サスライシェフ、イタリアを喰らう!!!

イタリアで料理人として働いた13年。。。新天地を故郷鹿児島に移し夢を現実とする為に奮闘する毎日を綴ったブログっ!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by sasuraichef | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

31 2009

キタ~っ!!  シューマッハっ!!!!!

いやー、昨日のニュース驚きました。
なんと先日予選中に負傷したferrariドライバー・マッサに代わり、あの歴代最多チャンピオン・シューマッハがドライブするということ決定しましたっ。!!
こ、これは絶対見たいっ!!!!!!!

レースを離れてから3年。。。すでに40歳になってしまっているシューマッハではありますが、彼ならなんかやってくれそうな気がする(笑)
シューの現役最終レースとなった3年前のブラジルグランプリも、チャンピオン争いをしながら他車との接触により周回遅れになり、絶対に逆転は不可能だと誰もが考えている時、デビュー当時のような単純に速さを追及し、そしてペースを上げ、どんどん車をオーバーテークしていった勝負を最後まで諦めない、まさに「獲物を喰らうっ」かのような彼の姿からは、年齢的な衰えは全然見えなかっただけに「引退」ってのはちょっと残念でした。
その彼がまたハンドルを握るってのは、もうなんか。。。。う~~~言葉にならん(笑)

今年「すったもんだ」のフェラーリ、そしてFIAとの分裂紛争などなど、暗いニュースが続いていただけに、とびっきりの明るいニュースが出てきました。

さ、長い3週間後の夏休みに入ったF1グランプリ。
後半戦第一戦、絶対に見逃せないレースとなりました。
もう、今から楽しみっ!!!!

ちなみにこれ↓は、僕のお気に入りのシューミです。
http://www.youtube.com/watch?v=dUxYoZlROZg&feature=related

スポンサーサイト

Posted by sasuraichef | 01:50 | Comment [8] | TrackBack [0] | イタリアから物申すっ!!

30 2009

ランプレドット(牛の胃袋)を喰らうっ!! ~フィレンツェ編~

日の休日の昼食は、前から気になっていた「ランプレドット(胃袋の煮込みフィレンツェ風)」を食べに近くの公園にある移動式出店(笑)までいったのである。
仕事への行き帰りでいつも前を通っていて「LAMPREDOTTO D・O・P」って文字が気になっていた。

     おんせん 002     おんせん 003


そもそもDOPとはワインなどについている「Denominazione du Origine Controllata(統制原産地呼称)」という意味なのか?フィレンツェの伝統料理の一つではあるが、まだ食べていなかったので初挑戦。
もともとトリッパ(内臓)系の食材はとても好きでレストランのメニューにも取り入れているのだが、やっぱり本物は食べてみないと。。。。

今回のはランプレドットをパニー二(パン)に挟んで、Salsa verde(パセリなどを使った緑色のソース)といっしょに食するのだが、これがまたでかいっ!!しかし、美味いっ!!



     おんせん 001     おんせん 005
                注文すると、オヤジがその場で作ってくれる。


     おんせん 007     おんせん 010

     で、これがランプレドット入りのパニー二。。。。。。。。。そして喰らうっ!!



     おんせん 012     おんせん 013

       相方は頭と同じ大きさほどのパニーニを。。。。喰らうっ!!(笑)




          ちなみに、こちらは僕のトリッパ(牛の胃袋)を使った料理。。。。

     insalata_trippa.jpg     DSC02133.jpg
        トリッパと豆とナスのサラダ          オマール海老とトリッパのシャルドネ風味


   。。。。ということで、皆さんもフィレンツェにいらした時は、ぜひ「ランプレドット」挑戦してみてくださいね。

Posted by sasuraichef | 13:04 | Comment [12] | TrackBack [0] | 飯を喰らうっ!!

27 2009

真夜中の「篤姫」

昨年大河ドラマで放送された「篤姫」。
視聴率も例年になくよかったと聞いていた。しかも地元鹿児島の話とあっては、ちょっと気になっていたのだが。。。。

、「夏休み特別企画」ではないけれど、相方がDVDをもっていたので先日より第一話より見はじめた。一年遅れで僕もようやく篤姫ファンに。。。(笑)

でも見はじめたら面白い。昨夜なんか2本立て続けに見てしまいまして、気がつけば時計の針も「午前3時」(爆)
。。。。って、まだ第四話終わったばかりだから。。。。。道のりは長い。。。。。

ちょっと寝不足なフィレンツェの夏になりそうです。

Posted by sasuraichef | 09:05 | Comment [4] | TrackBack [0] | イタリアから物申すっ!!

