ、イタリアを喰らう!!!

イタリアで料理人として働いた13年。。。新天地を故郷鹿児島に移し夢を現実とする為に奮闘する毎日を綴ったブログっ!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by sasuraichef | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

30 2010

「オランダを喰らうっ!!」~大人のアムステルダム編~

さて大人のアムステルダム編。。。あまり大きく取り上げられる世界ではないですが紹介します。


オランダと聞いて思い出すのはドラッグと売春が合法ってこと。。。

ドラッグも街中にあるコーヒーショップという店ならば問題なく吸えるわけ。
で、ちょっと面白いのはマリファナなどのソフトドラッグは制限はあるものの店内で吸うことに関しては問題ないのですが、ただのタバコを吸うときは建物の外で吸わないといけないらしい(笑)
昨年ヨーロッパでは公共の建物の中では全て禁煙になっているのでその法律のせいのようだが、タバコは外、ドラッグは中でもいいって。。。(驚っ!!)

ガイドブックにも書いてあるように、コーヒーショップに入ってドラッグをしなくても空気中の匂いが衣類に沁み込み、帰国時税関などで麻薬犬に必要以上に追い回されるはめになるということなので、コーヒーショップには入らなかったのだけど。
 実際ピサ空港に着いた時預けた荷物を引き取るところでカバンがでてくるのを待っていたら、目の前の若い男の子4人組みのところで結構しつこく麻薬犬が匂いを嗅いでいるのを見たので、あ~これは匂いが染み付いているんだとちょっと思ったりもしました。その4人組み問題はなかったですけどね。


そして売春に関しても合法化され「飾り窓」地区には売春宿が平然と立ち並んでいます。


     800px-Amsterdam_red_light_district_24-7-2003.jpg     飾り窓2


     IMGP0998.jpg     IMGP1000.jpg


売春婦達は所得税も払っているし彼女達の労働組合までもが存在し、一般の企業と同様の活動もできるわけです。
こうなった経緯はドラッグ&売春ってどこの国でもやはりバックにマフィアなど黒い世界と繋がるパイプができているわけで、そこら辺と繋がるパイプができるぐらいなら国で認めてしまえっ!!って感じらしいですが。。。(爆)
だから自由でありながらも国の管理の下で厳しくコントロールされているらしいです。


     IMGP0995.jpg     飾り窓



さてその飾り窓地区歴史的にはすごく古いもので、ヨーロッパの中心にある港町アムステルダムは各国からの船乗りの出入りする町でした。長い期間船の上で生活しているヤローどもは下船するとすぐにこの地区に繰り出していたようです。ちょっと面白いと言うか不思議というか、この地区には旧教会という大きな教会があるわけです。その教会を囲むように(あざ笑うかのように)売春宿が並んでいる(驚っ!!)
ある通りに行きましたが、小道の両脇に赤ランプが点灯しており、その奥には大きな旧教会が建っている風景。。。ちょっと「ええんかこれ?」っと思ったくらいです(笑)

前回報告しましたように、建物の窓が異常に大きいわけです。イタリアも大きいと思っていましたが一階部分(通りにめんしているところ)の窓は必ず鉄柵があり泥棒対策がしてあるのですが、オランダのは大きなガラス張りなのに鉄柵どころかほぼ中丸見え状態。オランダには泥棒っていないのだろうかと思いつつも、そのオネーさん達が窓の中からほぼ全裸に近い状態で目の前をとおるヤロー達を誘うのは、別に恥ずかしいとかそういう感情はあまりないのかと。。。ちょっと思いました。(オランダ人の人はあまりいないと思いますが)


さて散策してみると18時という早い時間にすでにカーテンの閉まっているところが30パーセントほど。。。すでに「営業中っ」てことですね(笑)最近は観光化されてきてメイン通りも女性の観光客の方がいましたが、やはりちょっと小道に入ると薄暗く怖い印象が。。。
カメラで撮影できない地域(昔はカメラを持っていることで、イザコザに巻き込まれるという事件があったそうです)なので、カメラは持っていきませんでした。今回のこの地区の写真はほぼネットで拾ってきたものです。
 

