サスライシェフ、イタリアを喰らう!!!

イタリアで料理人として働いた13年。。。新天地を故郷鹿児島に移し夢を現実とする為に奮闘する毎日を綴ったブログっ!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by sasuraichef | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

28 2010

ス、スポンジシェフ、イタリアデビュー!?

元祖チキチキの産みの親とも言える、我らの飲んだくれスポンジシェフこと鹿児島の伊佐が生んだナイスガイ・たくちゃんは現在ミラノ近郊のLa Lucandaというレストランで働いているのですが、今回そこのシェフ・luca brasiのネットTVでのインタビューにて、シェフの後方左側でもくもくと働いている様子が映っております。

ここをクリック

すると自動的に映像がはじまり、スポンジシェフの姿を確認することができます。

いかにも狙ったようなポジション。。。(笑)

彼しかいないのか!?と思ってしまうキッチン内ですが(爆)ここのレストラン・ミシェラン1星を獲得しているすごいレストランなのであります。

思い出すこと2年前、僕の帰国時に伊佐で会ってからその3ヶ月後イタリアに渡り、パトリアルカで一緒に働き、そしてこうしてひとり立ちし、ミラノでがんばっているタクやん。。。


           俺は我が息子のように嬉しく思っているぞ(笑)


あんな酒飲みが。。。こんなに成長して。。。(涙)

あっ、そうそうここのレストランの料理も映像で紹介されています。

ここをクリック

素晴らしい料理の数々。。。

次はタクやん、君が画面の中央でインタビューを受けている映像を楽しみにまっているぞっ!!(爆)フォルツァ・スポンジっ!!

スポンサーサイト

Posted by sasuraichef | 15:30 | Comment [0] | TrackBack [0] | イタリアから物申すっ!!

27 2010

ミッション・チキチキたこ焼きの巻

今週頭にフィレンツェで活躍している職人さん集っての「第2回チキチキバンバン」が行われました。
今回は家でやったのですが、8名ものさまざまの分野の職人さんが集りましておおいに盛り上がりました。

なんと今日のメイン食材は「たこ焼き」!!

この方、自ら持参したたこ焼き機でたこ焼き作ったのですが、この方の「物を作る」姿勢、大いに見習らなければとつくづく感じた次第です。
彼は家具修理職人としてフィレンツェで活躍している方なのですが、趣味で革靴作ったりしてるんです。
趣味で革靴作るかっ!?って思うんですけどね。。。(笑)
本人いわく、せっかくやるなら中途半端なものはいかん!! らしく、その姿勢は「たこ焼き」を焼く姿にも現れていました(笑)
もうみんなビールで乾杯した後に、ただ一人黙々とキッチンに立ち、たこ焼きを焼いている姿からは「オーラ」がでているような。。。(笑)

「ビール飲まないの?」 

って聞いたら、

「この一回目の焼きが終わるまでは飲まない!!」と。。。(爆)

それだけ気合の入ったたこ焼き屋。。。違った、、家具職人は見たことないですね(笑)

     IMG_5365_20100227234752.jpg     IMG_5364_20100227234753.jpg


ただ一度で12個しか焼けないので8人もいるとすぐ無くなるんです(笑)


彼は東京出身なんですけど、参加者の一人大阪出身の方がいらっしゃいまして、

「うちはもっとでかいのあるんよ♪」


と言ってらっしゃったので、さすが大阪人は一家に一台はあるという話は事実だったんだ!!と思ったしだいです。

その後、別の関東の出身者に「焼き」「転がし」を指導している姿を確認しましたが、

「たこ焼きの神、降臨っ!!」って感じで指導されてました(爆)

     IMG_5368_20100227234751.jpg     IMG_5367_20100227234752.jpg



私鹿児島の人間は、たこ焼きって祭りの出店で食べるものだと思っているで、たこ焼き機が家にあるってのはなかなか不思議な感じ。。。

そんなことで、今回も盛り上がったミッション・チキチキ!!

