サスライシェフ、イタリアを喰らう!!!

イタリアで料理人として働いた13年。。。新天地を故郷鹿児島に移し夢を現実とする為に奮闘する毎日を綴ったブログっ!!

-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by sasuraichef | --:-- | Comment [0] | TrackBack [0] | スポンサー広告

29 2009

サスライシェフの「解体新書」

在のメニューの中にあるピッチョーネことハト
日本では入手するのは業者を通さなければいけないけど、イタリアでは普通にスーパーにも売っています。今日はそんなハト君の掃除風景から。。。

イタリアにきた当初は、首がついている動物にはちょっと抵抗ありました。。。(笑)
すべての鳥類はもちろん(鶏・ハト・鶉・ホロホロ鳥・七面鳥・など)、ウサギ・羊なども皮を剥いた状態ではけっこうグロなんで。。。頭切り落とす時とかぜったい見れませんでしたもん(爆)

    dolcini 035 blog

 
今では、朝の朝食のカプチーノのカップの横に首だけ置いてあっても、ぜんぜん平気でカプチーノ飲めます(笑)


まずはバーナーで毛を焼き。。。

    mare 001 blog



解体していくと。。。。こんな感じになります。
パーツごとに分けていき、肉の部分はもちろんメインの調理になりますけど、骨の部分はダシ・ソースに、内臓など新鮮であれば、突き出しにと姿を変えていきます。

    mare 005 blog




       で・・・・


  この解体した上の写真を見て思い出したのが、これ↓

    mare 011blog


なんか似てますよね(笑)

ま、違いといえば食べられるか食べられないかだけなんですけど。。。。(爆)



で、完成したのが、これ。。。

    mare 016 blog


こんな感じで真面目(!?)に仕事します。




追記・・・・今日ちょっと日本の釣り番組を見る機会があって、偶然にも最近話題にもあがっていた
「太刀魚釣り」だったんですが、やっぱり日本の太刀魚には尻尾ないです。
イタリアの太刀魚には秋刀魚ほどの尻尾がついているのですが。。。
イタリアと日本の太刀魚の差がわかり、疑問もなくなりようやく眠れそうです^^


スポンサーサイト

Posted by sasuraichef | 01:07 | Comment [6] | TrackBack [0] | フライパン交響曲第7番イ長調 作品36「ベルコーレ」

27 2009

「KING OF POP」

朝、マイケルジャクソンの死を報道するニュースで驚いた。
最近活動はしていなかったらしいが、今年は50歳という節目の年に全世界50ヶ所ツアーを計画していた矢先だったらしい。
特に好きってほどではないけど(CDもってないし。。。)、やっぱり現時点での世界的に有名な男性シンガーの中では間違いなく知名度はトップであろうし、中学生時代、「BAD」という曲を聞き、あの独特のダンスを見たときの衝撃はいまでも忘れない。
「ポーッ!!」とか「ダッ!!」なんて歌詞の途中ででてくる彼独自のリズムと表現力はすごくすきだったんだけどな。
「ムーンウォーク」や切れのあるダンスもすごく新鮮だった。
その流れで「ジャミロクアイ」の予測不可能なダンス、「江頭2:50」の摩訶不思議なダンス(?)は個人的にすごく好き。。。
ま、似ても似つかないタイプのダンスだけど。。。

とにかく、何か1つの時代が終わったって感じがするのは僕だけかな~。
音楽はもちろん、それ以外のニュースでも世間を賑わせた人ですからね、今はゆっくりと休んでほしいです。

Posted by sasuraichef | 00:51 | Comment [2] | TrackBack [0] | イタリアから物申すっ!!

26 2009

「イタリア」で「イタリア」を感じるには。。。

「イタリア」で「イタリア」を感じるには。。。

今日はこんなお題で語りたいんですけど。。。
休日の夜は久しぶりに近くのトラットリア・ピッツェリアで外食。
自宅の近くなんでほんと住宅街のど真ん中にあるお店なんですけど、夜9時ごろ入ると、中のホールも外のテラスもいっぱい。予約もしてなかったんでひたすら15分ほど待っていたら、なんとか席が空き座ることができる。ほんとに満席。火曜日の夜にこんな状態なのには驚き。世の中「不況」って言葉が蔓延しているけど、ここは別空間?。。。
けっこう年齢の高いホール長・カメリエーレとコック陣。。。すでに開業40年の建物・スタッフはネンキが入っている。
席に座ると同時にメニューが来てそれを見ていると、隣のテーブルのイタリア人家族(おやじ・おかん・息子)が騒がしい。。。  横顔がアインシュタイン似の親父がカメリエーレを呼び

