サスライシェフ、イタリアを喰らう!!!

イタリアで料理人として働いた13年。。。新天地を故郷鹿児島に移し夢を現実とする為に奮闘する毎日を綴ったブログっ!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by sasuraichef | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

30 2009

バカンス4日目~最終日まで

8時に起床。昨日とおなじくマナローラのきれいにみわたせる場所へ散歩。
ホテルで朝食をとり9時半に出発予定のため、ロビーでチェックアウト。

                   sangimignano2009estate.jpg
                      マナローラのホテルの前にて

この時ホテル側から、駐車場まで500メートルぐらい(超急な上り坂)なので、小型バスを手配してあげるとのこと。。。。。。。が、待てども待てども何もこない。
20分ほどしただろうか。一台の軽トラがホテル前に横づけ。「えっ!?これが小型バス?」(笑)
「軽トラ」って助手席しか空席はなく、伯母と荷物を荷台に乗せ駐車場に向かわせる。
僕らは汗だくになりながら歩いて駐車場へ。
駐車場と言っても僕の車はそのまだ先の路上に止めてあるので、さらに汗だくになりながら車をとりにいく。
ここでちょっと緊張していたのが、路上に停めていた車がキップきられてないか!?(汗)
時折赤い紙がワイパーに挟んである車を見てちょっとやばいと思っていたけど、僕の車は無事でした。
ホっ。。。

ってなことで車は再びフィレンツェ方面へ戻り、そのまま中世のマンハッタン・サンジミニャーノへ。
途中の高速では反対車線が何度も長い渋滞になっていて、ちょっとドキドキしてたんですけど・・・
なぜなら、お昼の一番暑い時に、クーラー無しの車で渋滞はまっちゃったら、確実に脱水症状でしょう(笑) でも、特になにもなく無事サンジミニャーノ着きました。

     sangimignano2009estate_11.jpg     sangimignano2009estate_12.jpg

 町の中に入るもすでに1時半ほどだったのでお昼をとることに。
サンジミニャーノの正面入り口から100メートルほどの右側にあるレストラン・ベルソッジョルノには僕の旧戦友ナポリ人のジョバンニがシェフを任されているところときいていたので、そこに入ってみることに。
テーブルに着くと同時にジョバンニが出てきてくれて久しぶりに挨拶。テーブルも一番奥の場所に座り、ガラス張りの向こう側にはトスカーナ独特のなだらかな丘の景色が180度に広がり最高の場所でお昼を。ジョバンニのおごりでスプマンテとチーズのアペタイザーもいただきました。
軽く食べるので一人一皿づつ食べることにしたのですが、盛りだくさんでやってきた伯母オーダーの生ハムとイチジクを味見してみると、分厚い切り方ながらシットリしている生ハムは極上の美味しさ。。。。つめたーいイチジクとの相性もバッチリ。
後で聞いちゃいました。生ハムの販売先。。。(笑)

     sangimignano2009estate_13.jpg     sangimignano2009estate_14.jpg

     sangimignano2009estate_16.jpg     sangimignano2009estate_15.jpg

僕は簡単に牛のタリアータ。これまた柔らかくBUONO。
食後はキッチン中見せてもらって、それから灼熱の中心地へ。

通りの両側のショーウインドを見ながら、上り坂をひたすら上がると中央広場の前にありました、ジェラートの世界チャンピオンの店。何度も世界一位に輝いたジェラートとならば食べておかなければならず、試食に!!(笑)

     sangimignano2009estate_02.jpg     sangimignano2009estate_03.jpg

     sangimignano2009estate_20.jpg     sangimignano2009estate_19.jpg


店は行列。僕は相変わらずこの道一筋に「牛乳味」いわゆる日本で言うソフトクリームだろうか。。。

世界一位のソフトクリームを堪能した後は、目の前で楽器の生演奏が。。。
しかも踊り子付き。 どうらやフランス人らしい。

     sangimignano2009estate_22.jpg     sangimignano2009estate_23.jpg

     sangimignano2009estate_08.jpg     sangimignano2009estate_18.jpg
サンジミニャーノの名物、猪肉を使った加工品と「拷問博物館」入り口でお約束のポーズをとるシェフ


珍しい楽器もありひと時の音楽とダンスを楽しんだ。
そのままサンジミニャーノを後にしてフィレンツェへ戻る。
途中「ミケランジェロ広場」により伯母達をホテルに送り一度家へ。夜はリクエストでピザを食べに車で10分ほど飛ばす。

     sangimignano2009estate_24.jpg     sangimignano2009estate_25.jpg
     ミケランジェロ広場では新婚さんが記念写真を撮影していた。なんでも絵になる外人さん