そんな小道を歩いて飾り窓の中のおねーさん達を見ていましたが、いきなり目の前がドアが開き、一人の男がでてきました。そのまま僕らの前を歩いていましたが、その足どりは軽やかでした(爆)

あと、10人近くの男たちがドアの中にいる一人のオネーさんと値段の交渉をしていました。
遠くから「あんなん、10人対1人って交渉成立できんだろ。。。」と思いながら目の前を通り過ごそうとしましたが、どこかで聞き覚えのある言葉が。。。  イタリア語。。。


イタリア人の若い男たちでした(笑)



なにしてんねんっ!!!!(爆)




そんな10人でヤジってたのでしょうけど、そんなの相手にはしないですから(爆)


男なら一対一で「タイマン」はらないとっ!!(笑)

全体的に見て、この子可愛いっ!!ってこは2~3人でしたね(相方と同意見・笑)
あとはボリュームのある方とか多かったです。。。

その他この近辺はそこら辺の世界に属する「大人の店」がいろいろありました。
日本にもあるビデオ個室屋とか。。。(笑)その他、ここでは掲載できないものまで。。。(18禁)


     IMG_0337.jpg     IMG_0341.jpg


     IMG_0335.jpg     IMG_0334.jpg


そんな「大人のアムステルダム地区」を社会見学した後は、アムステルダムに住んでいる知り合いと一緒に夕食を。。。

僕の「純粋なオランダ料理が食べたいっ!!」というリクエストに選ばれたのは確か500年という創業歴史をもつ「Haesje Claes(ハーシュ・クラース)」という伝統料理の店。
どのガイドブックにも一番目の取り上げられているところを見ると伝統料理を出す店に関しては一番有名なようです。
 実は一度しかお会いしたことない方々なのですが、関西の方の独特のノリというかなんか漫才見てるような楽しい方々でして、お食事はもちろん楽しい時間を過ごせました。

それでちょっと「喰らったっ!!」料理をご紹介っ!!


     IMG_0347.jpg     IMG_0348.jpg


     IMG_0349.jpg     IMG_0350.jpg


     IMG_0351.jpg     IMG_0352.jpg


ニシンのマリネとピクルスから始まり、お約束のクリームコロッケ(笑)そしてソーセージとジャガイモのピュレとジャガイモのロースト、青豆と牛の煮込み料理。
そしてビールはこの時期期間限定のアムステルビール。
ニシンのマリネはさっぱりとしていてビールとの相性は抜群っ!!コロッケもソーセージもやはりドイツなどのソーセージに近い感じで美味しかったです。
おもしろかったのは、ジャガイモ料理が多いこと。
いや、それこそ前回の記事ででてきたオランダ画家・ゴッホが「馬鈴薯を食べる人々(1885年)」という作品を描いているのですが、農村とそこで働く農民の厳しい環境を表現しているわけです。テーブルの上にある馬鈴薯だけを5人で食べている絵は「こんな絵がでまわると、オランダ人は裕福ではない印象が残る」という理由から結構な批判を受けたらしいです。
それから100年ちょいたった現在でも必ず料理の中にまざっている馬鈴薯。。。(笑)

イタリアに比べるとやはりバリエーションは少ない感じがしますが、その土地・歴史・文化・環境の中で引き継がれてきた郷土料理の味はその土地でしか感じられないもの。
念願のオランダ郷土料理を堪能することができました。ご馳走様でした!!!


ってな感じで2日目のアムステルダム終わりました。(実質1日目・笑)
残り半日。。。(涙)

記事のUPは年明けになりそうです。。。
ただ「大人のアムステルダム」だけは年内にUPしたかった。。。(爆)





スポンサーサイト

Posted by sasuraichef | 12:27 | Comment [4] | TrackBack [0] | サスライ・股旅・一人旅・・・のち時々二人旅

29 2010

「オランダを喰らうっ!!」~Freedom=Amsterdam、観光編~

2日目のオランダ旅行の記事をアップしたくても、24日からADSLの調子が悪くまったくPCが使えない状況になっておりまして、クリスマスという年間の中で最大の祭日を跨いだ為、修復も遅れまして今日になりました。。。コメントも返せず申し訳ございませんでした。旅から一週間経ってしまっていますがUPしていきます。


あ、その前に皆様メリークリスマスっ!!!(笑)


朝8時半起床。。。
前日の15時間に及ぶ旅路の疲れもとれ、早速アムステルダムの町へ。


     IMGP0749.jpg     IMGP0753.jpg


     IMGP0772.jpg     IMGP0770.jpg


一面銀世界のアムステルダムの町は凄く綺麗に見える。。。そんな景色をボーっと見ていると目の前を駆け抜けていく自転車っ!!