26 2009

オトナの夏休み工作。。。。予定変更編

トナの夏休み工作。。。。ワインのコルクで「ぶどうの房」を作ろうと思っていて、切ったり切り刻んだりしたコルクを四角のキャンバスに貼り付けていこうと思っていたんですが、昨日、レストランの倉庫を掃除してたら、かっこいいワインの木箱を発見し。。。。。。


     
  「ポク・ポク・ポク・ポク・チ~ン♪ ひらめいたっ!!」    (一休さんバリに)」(笑)




そうだっ!!木箱の内側に貼っていこうって思ったわけです。
これだと、蓋の内側に「ぶどうの房」をつくり、本体の中には「コルクで作ったボトル」を入れれば、かっこいいと思いません?????

まさに オ・ト・ナの夏休み工作っ!!!

さて、アイデアは固まったので作業にとりかかります。 お楽しみに!!!!


   こるく    コルク4
  赤ワインに使われたコルクはぶどうの色がついてます。ここをぶどうの房にしていこうと考えました


   コルク2   コルク3
    そして、この中に作品を作っていきます。





.......って....今、のこぎり木工用ボンドがないことに気がついた。。。(爆)

おいおいホントに大丈夫なのか!?(笑)

Posted by sasuraichef | 02:07 | Comment [4] | TrackBack [0] | なんでも挑戦っ!!

25 2009

命の伊佐米が。。。。(涙)

日は午後から出勤とういうことで、昼ごはんは自宅で作ることに。
午前中に買い物している最中に「カレー」が食べたくなり、カレー用の材料を買って、いざ料理へ。。。

が、3ヶ月前に実家から届いた「伊佐米」も残りわずか。。。。
カレーになら、タイ米でもいいかと思いながら、あちこち探すも、タイ米も終わっていて。。。

しょうがなくカレーに伊佐米を使うことに。。。。。な、なんという贅沢っ!!
日本では普通のことだったんだけど、ここではすごく贅沢なことなんです(笑)

でカレーも出来上がりまして、伊佐米を喰らうっ!!

いや~、やっぱり「伊佐米」最高です。

     カレー 003 blog     カレー 011 blog
         最後の伊佐米が。。。。(涙)            じゃーん、夏野菜カレー♪


     カレー 009 blog     カレー 013blog
         手動でできたて~♪                 おかずに魚の煮付け。。。


     カレー 017 blog     カレー 014blog
          そして~、カレ~を~。。。             喰らうっ!!!!


では今回話題となった「伊佐米」とは。。。。 
鹿児島県伊佐市大口は、熊本県と宮崎県との県境にあり、山に囲まれた「伊佐盆地」の中にあります。 毎年、鹿児島県の天気予報では 『夏の最高気温は大口、冬の最低気温も大口』といったニュースで放送されるように、一年を通じて寒暖の差が非情に激しく、お米作りに適した自然環境に恵まれています。ちなみに夏は37度くらい、冬はマイナス8度くらいまで下がります。
で、鹿児島県でもブラインド米の1つとなり「伊佐米」と呼ばれているのです。
ぜひ炊き立ての伊佐米を食べてみてください。。。。。新しい世界に貴方を導きます(笑)

Posted by sasuraichef | 01:55 | Comment [6] | TrackBack [0] | 飯を喰らうっ!!