 「おい、俺らのテーブルの料理はどうなってんだっ!!なんで後に来たテーブルに料理がきて、俺らには何もこないのかっ!!もう一時間もまってるんだぞっ!!」

なんて大声で叫んでる。負けずイタリア人母も追い討ち。
しかし、その前でだまっている息子。。。こいつが一番まともらしい。。。

こんな満席の状態の店、しかもトラットリア(大衆食堂)ではたまにあること。
ネンキの入ったカメリエーレものらりくらりとその口攻撃をかわす(笑)

5分ぐらいその口論があっただろうか。。。ま、満席のホールの中では周囲の音が大きくぜんぜん迷惑にもならないんだけどね。僕らはそのやり取りを見て楽しんでたけど(爆)

で、まだそれから待っているイタリア人家族。。。。
アインシュタイン親父もそろそろキレかかっている。
そんな中、親父の後ろのお客が立ち上がった時、椅子が親父に当たったっ!!
肘で、その椅子の背もたれを「ガッ!!」とはらうっ。(笑)
一時間(?)も待っているうえ、イラつきも完全に最高潮の中。。。
一番の天敵(!?)でもある近くの席の子供(4~5歳)が風船もってはしゃぎだし、やっぱり親父の椅子にぶつかる。。。(爆)
もう、ここまで来るとドリフのコント以上(笑)
怒るに怒れない。。。親父のコメカミに血管が浮き出てきた時、ようやくカメリエーレが料理をもってきた。
そんなこんなでようやく目の前に現れたのは、たんなる「スパゲティ・カルボナーラ」(笑)
そんなもん家でつくればお湯を沸かす時間も入れて20分もあればでいるのに。。。(爆)
で、さっさと食べればいいものを、まだカメリエーレに文句言ってるからタダでさえ乾燥しやすいパスタはどんどん冷め、親父がようやくパスタをフォークに巻き、持ち上げると、カルボナーラ全部がフォークに絡み付いて持ち上がる(爆)
 もう笑いをこらえながらも僕らの注文したピザがきた。僕らも食べる。
親父がカルボナーラを食べ終え、お皿を下げに着た時には次の料理をもってきた。(さすが。。。)
でも次の料理をみて驚いたっ!!

ピザだったのだ。。。

     パスタ食べた後に、ピザとは。。。。

          恐るべし、アインシュタイン。。。(笑)

当然ピザを食べた後は、なにも言わず店から出て行った。もう二度と来ないであろう。

 そんなこんなで他のテーブルでは、まだセッティングできていないテーブルに新しいお客が座りだし、カメリエーレもまだ折りたたんであるテーブルクロスをお客に渡し、お客も自分たちで席をセッティングしているという、日本では考えられん光景を見て。。。。



        「これがイタリア、されどイタリア」(笑)



「イタリア」で「イタリア」を感じるには、まず地元の人しかいかないようなトラットリアへ行くべしってことです。

そこにはいろんな人間模様が交差し欲望が渦巻いた、本当のイタリアがあるでしょう(笑)。

Posted by sasuraichef | 00:00 | Comment [2] | TrackBack [0] | 飯を喰らうっ!!

25 2009

「海デビュー」

日は今年初めての海に行ってきました。
トスカーナ州はピサのもうちょっと先にあるtirreniaって町の海岸。
そのこまで行くのにフィレンツェからは一時間ほどだったんだけど。。。
途中愛車のPUNTOちゃんに油圧系のトラブル発生。走行中にいきなりハンドルのパワステが抜け重ステに。。。Pキングで止まるもここでは処理できないといわれて。。。
でも10分ほど止まってた後、エンジンかけたら復活してたんで、だましだまし海までいってきした(笑)

太陽はあるものの風があり、砂浜はけっこうガラガラ。といっても自由に持参の日傘を立てられる自由は場所(砂浜)はけっこう人がいたにもかかわらず、レンタルで日傘とデッキチェア(2脚)を貸してくれるところは誰もいない。。。
レンタル料が高いのかな~と思い、とりあえず値段を聞いてみるも、なんとたったの「5ユーロ(半日)」。
それじゃってことで砂浜貸切状態で日光浴を楽しむのでありました。

   mare 007海   mare 010umi

日本の海とイタリアの海の違いは、日本の海では砂浜で日光浴およびビーチバレーなどを楽しむ人が50%、海の中に入って泳ぐ人およびボールなどで遊ぶ人も50%。
イタリアの海では砂浜で寝転がってひたすら日光浴をする人が85パーセント、海岸線をひたすらお喋りしながら散歩する人10パーセント、海の中に入っている人、5パーセントぐらいです(笑)
そんなんで、日光浴を楽しみながら海岸線を見ていると、いろんな人がお喋りしながら目の前を過ぎていくんですが。。。。

   mare 020umi   mare 028umi
            まずはお約束、砂浜でひたすら日光浴をする人達。。。。


   mare 041umi   mare 040umi
     走っている人(後ろ姿が日本のプロレス界に君臨した外人プロレスラーっぽい(笑))
            もちろん、おば様たちのビキニ率100パーセント(笑)
                           