おいおい、地面は凍ってるぜ。。。(笑)

アムステルダムの町は車道と歩道の間に自転車道ってのがあり、そこは自転車だけが走れる場所になっているわけです。雪のため歩道も車道も区別があまり分からないので気を抜くと自転車で走っている人たちが突っ込んできたりします。
雪が積もり自転車道が凍っていても平気で走っているオランダ人。普段雪の無い時はかなりの人が自転車を運転しているのでしょうね。

そんなアムステルダムで見かけた変な自転車達。。。


     IMGP0778.jpg     IMGP0777.jpg


これらって結構な値がするんですよ。 普通の自転車でも300ユーロ(4万円弱)以上、前輪とのサドルの間にかご(箱)があるものなどは1500ユーロ(約17万円)もするんですよ(驚)

でもこれらの自転車、ぜひ日本に持って行きたいアイテムの1つに思えました(笑)


朝食をとる為に入った店でカプチーノとクロワッサンを注文。 外の寒さはもちろん、中に入ってもコートを脱げませんでしたが、なぜがTシャツ姿の店員さん達(笑)


     IMG_0238.jpg     IMG_0237.jpg


見ているだけでも寒いのに、やっぱり人種が違うと基礎体温も違うのかな~(これホントの話)と思っていたら、会計している店員さん。。。ブルブルってしてました(爆)
寒いのなら着ればいいのに。。。^^

朝食をとった後はオランダが誇る天才画家の一人、ゴッホの作品のあるゴッホ美術館へ行ってきました。


     IMG_0242.jpg     ゴッホ


自ら命を絶ち37歳という短い生涯でありながら、さらに10年という短さの画家として活動した期間。。。
最後の数年で描きあげた作品は「炎の画家」という異名が語るように作品数はもちろん、うねるような線の流れと力強いインパクトのある作風は、彼の中にある燃えるような感情を感じることができました。


ゴッホ美術館を楽しんだ後はアルベルト・カイブ通りにある市を見学。約2KMに及ぶ通りに両脇にテント張りの出店が並ぶ。 衣料品・雑貨・食料品などなどを覗きながら散策。
あまりの寒さの為帽子を購入っ!!  ほんと耳がちぎれそうな寒さだったので我慢できませんでした。


     IMG_0265.jpg     IMG_0258.jpg



その後昼食を取りにお店を探したのですが。。。
オランダ語のメニューも分からないし味もどうかも想像もつかないので、とりあえず人が入っているところは間違いないという考えからお店を探すもそんなお店はどこにもなく。。。(笑)
オランダ人って昼飯はゆっくりととらず、簡単にパンとかサンドイッチ、ポテトフライ、コロッケなどで終わらせてしまうので昼間は閉まっていたり、開いていても観光客がほとんどだったり。。。
迷いながらも見つけた1つの店。中を覗くも1組のカップルしかいない。。。(笑)半信半疑で入ってみたけれどガラガラ過ぎるので落ち着つかず。。。ただメニューの中から必死にオランダ風スープとオニオンスープ、コロッケを注文。


     IMGP0787.jpg     IMG_0272.jpg


素朴ではあるがオランダ風スープが非常にトスカーナのスープに味付けが似ていてちょっと感動。オランダ産のハムが刻んで入っているけれど基本的な味は同じでした。
極寒の中で冷え切った体に沁み込む暖かいオランダのスープ。。。そしてコロッケ。
実はコロッケはオランダではとてもポピュラーな食べ物になっていて、街角にはコロッケの自動販売機があるほど。。。(ジュースの自動販売機なんかないのに) いつでもどこでも温かいコロッケを食べられるシステムになっているわけです。実際あちこちで手にコロッケ持って食べながら歩いている人見ましたから。