24 2009

第二回・イタリアの海の楽しみ方。。。

て、今年2回目の海へ行ってきました!!!!!
今回はあのレストランガイドブック・ガンベロロッソでも最高得点をつけているリストランテ・ガンベロロッソのあるS・VINCENZOって町!!っといってもガンベロロッソの前を通過しただけで海に行ったんですけど。。。(涙)

今回もパラソルレンタルをして午後3時くらいから日光浴。
前回と違いはさすが、S・VINCENZO。前回のレンタル5ユーロに対して今回は27ユーロ。。。。ま、ベット付きだったしシャワーも浴びれたんでよかったんですが、ここまで違うか。。。さすがリゾート地。

ってなことで、今回もいろいろ面白い人達いました。
ベットに横たわり、サンサンと輝く太陽の下で日光浴をしつつ、人間観察。。。これイタリアの海で一番楽しいです(笑)

     IMG_3417blog.jpg    IMG_3412blog.jpg
         ひたすら携帯でメール打つ人。。。仕事で家に残っている旦那にだろうか(笑)
    ほとんどの家庭は、奥さんと子供達は先に海にきて一ヶ月間ほど砂浜で遊んでいるが、旦那様は仕事の為、週末のみ遊びにくるってのも、けっこう多い。。。

     IMG_3415blog.jpg    IMG_3435blog.jpg
                     ひたすら海岸を歩く人たち。。。

                    IMG_3437blog.jpg
         なぜか膝下まで水につかり腰に手をかける仁王立ちのこのポーズ。。。



            。。。気がつくと、自分もやってしまってるんですよね(笑)


     IMG_3450blog.jpg     IMG_3445blog.jpg
 水に濡れようと、トサカを意地で立て続けるこの根性   隣のおっさんの立派な背中毛です。。。(笑)



     IMG_3470blog.jpg     IMG_3452blog.jpg
    漫画「バンビーノ」の6巻あたりに登場した「野上しゃん」(笑) 横顔そっくり。。。。







            そして、男性視聴者の方々おまたせいたしました。。。。(笑)




                  hoshiblog.jpg


        ちょっと刺激が強すぎるのでマーク入れさせてもらいました(笑)

なんかこのマークを見ると、昔、田舎にあった古臭い映画館の入り口に張り出されていたポルノ映画のポスター思い出しちゃいました(爆)
意味も無く、何度もチャリンコでポスターの前を往復し、頭は前方方向に固定したまま、目だけはポスターのを凝視していた。。。(爆) そんな平和な昭和の時代の甘酸っぱい思い出っ(爆)



。。。ってな、感じで、目の保養どころか目のやり場に困るイタリアの海でした。。。(笑)

Posted by sasuraichef | 01:02 | Comment [6] | TrackBack [0] | サスライ・股旅・一人旅・・・のち時々二人旅

23 2009

サマーな一品。イカ墨のパスタ

日作り上げたパスタ料理なんですが、イカ墨を練り合わせたクラシックなパスタ生地に、炒めたイカと古くカチカチになったトスカーナパン・そして牛乳で作った練り物を詰め、今が旬の「海のアスパラ」という名の海草をソースにしています。
イカの味もしっかり、そして海草ソースとのマッチングっ!!なかなか最高の一品できました。

     22072009145apsta.jpg     22072009142pasta.jpg
    これ「海のアスパラ」と言う名の海草です。       これをソースにしていきます

     22072009144pasta.jpg     satoseni 005pasta
     で、これがソース。綺麗な色でしょ?     で、キッチンの花、りょ~こ師匠が伸ばします

     satoseni 007pasta     satoseni 001pasta
      そしてイカとパンの詰め物をのせて          詰め物パスタができあがります


     satoseni 011pasta     satoseni 010pasta
        こんな感じでもりつけて。。。。               出来上がり!!


シンプル イズ ベストっ!!って感じ。。。。(笑) 

Posted by sasuraichef | 15:15 | Comment [8] | TrackBack [0] | フライパン交響曲第7番イ長調 作品36「ベルコーレ」

20 2009

大人の夏休みの工作。。。

さて子供達も夏休みに入った今、レストラン・ベルコーレもちょっと夏休み的な感じで、今週より8月末まで夜のみの営業となるので、午前中から午後仕事に行くまでの間、けっこうな時間ができました。
 と、いうことでこの時間を有効活用しなければならないと思い(じゃないとグーたら寝ていそう。。。)
   
  官能シェフ アーティスト・シェフの重い腰があがりました。


名づけて  「大人の夏休み工作。。。。」(♪ドンドン・パフパフ♪)

レストランで開けたワインのコルクをもらってきていて少しずつ集めていたので、それで一作品と、粘土と使っての一作品。。。。  同時進行していくつもりです。

いつかどこかに飾れたらと思いまして。。。。。(笑)

写真UPもしていきますので、みなさんお楽しみに!!!!!