ピザ屋といえども団地街にあるのだが、テラスもありピザも美味しそう。
ここで有名な水牛のモッツァレッラとブッラータを前菜につまみ、みんなで3種類のピザを食べる。
ここでもお喋りとピザを楽しみ、夜は更けていくのであった。


  5日目は、と言いたいところだけど、この日の夜からベルコーレにでなければならなかったので、午前中だけ伯母たちに同行。あのミケランジェロの未完の「ピエタ」があるドゥーモ美術館やベッキオ橋周辺を探索して、僕らは撤収。。。

     sangimignano2009estate_09.jpg     sangimignano2009estate_10.jpg
       街角の動かない大道芸人にチョッカイをだす子供。アッカンベーって感じ(笑)

 夜の営業時には伯母達に僕の料理をゆっくり堪能してもらいました。
っと言いたいところだったけど、この日は8月で一番忙しかったと思われるほどお客様がいらっしゃいまして、一段落終わった時にホールにでるも伯母達はすでにデザートを食べてる最中。。。(笑)

     sangimignano2009estate_04.jpg     sangimignano2009estate_05.jpg

     sangimignano2009estate_06.jpg     sangimignano2009estate_07.jpg

それからいろいろ話したり写真撮ったりで、バカンス明け初日の「いきなり全開モード」一日は終わったのでありました。いきなり全開モードはこたえた(爆)


 6日目の朝は二人ローマへ3日ほど滞在するので駅まで見送り。最近できたばかりの「AV(超特急)」での出発とあって、見送りする僕もなぜがドキドキ(笑)
荷物をAVの中まで持っていったので、ちょっと一等席見ましたが、かなりゆったりした設計。いつかはこの席に乗りたいと願いながら見送るのでありました。


ここからは伯母達は3日間ローマで過ごし、僕らはベルコーレで仕事の毎日。。。(涙)


8月27日、3日間のローマの旅から戻ってきた伯母達を迎えに行き、その日の夜7時帰国へのフライト準備のため家につれてくる。僕が昼食を作る間、荷物と格闘する二人(笑)
なんとか一人25KGにまとめ上げるも「アリタリア(20KGまで)」ってことで5KGオーバーがちょっと気になりながらもお昼を食べコーヒータイム。
5時半ぐらいにでればよかった所を、ちょっと早めに5時に出発。。。。


    「ここから起こる事は誰にも想像つかなかった」


。。。。。荷物を僕の車に積みみんなすでに座席に座ったところで、僕も車に乗り込み、キーを鍵穴に差込みまわすも、「うんともすんとも言わず」。。。。
 なんども回すのだけど。。。。。。

     し~~~~ん。

車が動かない。。。。 _| ̄|○
この数日間、長旅でがんばってきたのに、ここにきて息絶えた。。。(涙)

とりあえずボンネットを開けるもぜんぜん分からず。隣に住んでいるおじいさんが通りかかって、わざわざバッテリーチャージャーを持ってきてくれるのだが、結局動かず、原因不明。5時半をまわってしまったので慌ててタクシー会社に電話することに。
タクシーは3分で到着し、荷物も乗せ変え、いざ空港へ!!

空港でチェックインする時にもカウンターの前で結構な時間ブロックされている二人。さては荷物の重量オーバーか!?と思いきや、どうやら機械トラブルで、荷物への「タグ」が発行されないらしい。。。。(笑)

なんとかタグも発行され、搭乗口まで送りご挨拶。
ボディチェックも無事通過。搭乗口への通路に消えていった二人の姿を見送ってから、タクシーでベルコーレに。この夜久しぶりに雨がぱらついた。
ずーっと天気に恵まれた二人。普段の行いがよかったのですね。

なんて思いきや、次の日帰国した二人から届いたメールに書かれていたことは。。。。

 「フィレンツェ空港を出発が25分ほど遅れ、ローマでの乗り換え時に他の日本人家族のトラブルで乗り換え時間さらに短くなり、けっきょく乗り換え時間20分だけで成田へ出発。
成田へ着いたら、預けた荷物は届いてなくて、手荷物だけで自宅へ戻ってきたらしい(笑)」
ま、乗り換え時間が20分ってことは、荷物の運搬が遅れるのも当然。

さらに今日29日のメールで、預けた荷物が自宅に届いたとのことで、ようやく長旅も終了ってことでした。

楽しかった旅行でした。いろいろありましたが、それも旅の思い出。
また一緒にイタリアを旅しましょうね。CIAO!!


                      次回・近日予告編

其の一:「愛車の運命はいかにっ!!!!」
其の二:9月3日よりレストランベルコーレ、秋のメニュー始まります。そこら辺の記事UPしていきます。
其の三:9月13日に迫ったカボチャ彫刻コンクールへの挑戦の日々(まだカボチャ見つけてない・笑)
其の四:9月19日、ワイナリー・ブリケッラでの晩餐会にて料理を担当予定。

スポンサーサイト

Posted by sasuraichef | 12:41 | Comment [4] | TrackBack [0] | サスライ・股旅・一人旅・・・のち時々二人旅

26 2009

バカンス3日目の巻っ!!