そしてコーヒーも飲まずに店をでて向かった場所は。。。



           「ハイネケンビール博物館」


     IMG_0279.jpg     IMGP0784.jpg


現在世界第三位のシェアを誇るハイネケンビール。緑のボトルに赤い星印の入っているラベルは皆さんもどこかで一度は見たことはあるはず。
昔の工場後が博物館となっているここは、ハイネケンビールの歴史や製造過程などを学ぶことができるほか、体験型のアトラクションもあり、最後には2杯分の生ビールも飲めてしまえて入場料15ユーロというお値段。

さて入場し、まずは歴史を学びます。
その後は作り方の過程を学びます。水と大麦とホップと酵母。これらの厳選された素材が混ざり合いゆっくりと時間をかけ黄金色のビールとなっていく様子は、普段普通に何気なく飲んでいるアルコールではあるけれど、改めてその誕生するまでの奇跡的は自然の力の凄さに驚かされるのでした。


     IMGP0806.jpg     IMGP0812.jpg


 途中、麦芽汁というホップを加える前の液体を試飲できたのですが、日本の甘酒を思い出させる感じで甘く、この後の過程でどうしてキレた味わいのビールになっていくのかちょっと不思議でしたね(笑)


工程を見た最後は体験型アトラクション。目の前に現れる画像とともに、自分の立っている場所が揺れたり風が吹いてきたり、水が飛んできたり。。。 ここはディズニーランドか?って感じでした(笑)

その後は作りたてのビールを金髪のハイネケンガールがグラス一杯サービスし、ビールの正しい楽しみ方を伝授してくれます。


     IMGP0819.jpg     IMGP0829.jpg


     IMG_0294.jpg     IMG_0303.jpg



「ぷふぁ~この一杯の為に生きてんな~(笑)」



ってグラスを空ける僕。
相方は半分程度。。。

もともとアルコールには強くない僕ら。。。


出口前にあるカウンター(パブ)ではみんなが無料の2杯分のビールを飲んでいるなか、僕はらはすでに酔いがまわってきていたのと、これ以上飲むと顔真っ赤なまままだ明るいアムステルダムの町を歩かないといけないので、




「ペプシコーラください(笑)」



火照った顔の熱気が下がっていくような感じでした(爆)
それならビール博物館じゃなくて、ペプシコーラ博物館へ行けよっ!!って自分で突っ込みいれたくなっちゃいますが。。。(爆)
ビールの他にもソフトドリンクはありますので、僕らのような方はそちらでもどうぞ。。。

結局2杯分のうちの一杯しか飲んでいないので(しかもペプシ)、もう一杯分飲める引換券があります。
僕と相方の分で2杯分。。。

スポンジシェフっ!! ぜひアムステルダムに来た時にはハイネケン博物館へ。。。

15ユーロの入場券(2杯無料)とぼくらの余った2杯分の引換券で、4杯無料で飲めますぜっ!!(爆)


その後は一度ホテルに戻り昼寝してから「夜のアムステルダム(大人のアムステルダム)」を楽しむ為、いや、社会見学の為「飾り窓」地区へ出て行くのでありました。。。(18禁・笑)


次回は「大人のアムステルダム編」(笑)、お送りいたします。
お楽しみに~。。。



Posted by sasuraichef | 11:30 | Comment [6] | TrackBack [0] | サスライ・股旅・一人旅・・・のち時々二人旅

23 2010

「オランダを喰らうっ!!」 ~出発編~

前回の旅先は8月の灼熱のスペインで気温45度を体感したのだが、今回は極寒のオランダ・アムステルダムでの氷点下の世界を体験したのである。

19日の出発2日前、ここフィレンツェはもちろん、ヨーロッパ全体が寒気のため大雪に見舞われました。
19日の朝も7時45分に家を出るも、まだ路面は凍結しておりバスさえも運転を見合わせている状況の中、30分かけて歩いてサンタマリアノヴェッラ駅に到着。


     IMGP0742.jpg     IMGP0736.jpg

 ピサ行きのバスも時間通りに着ましたが、ピサ方面行きの道は高速道路以外はすべて路面凍結により通行止め。その唯一走れる高速道路も回りは一面銀世界という状況で出発したのです。


     IMG_0179.jpg     IMG_0182.jpg


9時ごろにピサ空港に到着。チェックインして朝食をとり予定通り12時発の飛行機を待っておりました。
 予定通りでは14時にはEindheven空港に到着。空港からEindoheven駅まで30分のバスを経てIC(特急列車)にて1時間半ほどでアムステルダム入り。遅くても16時半~17時までにはホテルに着き、ちょっと観光してからオランダ料理の夕食を満喫する予定でした。。。予定でした。。。予定でした。。。??