最後はこの方「焼き逃げ栗タルト(笑)」お茶で〆たのでした。。。

どんな飲み会やねん。。。ププ





Posted by sasuraichef | 15:49 | Comment [8] | TrackBack [0] | 飯を喰らうっ!!

25 2010

旬を喰らうっ!!

new carc 1

new carc 2


旬の物って美味しいですよね。
今の時期山積みになった旬の物の前を
素通りできる人間ではなく(笑)

いろんな調理法で旬を楽しむ。。。

一番の贅沢ではないでしょうか。。。

「食欲の春」とはよく言ったものです。。。(笑)


Posted by sasuraichef | 17:30 | Comment [12] | TrackBack [0] | マンガを喰らうっ!!

24 2010

ペンタブ買いましたっ!!

kei1.png


kei.png

Posted by sasuraichef | 14:13 | Comment [6] | TrackBack [0] | なんでも挑戦っ!!

21 2010

フィレンツェの「珍珍電車」!?

わが故郷鹿児島にも「チンチン電車」といういわゆる「市電」と言いまして、市内の道路を走る電車がいるわけなのですが、ここフィレンツェも一週間前からようやく開通いたしました。
一週間「タダ」ということで、開通日は山のような人、人、人。。。。
トラム(市電)の前には乗車したい人がならんでおり、ディズニーランドのスペースマウンテン前状態!!
何時間待って乗れるのであろう。。。そんな人だかりを遠くから見ておったサスライシェフでした。

さてこのフィレンツェを走るトラム、5年前から工事が始まったらしいのですが、5年かけてやっと約7.5KMのラインが一本ができたのであります。
本当なら開通予定は2007年だったわけですが、賛成派と反対派が大きく分かれ政界でももめ、すでに着工していながらもいろんな問題を抱えつつ延び、また一年延び、さらに延び、最終的には昨年の12月開通予定だったのですが、試運転にて見事脱線っ!!(笑)&大破っ!!(爆)
年を越し、一週間前のバレンタインデーの日にようやく開通となったのです。

このライン、当初の計画では工事費2億2600万ユーロと見積もられていたのですが、それでホントにおさまったかは疑問。。。昨年よく目にした光景では、莫大なお金をかけレールの間に敷かれた芝生のような植物。これが町を潤す緑になりはずだったのですが、開通前にすでに枯れ、タバコや空き缶などのゴミで埋まっていたのも悲しいかな、ここイタリアという現実。

工事費もいろいろ掲示されていますが、どれが本当やら。。。(笑)

そしてまだ問題になっているライン2とライン3の計画。。。

そんなこんなで、市民の希望と不安を乗せたフィレンツェの珍珍電車(爆)
明日から有料になりますが、どうなりますことか。。。

Posted by sasuraichef | 01:44 | Comment [7] | TrackBack [0] | イタリアから物申すっ!!

18 2010

サスライシェフ、マンガを喰らうっ!!

いや~、ちょっと前からやってみたかった事。。。
その一。。。

comic1_20100219002222.png


こんな感じでマンガ風にもしてみたかったのですよ。。。(笑)

今回はマウスで書いてしまっていますが、PC用のペンを導入したいとちょっと考えています。

フィレンツェでどこに売っているか知ってる人?

教えてください。


小学校の時。。。幼稚園から幼馴染の友人と、いろんなことにチャレンジしてきたのだが、その中でも結構はまっていたのがマンガ描き。

デビルマンとかアラレちゃんとかのマンガのタッチで「ほぼコピー」っぽいもの描いてたりしたんですけど(笑)
今だと訴えられそうな(爆)

でもなんか漫画家目指そうと思っていた時期もあって、Gぺんやらスクリーントーンなんかも持ってたな~。。。

それぐらい漫画描くのは好きだったわけで、前々からブログでも描いてみたいと思っていたのですが、今日、そのプログラムを発見し、ちょっと試しに書いてみたわけですゥ!!