8時に起床してしまった私サスライシェフ。集合時間の10時までは時間がありましたので、早朝散歩がてらにマナローラの町が見渡せるポイントのベンチ座り、ペンと紙を手にスケッチ開始
清清しい空気と海の香りでスケッチもバンバン進む。

・・・・・・が~~~~っ!!同じ方向に向いていない、同じ色をしていない建物を眺めては、スケッチしている作業を繰り返していると、どこを描いているのか分らなくなる(笑)
増築に増築を繰り返し、カラフルな色に染まった町はまさに「九龍城」!!(爆)
そんな風景をスケッチしようとした自分のおろかさに気がついた時はすでに9時。ホテルにもどり出発の準備をして10時にホテルをでたのでありました。
マナローラから隣村のリオマッジョーレまでの間にある「愛の小道(via dell amore)」を1kmほど歩きながら、どこまでも透き通るような海を見ながらも、反対側の切り立った崖っプチに並ぶ「ブドウ畑」のぶどうの木には圧巻。機械なんて入らない。全部手作業で行わなければならないブドウ栽培をしている方々の努力に脱帽。。。

     3日目愛の小道18     3日目愛の小道16
   愛の小道のある「恋人たちの愛の誓い」の証である南京錠と正しいベンチの使い方(笑)

     3日目愛の小道25     3日目愛の小道21
   釣りする人、泳ぐ人、透き通り海を見ながらの「愛の小道」。30分ほどで隣町に。。。

     3日目愛の小道13     3日目愛の小道14
      こんな傾斜面の厳しいところに並ぶブドウ畑。すべて手作業のみで収穫する。

そんなこんなで、リオマッジョーレに到着。リオマッジョーレの町はチンクエテッレの中でも一番大きいのではなかろうか。駅もあるのだが、山と山の間に出来た駅のホームは狭く、停車中の列車は先頭と後部車両はトンネルの中って事にも驚きっ!!

     3日目リオマッジョーレ03     3日目ポルトヴェネレ80
  駅に停車中の列車。前も後ろもトンネルの中。  海から見るとこんな感じ。入りきってない(笑)

     3日目リオマッジョーレ13     3日目リオマッジョーレ09
              ここリオマッジョーレの村。漁師さんの村って感じです。

 リオマッジョーレでポルトベネレ行きのフェリーのキップを買い、乗り場で待つも目の前に現るは、まさに「難民」の船のように甲板の上には人がいっぱい(笑)

                    3日目ポルトヴェネレ29

おかげさまで、ここリオマッジョーレが大きな町だけあって降りる人がほとんどだったので、乗り込むときは全然がらがらの状態だった。
 船は出港し、いざポルトベネレへ。

     3日目ポルトヴェネレ01     3日目ポルトヴェネレ21

しかし20分ほどの旅の途中に現れる摩訶不思議な建物や集落らしきもの。
断崖絶壁に張り付いている民家らしいもの。上にも下にも「道」らしき「道」はみえず、どのような理由でこんなところに建物を建物を建てたのか疑問に思う。その前にどこから材料を持ってきたのかが一番の疑問であるが。。。。。(笑)
そんな景色をながめながらも目の前に突如現れたのは「要塞のような教会」
ポルトベネレの入り口を守る建物であり、一見要塞のようではあるけれど実は教会なのです。
それを眺めていると、ポルトベネレの港も見えてきました。

     3日目ポルトヴェネレ09     3日目ポルトヴェネレ16

カラフルな建物と青い空、青い海。  どれをとっても絵になってしまうきれいな町並み。
 そうしていると港に着きポルトベネレに上陸。
サンサンと輝く太陽は眩しいながらも、潮風はさわやか。。。。
お昼まではちょっと時間があったので、とりあえず町を散策。トスカーナの内陸の町とはまた違った感じ。でも1つ共通点があったと言いますと、建物の窓から下げられた「風になびく洗濯物」(笑)
またこの洗濯物も生活感あっていいんですけどね。

     3日目ポルトヴェネレ12     3日目ポルトヴェネレ12


     3日目ポルトヴェネレ15     3日目ポルトヴェネレ59


果物もいろいろでててつまみの為に数個購入。平たい桃とイチジク。ジェノバペーストの美味しい店もあったので購入。やはり本場のペーストは味が違いますな~。ジェノバで取れるバジルをトスカーナに持っていって植えても、トスカーナ産のバジルに変化してしまうってほどですからね。
その土地に行ってそこで食べるってのが、やはり「本物」なのでしょうね。