10時半ごろアナウンスで機材の到着が遅れているので出発は14時すぎになると。。。(えっ!?)

狭い出発ロビーで待つこと5時間、売店でコーヒーやサンドイッチなどを買って飢えをしのぎ14時には無事出発できましたが。。。

16時半 Eindheven空港到着。荷物を受け取りバス乗り場へ。


     IMG_0186.jpg     IMG_0189.jpg


     IMG_0188.jpg     IMG_0191.jpg


外は雪がしんしんと降っている銀世界。確実に気温は氷点下っ!! バスも時間通りにきたものの路面が完全に凍結しているためゆっくりと走行。17時40分ごろEindheven駅に到着。

毎時02分と32分にはアムステルダム行きのICが出ているので18時02分で出発することに。
 予定では18時02分に出発、19時半にアムステルダム入り、20時にはホテルに着くから観光はなしでオランダ料理の夕食を満喫する予定でした。。。予定でした。。。予定でした。。。??

。。。が、予定通り18時02分のアムステルダム行きのICに乗り約30分後に停まった's-Hertogenboschの駅を出発する時なぜか進行方向が逆に。。。いわゆくバックしはじめたわけです!?

ここで冷静に、フィレンツェのサンタマリアノヴェッラ駅(始終着駅)のようなところなんだと想像しそのまま列車に揺られいると、30分後の19時02分Eindhevenに到着っ!!

えっ!? はっ!? 意味も分からずホームでたたずむ僕ら。。。(笑)

電車に揺られて一時間後、振り出しに戻っている。。。(汗)

アナウンスもオランダ語のみ。さっぱり訳のわからないまま改札近くのインフォメーションへ。

相方が英語で聞くと、どうも雪の影響でアムステルダム行きのICは今日は走っていないので途中の's-Hertogenbosch(さっきバックしはじめたところ)とUtrechtという駅の2箇所で乗り換えしないといけないとのこと。

さっそくホームに戻り's-Hertogenbosch行きの列車に乗る。 30分後到着。

ホームの反対側に着た電車に飛び乗るも満席。立ったままゆられること数分。ある小さな駅に着いた時みんなが降り始めた。へっ!?
駅も小さいのでオランダ語でのアナウンスしかなく、でも多くのオランダ人は英語が話せるので相方がいろいろ聞くと、完全に各駅停車の列車でアムステルダムに向かわなければならない、しかも次の列車がどこまで行くかもわからないと。。。(涙)
その時着た列車に乗りまた乗り換える。。。 大勢の人たちが雪の舞い散るホームを無言で同じ方向に歩いて移動する様は「強制収容所」に送られる人々のよう。。。(涙)

Utrechtというアムステルダム手前の駅まで着いて(目的地まで20km)、ああ~これが最後の乗換えだと思いきや、さらにその後にとどめを刺すかのようにまたもや乗換えが。。。

22時30分アムステルダム駅に到着。。。(予定を6時間ほどオーバー)


     IMG_0195.jpg     IMG_0198.jpg


タクシーの飛び乗りホテルに向かう。
もう朝からろくな物食べてないので何か食べなきゃと荷物だけホテルに置いて23時に町にでるも、すでに時間も時間。

雪が降り凍った歩道を歩く。 マイナス5℃の空気は体温を奪っていく。。。

オランダは建物の窓が非常に大きい。太陽の光を取り入れる為(日照時間が少ない地域の特徴)なのだが、逆をいうと家の中の温かい光が外に漏れるのである。

氷つく外をさまよい歩き、その大きな窓から漏れてくる温かい光を見ながら23時という遅い時間に食べ物屋を探している僕は。。。


「マッチ売りの少女か。。。」(涙)



歩いても歩いても銀世界。。。クリスマスの気分の幸せそうなカップルとすれ違いながら食べ物屋を探す(涙)
その時、


「あ、明かりが。。。(マッチを買ってくれる人を見つけたような感動)笑」



遠くに見える。。。疲労と空腹で消えかけてい灯火に差し込む光。。。






「バーガーキング」発見っ!!(爆)



もうまわりも見ずにバーガーキングに一直線っ!!(笑) バーガーセットにさらにハンバーガーをつけ(笑)一気に胃袋に流し込むっ!!!!