Posted by sasuraichef | 15:10 | Comment [5] | TrackBack [0] | なんでも挑戦っ!!

17 2009

チキチキ開催しましたっ!!

て、先日恒例の「チキチキ」を開催しまして、今回は過去最高の個性豊な(!?)「6人」のメンバーが集まりまして、お喋りと食事を楽しみました。
今回のメンバーはいつもの「鹿児島県民会(笑)」の3人はそのままに、大阪・埼玉・岩手から厳しい予選を勝ち抜いて来た個性豊なツ・ワ・モ・ノ達が加わりまして、地元トーク炸裂っ!!(爆)
岩手発信と豪語する「盛岡の三大麺」の秘話にはじまり、大阪の境界線伝説っ!!「チキチキ料理対決」という題も、いつのままに「チキチキバンバン」(なんじゃそりゃっ!!^^)に変えられながらの爆笑トークも続きながらも、現代の教育を斬ったり、オトナの恋愛感などなど。。。もちろんアルコールの勢いも止まらぬまま買ってきていたビールはすべて無くなり、赤ワイン・白ワインとチャンポン化していく中、我ら鹿児島の生んだ伝説の男「スポンジシェフ」、グラス二連チャン割りをご披露っ。(笑)
その割れたグラスの破片で己で足を切り、片づけを手伝ったサスライシェフも負傷し。。。次の日の朝ポツリと「酒を控えようかな~」と言った言葉、しかとこの耳に刻みました(爆)
料理もトマトのブルスケッタと白トリュフのブルスケッタに続き、立派な「ムール貝のリングイネ」の後は、お約束、超特大の「フィレンツェ風Tボーンステーキ(合計2KG)」のオンパレード!!
胃袋も満たされ最高の「チキチキ」なりました。

なお、この模様は後日、全国のコンビ二にてDVD化して発売されますので(ウソウソ)


では、当日の現場から。。。。

   satoseni 003blog     satoseni 005blog
フジ壷が付着しているのもあるがかなり大物っ!! フジ壷が生きているのでつまみ出そうとしている。。。


   satoseni 034blog     satoseni 036blog
      でかい立派なムール貝!!        フライパンよりでかい「Tボーンステーキ」(笑)


   satoseni 041blog     satoseni 045blog
   合計軽く2KGを超えているステーキ!!   師弟関係の「あ」「うん」の呼吸もばっちり。。。


   satoseni 046     satoseni 048
      飲むタイミングもばっちり(笑)         前菜のブルスケッタもできまして。。。。


   satoseni 058     satoseni 062
     これが今日のメンバー6人集          喋りまくる乙女陣に圧倒されるA型組(笑)


   satoseni 052     satoseni 054
    立派なムール貝のパスタ           今日のチキチキ新入生。。。ツワモノ達であった


   satoseni 072     satoseni 073
 最後はお約束のスポンジシェフによる華麗なる「酔拳」の技のご披露(笑)。。。。これにて一件落着!!(涙)

 さて次回のチキチキ、いつ何処で開催されるのでしょう。お楽しみに!!

Posted by sasuraichef | 02:59 | Comment [6] | TrackBack [0] | 飯を喰らうっ!!

13 2009

人生ゲーム。。。いや、人生はゲーム。。。

R36世代の代表といたしまして、ちょっと書いてみたかったことが。。。
 
先日日本のネットニュースで「テレビゲーム」の事が書いてあったわけです。 私も初代ファミコン世代から「自称ゲーマー(笑)」として今日まで来たわけですが(現在・ゲームはおろか、TVない生活ですけど。。。汗)、 今度新発売されるあるゲームは、なんと、難しいシーンに突入すると「ヘルプ機能」というか、勝手にその難しいシーンを自動的にクリアしてくれるという。。。

 おいっ!!難しいものがあるから、そこをがんばってクリアするってのが、ゲームの醍醐味だろっ!?そこを手伝ってというか、かってにクリアさせるのは僕にとってはすごく疑問に思ったわけです。
なんの苦労もなく、ただひたすら前に進みゲームを終わる。。。。
人生だって、楽もありゃ苦もあるわけですよ。 でも楽があるのは苦のおかげ。ただひたすら楽があったら、それを楽と感じることはなくなるでしょう。
そんなゲームで育った子供たちは? まさに苦労することを拒否するのかもしれません。
ただでさえ、現在では「草食~」とか「肉食~」とか言葉が流行っていますが、これこの先、全然戦闘力もない、無気力な「アメーバ人間」でてくるでしょうね。