     3日目ポルトヴェネレ17     3日目ポルトヴェネレ18
      上から覗いているのは。。。。。巨大チェス。ここまで大きいとカンロクあります。

お昼は、そのペーストを買った店員さんに聞いたレストラン。場所は要塞教会の下。5メートル先には海が広がるバケーション。お店の感じもよく、でもこんなところに限って冷凍物の魚だったりするんだよな~と思っていたら、ちゃんとお店の中にありました。

     3日目ポルトヴェネレ44     3日目ポルトヴェネレ46


     3日目ポルトヴェネレ42     3日目ポルトヴェネレ58


水槽の中にはオマール海老・伊勢海老・牡蠣・ムール貝などがびっしりっ!!これは期待できると思って注文したら、期待に応えてくれました(笑) 新鮮な魚を使った前菜やパスタ、サスライシェフも満足なりっ!!

     3日目ポルトヴェネレ43     3日目ポルトヴェネレ52

その後はちょっと町を探索し、昨日海に入った時から絶対に欲しいと思っていた「水中眼鏡」を購入。
そのままフェリーに乗り、リオマッジョーレ経由でマナローラの村まで戻ったのでありました。
ホテルに戻るいなや海水パンツに履き替え、水中眼鏡を持って海へ。
いや~、シュノーケルっていいですな~。水の中って別世界。
沢山魚もいますが、驚いたことに昨日2メートルくらいだと思っていた海底。メガネかけて見たら実は5~6メートルあった(驚!!)
でも海底まで見えるんです!!!!
1時間ほど魚と一緒に泳ぎ、シュノーケルを楽しんだ後は夕食までお昼ねタイム。。。。。
夕食もこれほど眺めのいいところはないと、前日と同じレストランに行き沈み行く太陽を水平線の彼方に見つめながら、魚介いっぱいの料理を楽しみむのでありました。

     3日目マナローラ06     3日目マナローラ08


 3日目はこんなところです。
 
下の文字をクイックしてくださると、冬のチンクエテッレの映像を見ることができます。
   「Cinque terre(チンクエテッレ)」   

 あと、こちらもお供の者のブログです(笑) また違った視点からどうぞっ!!
   「自転車娘フィレンツェを行く」

Posted by sasuraichef | 14:30 | Comment [6] | TrackBack [0] | サスライ・股旅・一人旅・・・のち時々二人旅

25 2009

バカンスから戻ってきました。

さんお元気でしょうか?長い事留守にしておりました。
5日間のバカンスをいただきましたが、イタリアにいて「夏」にバカンスを取るのははじめての出来事だったので、一般の民と同様、観光はもちろん、イタリアの海も楽しんできました。

今回のバカンスは日本からの「伯母&いとこの嫁」と同行して、まだ僕自身行ってなかったフィレンツェのウフィッツィ美術館をはじめ、斜塔の有名なピサ、そして世界遺産に認定されているチンクエテッレ、中世のマンハッタンことサンジミニャーノと、灼熱の太陽の光が降り注ぐ中、クーラー無しの車で走りぬけた楽しい5日間でした。

1日目: 
 ウフィッツィ美術館では友人のガイドさんにより絵画や彫刻の説明はもとより、歴史的背景なども聞きながら堪能。ベッキオ橋付近など散策後、夜はキャニーナ牛のTボーンステーキを食べに「ラ・ピアッツェッタ」ヘ。伝統的なトスカーナ料理の前菜をはじめ、1.3kgのステーキを注文!!
美味しい赤ワインと一緒に全てたいらげ、楽しい話もはずみ1日目の夜は更けていくのでありました。

      IMG_3388ブログ1 IMG_3386ブログ2
         フィレンツェ観光開始っ!!まずはウフィっツィ美術館へ


      IMG_3411ブログ3 1日目フィレンツェ44ブログ4
 チキチキメンバーの靴職人さんの工房を見学。  夕食はトスカーナ伝統料理

      1日目フィレンツェ5 1日目フィレンツェぶろぐ6
 お約束。キャニーナ牛のTボーンステーキ  超巨大ポルチーニ茸(隣のミニトマトもあの大きさっ)