     IMG_0199.jpg     IMG_0202.jpg


     IMG_0210.jpg     IMG_0209.jpg


五臓六腑に染み渡るバーガーキングっ!!(笑)

消えかけた心と体のマッチ棒の火が、キャンプファイヤーのごとく炎と化すっ!!

いや~~~、食べるってすばらすぃ~~~いっ!!!(笑)


     IMG_0214.jpg     IMG_0215.jpg


胃袋を膨らました後、ホテルに戻りバスにお湯をためゆっくりと体を温めるのでした。
すでにアムステルダム観光に残されたのは1日半。。。(笑)
旅時間15時間、イタリアからアムステルダムがこんなに遠かったとは。。。(涙)



サスライシェフの「オランダを喰らうっ!!」

アムステルダムでの今日の食事:バーガーキング(2個)(爆)



次回「オランダを喰らうっ!!」は
Freedom=Amsterdam編をお送りします。お楽しみに~。

Posted by sasuraichef | 12:56 | Comment [9] | TrackBack [0] | サスライ・股旅・一人旅・・・のち時々二人旅

18 2010

雪のフィレンツェ、交通網完全マヒ。。。

今週に入り急に寒くなったイタリア半島。

フィレンツェもここ数日寒くなっておりますが、今朝の最低気温はマイナス4度。

昨夜天気予報も雪マークが出しておりましが、朝10時予定通り雪が降り始めました。


     neve_firenze04.jpg     neve_firenze05.jpg



昼を過ぎ、ぜんぜん止む気配のない雪。。。


14時、仕事に行く前に雪のドゥーモを写真に収めるべく歩いて出発。

フォルテツァ公園の周りの大通りは、凍結のため完全に交通の流れが止まっている。

大渋滞。。。



15時、ドゥーモ前にて。。。

凄い雪!!


     neve_firenze09.jpg     neve_firenze10.jpg


     neve_firenze14.jpg     neve_firenze17.jpg



そのまま19時ごろまで降り続け、サンタマリアノベッラ駅の前でさえも、20cm以上の積雪っ!!(驚)

イタリアにきて10年以上になりますが、ここまで降った雪は初めて見ました。


     neve_firenze25.jpg     neve_firenze27.jpg




仕事の帰り、途中の公園のベンチに真っ白くなっている人影が。。。


     006.jpg     002.jpg


ベンチに座ってる雪像でした(笑)


けっこうリアル。。。ちょっと記念撮影。

この時間帯にも道路には凍った雪がまだまだ積もっています。


コピー ~ 008



明日はどうなるでしょうか!!!!

明後日飛行機は飛ぶのでしょうかっ!?(笑)



アムステルダムも今日は20cm以上の積雪だったというニュースが入りましたっ!!



果たしてこの旅の結末はいかにっ!?


次回「アムステルダムを喰らうっ!!」お楽しみにっ!!






Posted by sasuraichef | 01:51 | Comment [8] | TrackBack [0] | フライパン交響曲第7番イ長調 作品36「ベルコーレ」

14 2010

コロポックル。。。夜のお散歩(フィレンツェ編)

あ、あ、あと4日で休める。。。


6週間ノンストップだった私。。。休めます。。休みますっ!!(笑)

5日間のお休み。ウフフっ

ひたすら働いているとこれといった刺激もないので、先日は仕事の後で中心地へ。

家と職場の行き帰りのみだったので、すっかり中心地ご無沙汰してました(笑)
町中すでにクリスマスです。ドォーモの前も大きなクリスマスツリーができていて深夜0時を過ぎているというのに沢山の人がいました。


IMG_0018.jpg

          ツリーの前ではしゃぐコロポックル(笑)