ほんと、この10年ほど日本を離れているので最近のニュースには驚かされます。
まさに現代の教育を表すニュースだとおもったのは。。。

ある学校で、運動会の徒競走でのゴールをみんな横一列にならんでゴールするってこと聞きました。

 なに!?それ?

なんか、それ全ての生徒を平等にってことらしいけど。。。。。おい、それ、徒競走の意味まったくないだろ。。。

  なんか全ての生徒を平等にって事で父兄からそんな抗議があったらしい結果らしいのだけど。
でも「受験」という言葉の前では競争させる矛盾。。。
父兄と言われても、実際その父兄になっているのは僕らR36世代。僕らが小さかった時は、そんな事なかったけどな。先生も怒れないし、もちろん手をあげられないって言うけど、昔は授業中にアクビしただけで拳骨くらったりしてたものだから、ここ20年で学校教育に何があったんだろうと思う。
 自分は正直勉強嫌いでいつも成績は「ビリ」。後からの「ポールポジション」は誰にも明け渡すことはなかったけど(笑)別名「音速の貴公子」とでもいわれただろうか。。。(爆・ウソウソ)
それほど勉強嫌いだったけど学校は大好きだったから毎日いってたんだけど。。。
 中間テストとか期末テストとか張り出されるわけですよ。当然いつもビリ。。。そんな惨めで残酷なことはなかったんだけど、でも肝心な5教科以外の美術や技術では、だれにも「本当のポールポジション」は明け渡さなかったわけ。もちろん、ノートは落書きだらけ。。。。(笑)
でも、私の両親は「勉強をしろっ」とは言ったけど、美術や技術をやめろとはいわなかったんだな~。そのかいあって、小学校の高学年では学年でただ一人、スケッチが特選に選ばれ、県のほうまで出展されてんです。その時はすごく褒めてくれました。
今思えば家の両親は個性を伸ばす教育方針だったんじゃないかと思うんです。
「飛び出す杭は打たれる」って言葉のこの国で、周りを気にして周りと同じようにって、そういう方向ではなかったかも。
人間100人いれば100人とも性格や体格、すべて違うわけですよ。
その中で、すべて同じように育っていくわけないし、一人一人、確実に1つは他人よりずば抜けているものもっているわけで、そういう個性を発見し見極め、伸ばしていくってのが本当に大切なことなんじゃないかって思うんです。
その美的感覚は、まわりまわって今の仕事にいかされているわけで。。。
学校での成績はそれほど将来に関係ないってほんと感じます。。。。^^(体験談)


 先生は生徒を怒れないとかいう時代なってしまってますけど、それは家庭でも親は自分の子、怒らないのかな?先生が手を上げると、親は訴えるって。。。おいおい、暴力としつけの違いぐらい分かるだろ・・・
自分の父は、他人に迷惑をかけようなら、自分の息子はもちろん、他人の息子まで怒鳴り散らしていたから。。。(笑)
その事を今感じるのは、親父はちゃんとしっかり子供の目線に高さをあわしていてくれてたんだなと思うんですよ。今の実態は学校側も家庭側も、なんかお互いまかせっきりという感じがして「子供の目線」に高さがいってないなって思うんです。
暴力はいけない。でもしつけと暴力は違うと思うのです。
今の子供達が簡単に人を傷つけ、ましては取り返しのつかない殺傷事件を起こしてしまうのは、痛みをしらないから。自ら痛みを知らないから平気でそんなことやってしまう。

ネトゲとかネットオタクとか、パソコンの中で擬似の友だちや家族をつくっている現代。
でも彼らは本当の「家族」とか「友だち」とかを求めてるんじゃなかろうか。現実の家族に問題があるのではなかろうか。。。だからこそ擬似の世界へ逃げてしまう。