2日目: 
 朝9時にピサに向けて出発。11時に塔に登る予約をしていながらも、到着したのはぎりぎり。
キップを買い手荷物を預け、一気に上るっ!!
当然傾いた塔の中なので、ぐるぐる回りながら上る螺旋階段も場所によっては重心が移動するような変な感覚を楽しんだ後のピサ市外地を眺められる絶景は最高でした。
 昼食後、大理石で有名なカラーラという町により、お目当ての大理石のチーズきり台とペーストジェノベーゼには欠かせないすり鉢を購入。
ここ5日間で一番暑かったであろう午後の時間をクーラー無しの車は、今回の目玉「チンクエテッレ」に向かうのでありました(汗)
 車も入らない町は山の中腹付近に車を止め、海岸の崖に張り付いたような町・マナローラ」には徒歩
でおりなければならず、ホテルにチェックインする時にはすで汗びっしょり。。。
そのままちょっと町を探索しようとしたらホテルから20メートル先には海が広がっていて、その中ではすでに沢山の泳いでいる人が。
水はどこまでも透明で崖の上から見ても海底がくっきり見えており、この火照った体を冷やすには泳ぐしかないって事で、ホテルに戻り海水パンツに着替えるのでありました。
いざ水の中に入るも足が底に届かない。。。。コンタクトしているので水の中では目も開けられないし、ま、底が見えてるくらいだから2メートルくらいだろうともっていたのに。。。。次の日購入した「水中眼鏡」で現実の深さに驚かされるのであった。。。
 夜はホテルの経営しているレストラン。海のすぐ横で眺めも最高。水平線の彼方に沈んでいく太陽を眺めながら採れたての海の幸を堪能し、楽しいおしゃべりの時間も過ぎ、8時に店に入るも出たのは11時半。。。(笑)
海沿いの静かなホテルで休もう。。。。



   っと、思っていたのだが、この日、この小さい村に一軒しかないであろう「パブ」が祭り騒ぎ。
生バンドの演奏とビールを片手にした若者達がはしゃいでる。ホテルはそのパブの隣。。。
深夜1時ごろまで「ドンチャン」騒ぎの声を聞きながら床に就くのであった。

     2日目ピサ28ぶろぐ8     2日目ピサ15ぶろぐ7
           ピサの斜塔前と上から。やっぱり傾いている。。。。


     2日目マナローラ14ぶろぐ9     2日目マナローラ15ぶろぐ10
     夕方、マナローラへ到着。チンクエテッレの中でもチンクエテッレらしい景色で有名。

     2日目マナローラ12ブログ11     2日目マナローラ16ぶろぐしま
           海の男・裕次郎になりきるお約束サスライシェフ(笑)

                   2日目マナローラ41ぶろぐ12
                   沈みゆく太陽を眺めながらの。。。。。。

     2日目マナローラ52ぶろぐ15     2日目マナローラ51ぶろぐ13

       海の幸は最高っ!!ここのホテルとレストラン。サスライシェフお勧めです。



       さて、3日目はいかにっ!!!!  続く。。。。。。。

Posted by sasuraichef | 01:07 | Comment [4] | TrackBack [0] | サスライ・股旅・一人旅・・・のち時々二人旅

16 2009

さぁ 5日間のバカンスへ

まずは皆様、残暑お見舞い申し上げます。
メルアドのない方、MIXIやブログ上だけの方、特に「残暑見舞い申し上げます(笑)」

ということで、明後日火曜日から5日間ほど「ドロン」させていただきます(笑)

10日間ほど私の伯母&伯母の息子の嫁(長いな・笑)がイタリア旅行にくるので、それに数日間同行する予定です。
フィレンツェ観光をはじめ、ピサ・チンクエテッレに行く予定。ピサの斜塔も今登れるようになってますので予約して登ってきます。

ブログのほうも戻ってきてから更新しますのでしばらくのお待ちを。。。。。

ではいってきま~~~~~~~~す。CIAO!!

Posted by sasuraichef | 14:49 | Comment [5] | TrackBack [0] | サスライ・股旅・一人旅・・・のち時々二人旅

14 2009

187億円を当てるっ!!

イタリアの宝くじ「スーパーエナロット」の1等賞金額が、なんと。。。。

            約1億3200万ユーロ (約187億円)

と、なっています。。。

もう、こりゃ当てるしかない

とりあえず買わなきゃ。買わなきゃ当たらんからな。。。。。。

当たったら何しようか。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。考えつかん。。。。。。(涙)

夢のF1チームでも立ち上げるか!? もちろんドライバーは僕とシューで(笑)
それでも使い切れんだろーな(爆)

Posted by sasuraichef | 13:46 | Comment [6] | TrackBack [0] | なんでも挑戦っ!!

13 2009

「夏奉納チキチキ料理対決」。。。開催しました(笑)

週間前の浴衣でのアペリの場で急遽決まった奉納チキチキ料理対決(笑)」。先日決行されまして、今回もニューメンバーを新たに加えお料理を堪能したのでありました。

今回の目玉は「寿司っ!!」
ジュエリー職人でもあり、ある時は寿司マスターと化す博多の生んだ「大将」が今日の料理を担当。
この大将と私サスライシェフとは誕生日が一日違いっ!!36年という時間の中で24時間しか生きてる時間が違わないって驚きのニュースが!!

     chikichiki_kiran02.jpg     chikichiki_kiran04.jpg
           黙々と仕込む大将             すでに飲んでいるサスライシェフ


     chikichiki_kiran05.jpg     chikichiki_kiran13.jpg
        遠くから見守る愛もある。。。(笑)       開演前にもすでにトークはピークに!!