さてこの時期街中を散歩していると目に飛び込んでくるショーウインドウに飾られる「赤い下着」

男性・女性用ともどもノーマルなものから、けっこう激しい(はたしてパンツという本来の目的を果たしているのだろうか?)形のものまであります。


  Xmas4n.jpg    xmas2.jpg


これってイタリアでは大晦日に赤いパンツを履くことで縁起を担ぐという意味を持っており、あくまでも新品でなければ意味がないらしいです。
だからイタリア人、毎年赤いパンツを家族や恋人にプレゼントするわけですね。

このパンツ面白いのは、大晦日に履かなければいけないにもかかわらず、サンタさんのデザインがされているのがほとんど。。。
中には「賞味期限は今夜まで」なんてセリフがプリントされているものもあります(笑)

ぼくちゃん3しゃいなのでよく意味がわかりましぇ~ん(爆)


ってなことで、赤いパンツはおろか、普通のパンツさえも履くことも忘れてしまいそうな忙しさの大晦日のベルコーレのメニューのレシピがここに完成っ!!(笑)


cenone_menu_2010_03.jpg



これで心置きなくオランダ旅行楽しんでこれそうです。

戻ってきたらべファーナ(1月6日)までまたノンストップですからね(涙)


でもこれもイタリア最後のクリスマス&年越しと思うと全開でいけそうですっ!!


パンツだけは履くのを忘れないように。。。(爆)


Posted by sasuraichef | 02:05 | Comment [3] | TrackBack [0] | イタリアから物申すっ!!

09 2010

ベルコーレもクリスマス一色に。。。

すっかりクリスマス気分になってきているフィレンツェの町。


christmas.jpg


今年はフィレンツェも奮発して、あちこちにツリーや電気の飾りつけをしています。

負けじとベルコーレも飾りつけ。。。


     natale_belcore01.jpg     natale_belcore03.jpg


     natale_belcore06.jpg     natale_belcore07.jpg



1時間ほどかけて飾りつけされました。。。子どものようにはしゃいじゃってる人もいますが(笑)

このまま約1ヵ月間、1月6日のべファーナ(魔女の日)までクリスマスツリーは飾られます。
25日が過ぎるとツリーが門松に変る日本とは違い、年明けもツリーを見れるイタリアは、やっぱり今でも違和感あります(笑)

     natale_belcore17.jpg     natale_belcore16.jpg


では皆さん、よいクリスマスを。。。

                               ベルコーレ スタッフ一同

natale_belcore22.jpg





あ~、後10日で休みや~~~~(笑)


1ヶ月半休み無しでしたので。。。オランダ行ってきます!!

Posted by sasuraichef | 12:57 | Comment [8] | TrackBack [0] | フライパン交響曲第7番イ長調 作品36「ベルコーレ」

08 2010

サスライ・オークションからのお知らせ

おかげさまで、サスライ・オークションにてピアノとヒーターは落札されました。
まいどありがとうございます。チリン、チリン♪

年明けにも第二弾を企画しております。

予定ではアイロン、PC用スピーカー(ウーファー付き)、バーベルなどなど。。。

商品はまだまだ増えていくと思います(笑)




しゃて、イタリアでは本日12月8日は祝日になっていてImmacolata Concenzione(聖母無原罪の御やどりの祝日)といいます。詳しくはここをクリック!!

今日から本格的にクリスマスの飾りつけや、ラジオもどの局まわしてもクリスマスソングが流れております♪

クリスマスの思い出はやはり子供の時が一番ですね。

純粋にサンタさんを信じてた頃。。。幼稚園入園からから年長さん、そして小学校に入学と同時に夢のようなオモチャだったものが「学習道具」に変ってきた「現実」(笑)


サンタさんからの無言の「勉強しろっ!!」という声が聞こえてきたようです(爆)



そんな古傷思い出を持つサスライシェフが皆さんへ、笑いの真髄をプレゼント!!
楽しんでくださいね。









Posted by sasuraichef | 01:37 | Comment [2] | TrackBack [0] | イタリアから物申すっ!!