豊かになったこの時代、子供の欲しいおもちゃは店に行けばすぐ手にはいるし。。。親は出来上がってるものを買い与える。
もっと昔は、自分らで遊びも工夫し、そして自らおもちゃたるものは作るなりしていたわけです。
そういう面では、現代の子供達は「想像」する力を身につけられないんではないか。しかもゴールや結果が簡単に分かってしまう遊びでは「冒険心」なんてものもないだろうし、もちろん「喜び」「悲しみ」「怒り」なんて感情を擽ることも無い。
後20年もすれば、そういう教育の中で育った子供達が学校教育を考えていく。。。。想像したくはないけれど。

 人生はゲームと同じ、楽ありゃ苦もあるし。。。でも、そこにはゲームという「0と1」の世界とは違い、生身の人間がもっているさまざまな感情がぶつかりあう世界。
結末の分かってる人生ほどつまらんものは無いとおもうんだけど。
いくらでも未来は変えられる。そこが「テレビゲーム」と「人生ゲーム」の違い。
そこに生身の人間として生きてる醍醐味があるとおもうんだけどな。。。。

Posted by sasuraichef | 15:14 | Comment [12] | TrackBack [0] | イタリアから物申すっ!!

12 2009

今年も出場しまっせ~っ!!カボチャ彫刻コンクール!!

、すでに7月。もう少しで日本の子供達も夏休みに突入ですな。
そんなことで、毎年9月にMANTOVAで開催される「カボチャ彫刻コンクール」に出場する為に、参加届けと規則など書かれた書類に目を通しました。
参加締め切りは8月末まで。まだ時間はあるのでボチボチ作っていきますが、今年は何彫ろうかと悩んでいます。
昨年は初参加で「特別オリジナル賞」なんてもの頂きました。参加者の皆さん、すごい高いレベルの技術をもっていらっしゃるのですが、ほとんど植物や花・建築物・あっても動物だったのに(ま、それが一般的な野菜彫刻の作品なんですけど。。。)私の「ベールを纏った裸体の女性」は他に類を見ない完全なオリジナルだったので、こんな賞を頂きましたが(笑)
今年は確実に皆さんも人物像彫ってくる方いらっしゃると思います。
さて、今年は何しようか。。。。


ちょっと昨年の大会の写真から。。。。左が数年前初めて作った女性像。右が昨年の大会で彫った女性像。 カボチャの種類が違うので当然形も違うのだが。

   mare 004b  mare 006b

   mare 007b   mare 009b

ということで、今年はもっと上を狙ってっ!!!!!
しかも、今回は昔の同僚・マルコと一緒に参加。これも楽しみっ!!
そろそろ試作もはじめるので、こうご期待っ!!

Posted by sasuraichef | 00:28 | Comment [6] | TrackBack [0] | フライパン交響曲第7番イ長調 作品36「ベルコーレ」

10 2009

チキチキ近日開催!?

スポンジシェフことタクローさんからメールがあり、今度の週明けは2泊3日で「赤ちょうちんチキチキ」と「チキチキ宿」の予約がありました(笑)
前回はほとんどチキチキになってませんでしたので(スポンジシェフがすでに出来上がっていたので・爆)今度はゆっくり、久しぶりのチキチキ楽しもうと思います。^^
予定ではYOSSYが現在参加しているグループ展にカスッテリーナ・イン・キャンティまで行く予定です。
道中どんなことがおこるでしょうか!?。。。。

お楽しみに!!

Posted by sasuraichef | 15:14 | Comment [2] | TrackBack [0] | 飯を喰らうっ!!