  
ってなことで僕ら19時半に「会場」へ行くも、すでに大将は料理の仕上げ中。。。。
聞いてみると15時ごろにはここにきて8人分の料理の仕込みしてたらしい。

そこで大将と外野から

   「なにがチキチキ対決やっ!!だれとも対決しとらんやんけっ!!」

とのお言葉。。。



わし、答える。。。

                「己との対決じゃ。。。。」



ってな具合で、黄門様バリのセリフを吐いた後、いざ会場へ。。。(笑)
 
 

                   今夜も「宴」開演しました。

     chikichiki_kiran16.jpg     chikichiki_kiran18.jpg
   次々と運ばれてくる料理。サスライシェフが混ぜるといかにも僕が作ったよう。。。。ププっ^^


     chikichiki_kiran20.jpg     chikichiki_kiran21.jpg
   春雨のサラダ・ナスのピリ辛サラダ・明太子・サーモンとマグロのタルタル・エビのカタラーナ


     chikichiki_kiran25.jpg     chikichiki_kiran32.jpg
          沢山の美味しい料理。。。大将っ!!一生ついて行きますっ!!(笑)


     chikichiki_kiran26.jpg     chikichiki_kiran29.jpg
            巻物登場っ!!              ・・・・も、一瞬で消えるっ!!(爆)


     chikichiki_kiran45.jpg     chikichiki_kiran33.jpg
                 何を話してるんですかっ!?そこの二人。



        chikichiki_kiran34.jpgchikichiki_kiran35.jpg
            チキチキの臨場感たっぷりのワイドバージョンで。 カメラマンYossy



     chikichiki_kiran44.jpg     chikichiki_kiran43.jpg
                 出た~っ!!大将の必殺技っ「納豆巻き」


     chikichiki_kiran47.jpg     chikichiki_kiran48.jpg
      納豆巻きに続き、握りまで。。。。「助さん、角さん、余は満足じゃっ!!カ・カ・カ・カッ(笑)」


     chikichiki_kiran51.jpg     chikichiki_kiran53.jpg
         いくら巻き。。。幸せ        そして食後のデザート「マチェドニアとジェラート」


     chikichiki_kiran55.jpg     chikichiki_kiran56.jpg
         そして今宵も更けていくのでありました。。。。気がつくと午前1時。。。

ニューメンバーも加えパワーアップした今回のチキチキ。フィレンツェで活躍している多種さまざまな職人(アーティスト)達の集まり。。。「職」は違えども、おなじ「食」を喰らうのはなかなか楽しい時間でしたな。。。参加メンバーと今回料理を作ってくれた「大将」。感謝しています。 やっぱり人の作る料理は美味しい(笑)

                        さて、次回はどこに。。。。

                        続く。。。!?

Posted by sasuraichef | 13:19 | Comment [3] | TrackBack [0] | なんでも挑戦っ!!

10 2009

容疑者。。。

日本で先週話題をさらった薬物関係のニュース。
僕も最悪の事態を考えていた一人(笑)
そんな中、逮捕状がでて逃亡かと思いきや、すんなり出頭。。。
ま、悪いことしたのだから罪を償って欲しい。
でもこれから子供どうなるのだろう。両親とも有罪になるだろう。それが一番の心配。。。

イタリアも十分に薬物汚染している国。昔のローマにいた時とか駅の構内に注射器とか転がってたし、その後もイタリア人の知り合いが増えるにしたがい、その汚染状況が酷いことが分ってきた。
なにより、多数の議員からも薬物反応がでた国。
それでも捕まらないのは不思議。。。。

ま、今回の日本の件も氷山の一角にすぎないとは思うけど、あの業界抜き打ち検査的なものはあっていいのではないかと思う。
下手な「薬物撲滅キャンペーン」とかするより、有名人逮捕のほうが確実に「薬物撲滅」させる効果はありそう。。。

他人に迷惑をかけてはいけないっ!!なんて言われるけど、身内にも迷惑かけた今回の一件でした。それが自分らの子供ならばその代償は大きすぎたでしょう。。。。



Posted by sasuraichef | 11:06 | Comment [6] | TrackBack [0] | イタリアから物申すっ!!

06 2009

浴衣でフィレンツェの町をいくっ!!

浴衣でフィレンツェの町をいくっ!!