時間を見て日々の笑い日々の生活を4コマ漫画的にしていきたいと思ってもおりやす。

そのうち、どこかの編集者から声がかからないだろうか。。。(笑)


そんなことでこうご期待っ!!(爆)

Posted by sasuraichef | 16:33 | Comment [7] | TrackBack [0] | なんでも挑戦っ!!

17 2010

10時間も。。。

イタリアに戻ってきてから、仕事をはじめて一週間。。。
初めての休みの日だったのだけど。。。


 目覚めたの、昼1時でした(笑)



しかも、携帯の呼び出し音で起きてしまったので、これがなければ確実にまだ眠り続けていたでしょう。。。(爆)

良く考えると、クリスマスからここまで爆睡することなかったんです。。。

クリスマスから年末年始、そしてそのまま帰国してしまって、睡眠時間5~6時間の嵐のバカンスを過ごしたわけですから。。。

あと、記憶にも新しい「消防車事件」の一件で、僕、どうも負傷しているもようなんです。

パニック状態から、不動のドアを押したり引いたり、蹴ったり叩いたりした時に、どうも右胸を痛めてしまったみたいで。

ちょっと肋骨にヒビでもはいってるのかななんて言ったら、みんなから肋骨折れれたらもっと痛いはずという言葉を頂きまして、まァ、スジでも痛めたのだろうと、毎晩シップやクリーム塗っているわけです。。。

歩くのは問題ないのですが、ジョギングするには痛みがあるので只今、ウォーキングのみ。。。


後、笑うと胸が痛むのですがなにせうちのキッチン、あらゆるところに笑いの種が落ちているので、しょうもないことで胸が疼くのです。


  今週のキーワード     「ラマダンとハマダン(浜田)」


現場にいた人間しか分りませんしあえてここでは説明しませんが、かなり胸が痛かった。。。(笑)

まさにその姿はピッチの上で胸に手を当て持病の心臓病の為、真っ白になってしまったキャプテン翼のガラスの貴公子こと三杉淳のよう。。。

キッチンの中でフライパンを片手に持ったまま胸に手を当てて、真っ白(いやこの場合火を扱ってる為、真っ黒か。。。)にならないようにしなければ(笑)

キッチンの貴公子なんて洒落にならんから。。。(爆)


                   kyapop.jpg

Posted by sasuraichef | 12:00 | Comment [8] | TrackBack [0] | なんでも挑戦っ!!

15 2010

日本航空とアリタリア航空の違い。。。

約1ヶ月前、日本滞在中に飛び込んできたニュースの1つで。。。

JALは昨年末、約1300億円の最終赤字を抱えたのち、今年1月19日に「会社更生法」の手続きを申請し事実上破綻。負債額は約2兆3221億円をだしたというニュースは、まだ記憶に新しいだろう。

ここイタリアが誇る、イタリアの航空会社「アリタリア」も2008年8月、経営不振や政治的問題などで売却するしないでエールフランスや労働組合、そして首相ベルルの三つ巴戦の泥沼状態でもめた後、約1,800億円の負債を抱えて会社更生手続きに入ったのは、たった1年半前の出来事。







                          そ~れ~が~。。。







    246152.jpg      246162.jpg


ぬあんとっ!!、2010年世界スーパーバイク選手権に、アリタリアのスポンサーで参戦する。。。

その名も「アリタリア・レーシング 」!!(笑)

しかも、ライダーはイタリアンライダー・マックス・ビアッジ!!

年間約10カ国以上を転戦し、数億ともいえる資金が必要となる「レース」のメインスポンサーをする「アリタリア」様。

会社更生法後の道しるべを日本航空さまにも伝授してあげてください(笑)

Posted by sasuraichef | 16:58 | Comment [5] | TrackBack [0] | イタリアから物申すっ!!