08 2009

不況の前では。。。

今日の休日は相方は仕事の為、一人だったので「ブラッ」と近くのショッピングセンターに行ったのですが。。。
イタリアでも一番大きいといわれているこのショッピングセンターには、もちろん食堂街もあるんですが、いろんなタイプのお店が並んでいるにもかかわらず、マックの前だけには長蛇の列。。。
ほかのメキシカンとかブラジル・中華などなどいろいろあるにもかかわらず、マックは約10台のキャッシャーをフル稼働しているのに、各キャッシャーの前ごとに最低10人は並んでいる。
そして、その中に家族で並んでいる人たちの多さ。
育ち盛りの子供を持つ家庭では「安い」ってのが、まず第一条件だろうから、この多さには驚いた。
 近年イタリアでもというか、スローフード運動を促進していたにもかかわらず、この世界規模での不況の中では、やはり「財布の口は固い」のか安くて早く食べられるファーストフードに移ってしまっているようである。日本でもこの時代に唯一、大黒字をだしている企業なので、どこもおなじなのであろうか。
ま、僕はスローフードという運動は好きだし同感しているが、ファーストフードが絶対的に「悪い」とは思っていない。
ファーストフードが生まれたのは、こういう時代だからこそ、情報化社会になり時間がすごく早くまわりだしたからこそで、必然として生まれてきたもの。ただ、毎日食べたりするのは問題だと思うが、数週間に一回とか、限られた場所や時間の中でうまく活用する事は間違ってはいないと思う。
でも家族や友だちと、ゆっくりと食事やお喋りを楽しみながら、その土地に根付いてきた郷土料理を食べるのは、やっぱり最高の時間だとおもうんですけどね。


    不況の前では「ファーストーフード」には勝てないのか。。。。

Posted by sasuraichef | 00:08 | Comment [2] | TrackBack [0] | イタリアから物申すっ!!

06 2009

我が愛車、無事生還。

2週間前の海への旅の途中で、ちょっとぐずってしまった愛車ちゃん。
パワステがいきなりなくなり重ステになったのは、油圧系トラブルが原因だった。
ホースが破れ、オイルが飛び散り、オイルを送り出すポンプもいっちゃってたらしい。
知り合いの修理屋さんが、中古のポンプと新品のホースを取り付けてくれて無事なおった。
エンジン音も昔より静か。。。。
いたわりながら走ろう。。。

こんなトラブルにあうと「雨上がりの夜空に」を口ずさみたくなるのは僕だけだろうか。。。(笑)

ネットで調べたけどこのタイプの故障、けっこうあるんだって。。。おい大丈夫かFIAT PUNTO!!

Posted by sasuraichef | 14:15 | Comment [2] | TrackBack [0] | イタリアから物申すっ!!

04 2009

我が師匠もグループ展出展。。。

Invito-Untitled-Internationary.jpg


フィレンツェモザイクの我が師匠ことYOSSY先生が、本日よりワインで有名なキャンティー地区の中にあるCastellina in Chiantiというエトルリア時代から存在している、とても小さい町にて行われるアーティストのグループ展に出展いたします。
他のアーティストもいろん国籍の方がいらっしゃいます。なだらかなトスカーナの風景を楽しみながら、いろんな芸術を楽しんでみませんか?


Untitled Internationary I Atto
Spazio Espositivo di Via delle Volte
Castellina in Chianti
tutti i giorni 15.00 alle 19.00 (lunedì chiuso)

L’Associazione culturale Present Art è lieta di invitarLa al Vernissage del Primo Atto di Untitled Internationary.
L'inaugurazione è in programma per il prossimo sabato 4 luglio alle ore 18,30 nello Spazio Espositivo di Via delle Volte a Castellina in Chianti (Siena).
La mostra propone un’interessante selezione di lavori di cinque artisti (italiani e stranieri) che vivono e lavorano in Toscana.

In mostra le opere di :
Konstantina Daskalaki (pittura, Grecia)
Andrea Nicita (scultura, Italia)
Mathilde van der Does de Willebois (pittura, Olanda)
PeiHan (pittura, Cina)
Kitahara Yoshie (mosaico, Giappone)






Posted by sasuraichef | 00:51 | Comment [0] | TrackBack [0] | イタリアから物申すっ!!

03 2009

友人の個展案内

本日3日より、友人のフィレンツェで活躍されている焼き物絵付け師・古川未央子さんの個展が銀座ではじまります。写真で作品を見せてもらいましたが、その1つ1つの作品を見るたびに技術の高さと正確さに驚きと感動をおぼえます。
 
ぜひみなさん足をお運びくださいね。
     mioko2.jpg      mioko.jpg

Posted by sasuraichef | 10:38 | Comment [4] | TrackBack [0] | イタリアから物申すっ!!