って企画があがってから数日後、早速夕暮れのフィレンツェにくり出す。。まさに有言実行っ(笑)

     IMG_3686b2.jpg     IMG_3672b2.jpg


フィレンツェ在住のチキチキメンバー(笑)の他、別ジャンルの職人さんも加わりアルノ川のほとりにあるオープンカフェにてアペリティーボ!!

     IMG_3681b2.jpg     IMG_3684b2.jpg

     IMG_3685b2.jpg     IMG_3675b2.jpg


酒の勢い(!?)もあり、お喋りタイムも盛り上がりました。

       IMG_3688b2.jpgIMG_3689b22.jpg

さらに来週、新メンバー加入祝い「チキチキ寿司対決」も決定っ!!(笑)
ドラゴンフライ?ピリ辛タコ坊主??なんて料理も出品決定っ!!!(笑)

     IMG_3695b2.jpg     IMG_3696b2.jpg


前日の雨のせいか若干涼しかったので浴衣での闊歩も丁度よく、イタリアの石畳に下駄の音が響くのでありました(笑)

♪カラーン、コローン、カランコロン。 ケ・ケ・ケケケのKEI~♪夜はフィレンツェで運動会っ♪(爆)

Posted by sasuraichef | 00:01 | Comment [6] | TrackBack [0] | なんでも挑戦っ!!

05 2009

サスライシェフのさすらい旅 ~カステル・フォオレンティーノ編~

今日の休日は午後からカステル・フィオレンティーノへと、ちょいくら用事があって車で出たのですが。。。

広がる自然・輝く太陽・美味しい空気と、心身ともにリラックスモード。

途中田舎道にあった廃屋の前で休憩したり。。。

     IMG_3626 blog1     IMG_3630b1.jpg

     IMG_3629b1.jpg     IMG_3635b1.jpg

すでに立ち枯れ寸前となっているヒマワリ畑や実の着きはじめたぶどう畑のぶどうを眺めたりと、フィレンツェの町中では感じなれない自然を思いっきり感じてきました。

     IMG_3641b1.jpg     IMG_3642b1.jpg


     IMG_3652b1.jpg     IMG_3649b1.jpg


そして用事をすませながらも、その庭先で出会ったフルーツの木たち。。。。

     IMG_3653b12.jpg     IMG_3656b12.jpg


     IMG_3657b12.jpg     IMG_3659b12.jpg


もうちょっと熟してもいいけど、そこには洋ナシ・イチジク・柿・スモモとすでに実がなってたりして。

    「早いもの勝ちっ!!」


って掛け声と同時にすでにもぎ取ってたりして。。。(笑)
早速スモモにかじりつくも、すっぱい中にも幸せな甘さ。。。

     IMG_3666b12.jpg     IMG_3669b12.jpg

後、10日ほど遅かったらいろいろ収穫できたんですけど。。。。おしいっ!!(笑)

ま、そんなこんなで夕方は帰路につくのでした。


そして、本日の大イベント「フィレンツェの町を浴衣で歩く」へと続くのでありました。


                    つづく。。。。。

Posted by sasuraichef | 00:12 | Comment [2] | TrackBack [0] | サスライ・股旅・一人旅・・・のち時々二人旅

04 2009

Yossy、本日電波ジャックっ!!!!

突然のニュースなのですが、本日8月4日午後3時8分(日本時間)より約10分間、フィレンツェのチャリンコ娘こと「Yossy」さんが、「JFN(ジャパンFMネットワーク)ラジオ」にて、電波ジャックいたします(笑)
ネット局は17局ネット(関東圏・青森・秋田・山形・福島・長野・岐阜・滋賀・兵庫・山陰・岡山・香川・徳島・高知・佐賀・長崎・宮崎・鹿児島)で放送、コーナー名は「ワールドフラワーズネットワーク」で、パーソナリティーは松本英子さん、真木ひろかさんで、Yossyが国際電話にてフィレンツェから生電話にて出演することになっています。
放送時間まで後、6時間。。。。
緊張を隠せないチャリンコ娘の運命はいかにっ!!!!(笑)
皆さんぜひ、ご視聴ください。

オンエア終了後 更新されますサイト
http://www2.jfn.co.jp/flowers/wfn/

たぶんこの中に記事がでると思います
http://www2.jfn.co.jp/flowers/wfn/

Posted by sasuraichef | 01:28 | Comment [2] | TrackBack [0] | イタリアから物申すっ!!

03 2009

真夏の空の下、秋メニュー考案中。。。

私、いつもメニューを考える時というかここ近年は、誰もいない池のほとりや公園などのベンチに座ってスケッチなどするのですが。。。。。


ここフィレンツェには誰もいない池なんて、だれもいない公園なんてありえね~っ!!