13 2010

ほろ苦い思い出、バレンタインデー。。。

さて気がつけば2月も中旬。明日はバレンタインデー。
今でこそ大の大人となり、冷静にこの日の意味が「企業戦略」に躍らされていることに気づき始めた今日この頃ですが。。。(笑)

小学生の頃この日が近づくと「ソワソワ」し、下駄箱と机の中を綺麗にし(笑)、当日もなぜか一人で行動する時間も多くなったり。。。

そんな努力も空しく。。。完全な義理チョコのみ。。。(涙)
帰り際、教室の出口で出て行く男子に順番に配ってるし。。。食料物資の配給かっ!!(笑)「ギブミー・チョコレ~トォ!!」(爆)

料理人となった今分かる「テンパリング(温度調整)」を確実に間違っていたであろう代物の数々。。。(涙)

それさえも大事に少しづつ食べていた自分。。。(爆)

あ、遠い記憶の中にこんなこともあったような。。。なかったような。。。



バレンタイン当日、前日までの期待と希望の中で捲る捲る思いとは裏腹に風邪をひきダウン。
午後、下校時間に「ピンポーン♪」となる玄関のベル。

ふらつく頭と火照る体に気合を入れ、いざ玄関へ。

ドア越しに何気なくわかる気配。。。期待大っ!!ムフフっ♪ラブっ!!


そしてドアを開けると。。。





そこに立ってヤロー二人。。。





 「給食のおまえの分の、パンと牛乳。。。」

パンと牛乳。。。
パンと牛乳。。。
パンと牛乳。。。
パンと牛乳。。。
パンと牛乳。。。
パンと牛乳。。。
パンと牛乳。。。
パンと牛乳。。。
パンと牛乳。。。
パンと牛乳。。。
パンと牛乳。。。
パンと牛乳。。。
パンと牛乳。。。
パンと牛乳。。。
パンと牛乳。。。
パンと牛乳。。。
パンと牛乳。。。
パンと牛乳。。。
パンと牛乳。。。
パンと牛乳。。。

鼻から牛乳。。。_| ̄|○



そんな「ほろ苦い思い出」を胸に、街中のラブラブカップルに向けて、明日の「バレンタインデーメニュー」の仕込みに追われている、36歳サスライシェフであった(爆)


Posted by sasuraichef | 09:45 | Comment [4] | TrackBack [0] | イタリアから物申すっ!!

11 2010

イタリア戻ってきて、一発目っ!!(爆)

イタリア戻ってきて、さて仕事をはじめまっせ!!という朝。。。

午後からの仕事だったのですが、ここ1ヵ月間のクセがぬけないのか時差ぼけなのか、睡眠時間5時間という状態で起床。 ベットから抜け出し、眠気眼のまま台所でコーヒーをいれはじめ、なにげなく窓の外を見ると、駐車スペースがあるじゃないですかっ!!
というのもフィレンツェは週一回、夜中の路上掃除のため車を移動しなければならないのです。それが昨夜だったので別のところに移動していた車を家の前に戻そうと思ったのです。

そのまま寝巻き姿に爆発した寝癖付きの髪の毛&ちょっと小汚いジャンバー着て、車のカギもって出たのです。

車のカギをもって出たのです。
車のカギをもって出たのです。
車のカギをもって出たのです。
車のカギをもって出たのです。
車のカギをもって出たのです。
車のカギをもって出たのです。
車のカギをもって出たのです。
車のカギをもって出たのです。
車のカギをもって出たのです。
車のカギをもって出たのです。
車のカギをもって出たのです。
車のカギをもって出たのです。
車のカギをもって出たのです。
車のカギをもって出たのです。
車のカギをもって出たのです。
車のカギをもって出たのです。

車のカギしか持たず出たのです。。。

「ハッ」っと思ったときはすでに遅し。。。

勝手に鍵がかかるドアを外から閉めてしまいました(涙)

家のドアのカギをもたないままでたので、入れない。。。

起きたばかりだったので、他の部屋の窓とかまだあけておらず。
窓はカギどころか雨戸まで閉まっている状態。。。(笑)