01 2009

サスライシェフの「解体新書~豚編~」

回のハトに引き続いて、今回の主役になったのは。。。

  「ブヒ~っ!!」  の子豚ちゃんです。

日本では豚は普通に流通していても子豚はなかなか普通には手にはいらないと思います。
こちらでは子豚はもちろん子羊・仔牛など、乳しか飲んでいないような動物たちも普通に食卓に上がります。なんといっても小や仔が付く名前の動物たちのお肉は柔らかく、臭みもなく、なにわともあれ独特の優しいミルクの味がするのです。お乳しか飲んでいないわけですから当然のことなんですけど、イタリアに着た当時はちょっと残酷な気がしましたが、今では大切な食材の1つとして頂いています。
10年前、ローマについて初日にはじめて食べたのが「スコッタディート(乳のみ子羊のグリル)」で軽くローズマリーとニンニクの利いた肉の美味しさは今でもしっかりと覚えています。
ちなみに「スコッタディート」とは「指を火傷する」って意味なんですけど、グリルで焼かれて熱々になっている子羊の肉を、手にとって直接食べるので指が熱くてかなわないってところから着いた名前なんですね。イタリア人の洒落た名前のつけるこの感覚。。。おもしろいものがあります。
 で、子豚ちゃんの話に戻りますが、今回は子豚ちゃんの背肉を使いましてローストにしていく風景をupしていきます。

まずは解体から。。。
   mare 010BLOG M,AI

やはり子豚だけあって小さいのでやり易い。。。(笑)


あ、ちょっと話はずれますけど、これは200kg近くある豚で、何度か豚を解体しそれをサラミやプロシュートにしていくのを手伝った時の写真ですが。。。
   mare 001BLOG   mare 002BLOG
 
まず、最初は豚を殺すところからはじまります(涙)豚小屋に「殺し屋の○○○」と呼ばれる人が入りドアが閉まります。そしてそれを感じた豚が暴れ始めます。そして数分後乾いた音が「パーン」ってなって豚の鳴き声も止まり、殺し屋がちょっと半分血まみれになってドアからでてきます。(なんか西部劇みたいだけど。。。笑)そこから豚の処理が始まるのだけども、まずは豚の毛をバーナーで焼いていき、その後は専用のナイフで水洗い流しながら皮膚の表面をきれいにしていきます。
それから5人がかりくらいで豚を天井に下げ、腹を裂いて内臓をとりだしていくのですが。。。
   mare 003BLOG   mare 013 KEI

豚を解体するのは年明けの1月中旬ごろ。アブルッツォ州とモリーゼ州の間に位置するこの町はすでに標高1000メートル越えていて、かなりの極寒の中での作業なのですが、この寒さの中だと、当然さっきまで生きていた豚からは「湯気」がたっているのです。しかも初日の日は近所の野次馬もきて人がけっこういるにもかかわらず2日目以降は写真に写ってる親父2人と僕だけ。。。
   mare 004BLOG   mare 005BLOG

いつも冷蔵されている肉を扱う僕らですが、さすがに自分の体温と一緒のものの腹の中に手を突っ込むのは、なんか勇気がいりました。
そんなこんなで内臓を取り出したところですでに一日目が終わり、2日目は豚2頭を解体し、各パーツに分けていき、サラミ用にミンチにする所はミンチにするわけです。それだけですでに2日目も終わり。一日中包丁手にしているので、さすがの僕も夜は腕が筋肉痛。
   mare 007BLOF   mare 008BLOG

3日目にてようやく腸詰。朝から晩までひたすら腸詰。そして天井に全てをぶら下げて燻製をかけて帰るのです。他のパーツは塩づけにしたりします。
   mare 014 BLOG   mare 016BLOG

その燻製もその後1週間ほど続け、一ヶ月感想させたのちできあがります。当然このサラミ一年分の彼らの食卓を支えるわけです。ま、作る家庭は決まっていますが、日本でいう「味噌作り」とかと同じ感覚なんでしょう。「母の味」は各家庭によって味も違いますしね。ただ、豚(サラミ作り)に関してはほとんど「男性」中心で作りますけど。サラミは「男の味」ってところでしょうか。。。

ってなことで子豚でしたね。。。。(笑)

ちょっと前説が長くなってしまったので。。。。また、明日。。。(爆)

Posted by sasuraichef | 13:51 | Comment [4] | TrackBack [0] | フライパン交響曲第7番イ長調 作品36「ベルコーレ」

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。