04 2010

サスライ・オークション開催のお知らせ。

イタリア滞在も残り3ヶ月を切りました。

日本に持って帰れないものを手放さなければならなくなりました(涙)
特に電化製品。。。

では今日の商品はこちら~♪


まず、車っ!!

「97年型 FIAT PUNTO 1.3」


IMGP0672.jpg


このタイミングで車の車検をしなければならず。。。車検をするなら保険も6ヶ月更新しなければならず、イタリアの運転免許書も更新しなければならず。。。

いろいろ迷ったのですが、最後の1ヵ月は仕事もしていないのでいろいろと流離うことになることを考えると、レンタカーを借りるより、自分の車を持っていたほうがいいという計算で、昨日車検も通しました。
当然、保険も免許書も更新済みっ!!^^

ということで、この後このマイカーも2年は車検が不必要なわけですが、帰国するにあたって手放します。
僕の所持した2年間で手を加えたのは、油圧系のポンプ交換とバッテリー交換だけです。
後ろのトランクのドアの開閉にちょいと問題はありますが、オイルとタイヤは交換したばっかりです。

故障の多い悪名高きイタリア車(笑)の中では、もう10年以上前の車ではありますが大きな問題はないので、ぜひ車を探している方、サスライシェフの車に興味を持ってらっしゃる方ご連絡ください。
イタリアマップのナビもお付けします!!ちなみに日本語もしゃべりますっ!!
お値段的には車にナビをお付けするというよりは、ナビに車がついていくるって感じでしょうか(爆)


そして気になるお値段はっ!!!!!


500ユーロ!! 


安いっ!!安すぎるっ!!もってけどろぼーっ!!(いや、もってちゃ困る。。汗)




二つ目は電子ピアノ。
CASIO privia px-300 という型です。 フルの88鍵盤、ペダル、台付き。

px300.jpg


数年前、一緒に働いていた日本人コックさんからピアノを教えてもらい、挑戦っ!!
とりあえず楽譜の読み方を教えてもらい、そしてピアノの前に座らせられると同時にベートーベンの「月光」を弾くはめになりました。
半年ぐらいかかったでしょうか。。。。一通り弾けるようになりました(笑)
そんなサスライシェフが初めて弾いたピアノ、思い出の篭ったピアノも手放します。
状態は最高によいです。

値段はぬあんとっ!! 150ユーロ!!




そして今日最後の紹介は、扇風機とヒーター。。。(笑)

写真はないですが、夏のフィレンツェの暑さをしのぐには扇風機が一番っ!!^^
そしてフィレンツェの寒さをしのぐにはヒーターが一番っ!!(爆)

ヒーターに関しては一冬しか使っていません。


しゃて気になるお値段は。。。。




各10ユーロでご提供っ!!(笑)



もし気になる商品がございましたら、書き込みでもメールでも電話でも連絡ください。

イタリア在住のみなさん、宜しくお願いします!!



                          サスライ・オークション管理人より

Posted by sasuraichef | 00:40 | Comment [11] | TrackBack [0] | イタリアから物申すっ!!

02 2010

今日のお仕事。。。

本日は結婚パーティーのご予約がありました。
今回ケーキを派手に飾り付けてくださいとの依頼があったので、3日前ほどから日本人コックサンタマリア君と空いた時間を使って砂糖細工で花を作り上げました。

粘土のようにこねて形を作り、乾燥させ、着色し、組み立てる。。。
サンタマリア君もはじめての体験でしたが、がんばっておりました。


     IMG_0958.jpg     IMG_0961.jpg


     IMG_0960.jpg



さて組み立てた砂糖細工を台に乗せ、ビスキュイに巻かれたシンプルにマスカルポーネと卵・砂糖だけを使ったティラミスを飾る。。。

こんなんできました!!


     IMG_0963.jpg     IMG_0962.jpg



ちなみに砂糖で作った花の飾りは持って帰られました。。。(笑)
しかも日本まで持って帰るのだそうです。。。(爆)

果たして原型を留めることができるのだろうか。。。

手荷物でも厳しいだろうとは思いつつも、無事日本まで着くことを祈って。。。^^


お幸せに~!!

Posted by sasuraichef | 00:22 | Comment [6] | TrackBack [0] | フライパン交響曲第7番イ長調 作品36「ベルコーレ」

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。