携帯もない。
大家の電話番号も家の中。
相方まだ日本。。。

そんな状況に投げ出された僕は。

まず、とりあえずドアを押してみます。
押してみます。
押してみます。
押してみます。
引いてみたりもします。
引いた見たりもします。
足を使って蹴ってみたりもします。
足を使って蹴ってみたりもします。
足を使って蹴ってみたりもします。
足を使って蹴ってみたりもします。

イタリアの家のドアを知っているかたならご存知でしょうが、でっかい分厚い木製のドアは「うんともすんとも」しません。。。(号泣)


5分くらいいろいろ試したでしょうか。。。

その間にも上の階から人がおりてきたりして。。。(笑)

人間、寝癖&寝巻きの状態でパニクリながらいろいろドアをおしたり引いたりしている時は、足音がするとなぜか。。。

「ブゥオンジョルノ~」

なんてドアから手を離し、なぜか平静を装い冷や汗をかきながら挨拶している自分に気づく(笑)

自分の家のドアの前なのに、なぜか完全に知らない上の階の人とは「泥棒」と間違ってもらいたくない、特にここはイタリアだから、僕みたいなアジアの顔した人間が怪しい行動(しかも小汚い格好)をとっていると、後々ややこしくなるという感情から、このような行動にでていたわけなんです(爆)

監視カメラでもあったら、後で見て大爆笑しちゃうんでしょうけど。。。(笑)

ま、ちょっと時間もたち平常心を取り戻してくると。。。

ようやく下の階(ちょっとはお付き合いのある)に行き助けを求めようと考えることができたのです(笑)


携帯も持っていなかったので、電話をかり「消防」に電話(笑)

現状を伝えると30分ぐらいしてから、消防車が到着
中から4人の重々しい格好をした消防隊が降りて来ると、ものの3秒で開けてくれました(早っ)
そして、そのまま何もなかったかのように走り去っていきました。

この時ほど、イタリアの公務員がかっこいいと思ったことはありません(笑)

ってなことで、仕事始めの朝からこんな事があったのです。。。(笑)

 今年もがんばろっ!!(爆)






Posted by sasuraichef | 15:46 | Comment [13] | TrackBack [0] | イタリアから物申すっ!!

09 2010

鹿児島最後の夜・重富荘一夜限りのスペシャルコラボレーションディナーより

さて鹿児島最後夜を飾った「島津重富荘」にての「一夜限りのスペシャルコラボレーションディナー」が無事終了しました。
今回の夕食会は前週のプライベートディナーとは違い、重富荘の総料理長宮元シェフと料理を交互に出していくということで、担当する料理もいつもの半分ということで若干気分的には楽だったのですが、何せここはフレンチのキッチン。飛び交う言葉がすべて「フランス語」だったので、イタリア語と鹿児島語(弁)しか分らない僕はなぜか動揺していた(笑)
前日にキッチンに入り仕込みをしていたのですが、ここのキッチンに入って感動したこと。。。

     sigetomisou_05.jpg     sigetomisou_14.jpg

キッチンの床に「赤いカーペット」が敷いてあること。
う~ん、長い時間の立ち仕事の僕らには疲れも半減され、なにより意識して汚さないので逆にいつも綺麗。

もらった!!(爆)

いつか自分のキッチンがもてたらこうしよう^^

     sigetomisou_15.jpg     sigetomisou_06.jpg


そんなことで今回のコラボ、数日前の打ち合わせの時点で「フレンチとイタリアンの違い」といことを改めて考えることになったのだけど、郷土料理レベルのフレンチとイタリアンの違いははっきりとしているだけど、それらのスタイルを創作的に飾り盛りつけていく自分たちの料理はというと、あまり違いがでてこないわけ。。。むしろ宮元シェフと感性が似ているというのを数週間前に宮元シェフのお料理を頂いた時に感じていたんです(笑)
だから今回は今現在お互い自分たちがとっているスタイルをそのままでいこうという事になったのです。