ってわけで、本日は家の近くの公園に行き、大きな木の根元の芝生の上の寝転がり、真夏の痛いほどの日差しと呼吸できないほどの都会の熱風の中、秋のメニューを考えるのでありました(汗)
ま、日陰で休む人、ベンチに座る人、ボチボチいたのですが。。。

     02082009146芝生     02082009147芝生

この暑さと日差しでは、何も思い浮かばねーっ!!なんて、ちょっとふてくされて、ウトウトすること30分。。。
目が覚めると2メートル四方を人に囲まれている状態!!!!!
さっきまでガラガラだったのが、いきなり「満員御礼」ですよ。
噴水を囲むでっかい公園が、満員御礼ですよ(驚っ)

この不況のせいなのか、日曜日の午後、公園で日光浴したり、お喋りしたり、ビールのんだり、公園中のベンチは電線に並んでるスズメのごとく人が一杯。

こんなんじゃ落ち着いてできないってことで、家に帰る事にして公園を去ったのでありました。

で、続きは家で。。。。。


  でもやっぱり暑い。。。(汗)

Posted by sasuraichef | 14:07 | Comment [3] | TrackBack [0] | フライパン交響曲第7番イ長調 作品36「ベルコーレ」

02 2009

浴衣でフィレンツェの町を歩こう会

国の浴衣ファンの皆さん、お待たせいたしました(笑)

日本の夏の風物詩といえる「浴衣」。
その浴衣を着て、近日中に夕暮れのフィレンツェの町を闊歩する予定なのですが、フィレンツェ及びイタリア在住の浴衣ファンのみなさん、一緒に楽しみませんか?
最近、和食や日本文化が恋しくなってきている年頃。。。遠く長く離れているからこそ見えてくる「日本文化」の美しさ。。。せっかく長くイタリアにいるので、日本文化も紹介してみたいな。。。と

早速ですが、相方が購入してくれた浴衣羽織ってみました(笑)もちろん下駄付き。

     IMG_3618ゆかた    IMG_3616ゆかた
 

サスライシェフは着物や浴衣が似合います。なぜならお腹がでているほうが似合うのです(爆)

ということで、この夏フィレンツェの町を浴衣で歩きたい方、ご連絡おまちしておりま~す。



Posted by sasuraichef | 16:31 | Comment [9] | TrackBack [0] | イタリアの街角

01 2009

イタリアの自然の中の温泉を楽しむ。。。。の巻

今回は今週の休日に行っておりましたイタリアはトスカーナ州はSIENAの近くにある、秘境ペトリオーロ温泉の記事をUPしていきます。

 ナビで探すもでてこない、相方の乏しい記憶だけを頼りにようやくたどり着いた山の中の秘境。
場所的にはシエナとグロセットの間くらい。

     おんせん 019     おんせん 017

自然の川のほとりに湧き出る温泉水を、川の一部を石で仕切って囲み、湯船みたいにしているのですが、硫黄の香りが漂うなんともいえない光景。

                     おんせん 023

熱い熱湯を浴びる人、川の冷たさと交わるぬるめの場所で寝る人。。。。

     おんせん 024     おんせん 025

飽きたら、川を泳いだり。。。水も物凄く綺麗で足の届かないような場所でも、川底が綺麗に見えたり、魚もたくさんいたり。。

     おんせん 028     おんせん 027

               サスライシェフもしばし休息。。。。。zzzzzzzz


     おんせん 042     おんせん 033

               ドロを塗り「泥パック」して日光浴しているご婦人


     おんせん 032     おんせん 039

 小さい子供達は「裸族」状態で大はしゃぎ。相方プラチナブロンドの天使のような子供達と水かけっこしてました。

あ、ついでに申しますと「プラチナブロンドの天使の姉妹」は北欧系でまったく言葉がわからない。
そこに同じくらいの歳のイタリア人男の子。顔はもちろん、動き方が「ミスター・ビーン」に凄くにていたので「ビーン」と勝手に命名(笑)
その子が小さい湯船ではしゃぐ天使の姉妹といっしょにビーンのようなちょっと憎たらしい顔していっしょに入っているわけですな。で、その湯船ってちょっと高いところにあるので、天使のオヤジさんが天使2人を抱っこして下ろそうとすると、スルリと間に入りこみ、ドサクサにまぎれて下ろしてもらおう的な行動。。。(笑)
けっきょくは下ろしてもらえず自分で降りてくるも、その後、寝ている私の上を跨いでいったり、近くに置いてあった他人の棒型スポンジを拾ってきて、親に「落ちたこれ。」って。。。。
親も「どっから取ってきたのよっ!!」とか怒ってたりして。。。(笑)
それでもわが道をいく、4歳のビーン。将来がすごく楽しみっ!!(爆)

Posted by sasuraichef | 14:38 | Comment [6] | TrackBack [0] | サスライ・股旅・一人旅・・・のち時々二人旅

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。