「フレンチとイタリアンの違い」

そう問われると・・・しいて大まかに違うと言うならば「パスタがあるかないか」(笑)

ってなことで、今回手打ちパスタをメニューに組み込みこみました。


当日開宴前、ちょっくら会場を覗いてみますと。。。
いや~なんとも素晴らしい光景が。。。

     sigetomisou_03.jpg     sigetomisou_04.jpg


島津の別荘として使われており、その時代の形を今も残している「オトヌ」。
深い茶黒いツヤのある床やテーブルの上に「ゆらり」とやさしい光を放っているキャンドル。
奥の窓の真っ黒い闇の中に浮かび上がる、樹齢120年の満開の白梅。

     sigetomisou_16.jpg     sigetomisou_17.jpg


幻想的な景色を見ながら、僕も席について食べてみたい。。。なんて思いつつ(笑)


さて今回のお料理を紹介。
突き出しは宮元シェフと私のデュエットで「糸島マガモのコンフィをクロケットに、フォアグラのエスプーマと安納芋のスープとともに」と「鹿児島近海ひらめのカルパッチョとチンタセネーゼのラード、鶉のポーチドエッグに赤ピーマンのピュレを添えて」
そして前菜は「オマールエビのパルフェとそのサラダ、オレンジのシュミゼ・その爪のタルタルサラダとマンゴーのヴィネガー、ゆずの泡」を宮元シェフが。

     sigetomisou_19.jpg     sigetomisou_20.jpg

僕は続いてイタリアと言えばパスタ!!「ペコリーノチーズのラビオリ、鹿児島豚と指宿ソラマメのラグー」を送り出し、宮元シェフの「アマダイをパリパリの鱗焼きに、そのアマダイの旨味をコンソメ仕立てにして大根と菜の花のルーラード」が続く。

     sigetomisou_21.jpg     sigetomisou_22.jpg

肉料理には僕の「蜂蜜風味の鴨胸肉のロースト、ムラサキイモのピュレと“パンペパートソース”」。
プレデザートには宮元シェフの「鹿児島川前紅茶のソースをスープにしてラベンダー蜂蜜風味の牛乳をジュレにして」に続き、僕のデザート「桜島」。

     sigetomisou_23.jpg     sigetomisou_24.jpg

     sigetomisou_25.jpg     sigetomisou_26.jpg

     sigetomisou_27.jpg     sigetomisou_28.jpg

五感で楽しめるコースの最後を飾るにふさわしく、鹿児島の命「桜島」をテーマとして作り上げましたこのデザート。
桜島の前に広がる錦江湾をチョコのソースで。そして溶岩をビスケットで。
中身はといいますと。。。

ここをクリック

クリックしてもらった先に全ての料理の感想が書いてあります(笑)

ってなことで、キッチンの中の様子も写真にUPしてみます。
15人ほどのコックさん達が働き盛りつける現場。圧巻ですっ!!

     sigetomisou_08.jpg     sigetomisou_07.jpg

     sigetomisou_09.jpg     sigetomisou_11.jpg

     sigetomisou_10.jpg     sigetomisou_12.jpg

     sigetomisou.jpg     sigetomisou_02.jpg

そしてそのテキパキとした動きから盛りつけられていく料理達。
一つの皿を完成させていく想いは、フレンチもイタリアンも同じ。最高に楽しい時間が過ごせました。
今回一緒に働けた皆さん、本当に感謝しています。
またいつか一緒に料理作りたいですね。

ってなことで宴も終わりに近づきまして、もう一つのサプライズ。
ここ重富荘をプロデュースしている「フレンチの鉄人坂井シェフ」を交えましてトークバトル。

     sigetomisou_29.jpg     sigetomisou_30.jpg

いや~、料理人になろうと思っていた十数年前、「料理の鉄人」で魔法のように料理を作り上げていくムッシュの姿を見て、いつかこんな料理人になりたいと思っていたあの頃。。。

ムッシュとトークバトルできている今の自分に。。。


 「秀樹感激っ」(笑)


・・・って、よくこの人が書いてますけど(爆)

そんな気分とは裏腹に、ムッシュも宮元シェフも気さくな方なので、楽しい時間が過ごせました。

みんなで写真もとりまくり。。。気がつくと11時半。。(爆)

     IMG_5762.jpg     sigetomisou_33.jpg

     sigetomisou_31.jpg     sigetomisou_32.jpg

鹿児島最後の夜をこんなに楽しく過ごせたのは「重富荘」の皆さんのおかげです(笑)
またいつかどこかで会いましょう!!

ちなみに重富荘さんのHPのブログに記事UPされていました。
ここをクリック

ついでに鉄人坂井シェフのブログ「ムッシュ坂井の独り言。。。」にも
ここをクリック


PS:次の日には東京へフライト。。。そしてその2日後にはイタリアへフライト。。。
2時間ほど前にフィレンツェに戻ってきました。。。けっこうハードだったのでUP遅れましたけど。。。
今回お会いできた方にはまた、今回お会いできなかった方には次回はぜひ。。。
またお会いできる日を楽しみにしていま~す。CIAO!!

Posted by sasuraichef | 02:13 | Comment [11] | TrackBack [0] | なんでも挑戦っ!!

03 2010

伊佐、最後の日

バカンスも気がつけば残り1週間(涙)
伊佐滞在も今日が最後。明日から2日間鹿児島でその後2日間東京。。。

ほんとに今までにない早さで過ぎて行った今回のバカンス。
いろんな人との出会いから食材探しまで、東西南北走りぬけた一カ月でした。

同級生に会ったのは、一昨日がはじめてだったし。。。(笑)
残りの一週間頑張っていったろっ!!

そんなことで昨日今日とちょっと時間に余裕があったので、伊佐の温泉に行ってきました。
その足で伊佐の名所「曾木の滝」へ行ってきたのだけど。。。

こんなもの発見っ!!

     IMG_5311.jpg     IMG_5316.jpg


     IMG_5320.jpg     IMG_5317.jpg


なんとこの曾木の滝、「平成百景」という全国の有名な景色の中を選んだ順位の中で、なんと24位っ!!(驚)
ちなみに1位は富士山。なんでも百景の中には鹿児島は3か所ランクインされてるみたいで、屋久島の縄文杉と鹿児島の桜島、そしてここ伊佐の曾木の滝なんです。
「東洋のナイアガラ」という異名をもつほどの幅210メートル、高さ10メートルの壮大な滝は、他に類を見ない滝なのでしょう。皆さんも伊佐にいらっしゃる時は、ぜひこの「曾木の滝」を見てみてください。
 そして市内に近い小高い丘の上にある諏訪神社。ここからは伊佐市大口の全景が見渡せる展望台がございます。
2年前はがけ崩れの影響で閉鎖されていたのですが、今回行ったときは整理されていました。
 大口盆地と言われるだけあって山に囲まれ、冬は県内での最低気温を、夏は県内での最高気温をたたき出す、寒暖の差の激しい土地なのですが、その寒暖の差が生み出す「伊佐米」をはじめ、今では「焼酎ブーム」という言葉が全国で定着していますが、この「焼酎」という文字が歴史上、日本史で一番古く残っているのが「郡山八幡神社」の境内の柱の継ぎ目に描かれていた大工の落書き痕なのです。

その内容は「ここの主は俺ら大工に一杯も焼酎を振るまわなかった」という文句らしいです(笑)
そんな大工の落書きが焼酎の歴史を変えてしまったわけで。。。(笑)


ま、そんなことで、おいしい食べ物はもちろん、素晴らしい景色の残る伊佐。
皆さんもぜひいらしてくださいね。

伊佐最後の夜からでした。

Posted by sasuraichef | 23:00 | Comment [6] | TrackBack [0] | サスライ・股旅・一人旅・・・のち時々二人旅

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。