                           

           そして、ご観覧中の男性諸君!!お待たせいたしました(笑)。

   mare 038umi   mare 021umi
  
   mare 039umi   mare 031ついか

        ってな具合で「目の保養」にもいい、イタリアの海でした。。。。(爆)




       「バシッ!!」 (相方に殴られる音)」 ^^

Posted by sasuraichef | 00:43 | Comment [4] | TrackBack [0] | サスライ・股旅・一人旅・・・のち時々二人旅

24 2009

チキチキ飲み対決!?復活スポンジシェフの巻っ。

て、長いこと開催されていなかった「チキチキ~対決」
今回はここフィレンツェからお伝えします。

久しぶりにフィレンツェに来たスポンジシェフことタクさん。
休日ということと、次の日も午後から仕事ってことで、今回はフィレンツェで終電を考えることなく(笑)
思いっきり飲みました。僕らは仕事だったのでそれが終わるまで待ってたスポンジシェフは、すでに赤ワイン一本開けてたみたい。。。。(笑)
それから我が家の台所「赤ちょうちん」にてビール飲みはじめまして。。。。。
おつまみのサラミ・筍に加え、なんと先日友人から頂いた本場韓国人が作ったキムチ(これ最高っ)。

   dolcini 048 b.taku   dolcini 047 b.taku
     YOSSYの後ろで超ご機嫌な「躍るスポンジシェフ」(笑)。。。目が座ってるで、おい(爆)。 

久しぶりの「チキチキ」で積もる話もあり、飲んで喋って時計の針は午前3時。。。。
ドロのように眠るのでありました。zzzzzzz



「民宿チキチキ」での快適な睡眠(?)の後は、美味しい朝食付。でもょっと二日酔い気味(笑)
五臓六腑に染み渡るカプチーノで心も体もリフレッシュ。
   dolcini 051b.taku

「台所赤ちょうちん」と「民宿チキチキ」のご利用はご予約を。。。。(爆)

Posted by sasuraichef | 10:49 | Comment [2] | TrackBack [0] | 飯を喰らうっ!!

21 2009

サスライシェフの「命の出し汁」

とりどりの料理の裏を支える大事なベースの「出し汁(ブロード)」。
和食では昆布出汁・カツオ出汁など使うんですが、イタリア(ヨーロッパ内)でもいろいろ使います。
ベルコーレではまず、野菜のブロード・魚のブロード・エビのブロードを中心に、後、鳥のブロードや料理によっては、羊・ハト・子豚などのブロード(のちデミグラスソース)、そしてコンソメなども作ります。今回はあらゆるソースのベースとなっていく、そのブロード(出し汁)の話。。。

   dolcini 012blog
   
 ブロードは種類によって、中に入れる材料も変わってきますし、火をいれていく時間も違ってきます。もちろん野菜を切る大きさまで。。。。

   dolcini 030 pesce   dolcini 005blog
           魚のブロード                    野菜のブロード

玉葱・人参・セロリというベースはかわらないものの長時間(数時間から丸2日間かかるものもある)煮ていく鳥やデミグラス用などのブロードはほとんど丸ごと入れますし、魚のブロードのように魚の臭みがでないように沸騰してから30分で終わらせるものは、野菜の味を出していく為に薄く切ります。玉葱もブロードに色を着けたければ赤玉ネギ、金色や透明に仕上げたいものは普通の黄色い玉葱や白玉葱と、皮ごと入れる時もあれば皮をむいていれたりと用途によってかわってくるわけです。もちろん味の複雑さを加えるため、エシャロット・ポロネギや長ネギなど入れたりもします。
 
   dolcini 015blog agnello    dolcini 018blog gamberi
           羊のブロード                    海老のブロード

 基本的に魚も肉(骨)もきれいに洗っておくこと(血抜きしておくこと)。その後、血なまぐさくなったり、濁ったりしますんで。そして「アク」を取ることやその後の火加減など細心の注意をはらって作っていきます。アク取りや火加減はエグミや濁る原因にもなりますから。
魚ダシには香味野菜の他にタイム・ローリエ・トマト・白胡椒・レモンスライス・白ワインなど入りますし、エビのダシには香味野菜にブランデーと白ワイン・濃縮トマトなど入れていきます。
 

 個人的に好きなのはコンソメの作る過程。。。丸二日かかる工程と微妙な温度や火の調節。

    dolcini 023b con   dolcini 028b con3
         まだ濁っているコンソメ           完成前の澄み切ったコンソメ

一日目はきれいに掃除した鶏がらと香味野菜でブロードを取り、一度冷やす。
二日目は牛肉と香味野菜のミンチに卵白を混ぜ合わせたものを、前日の冷たいブロードにいれ、ひたすら混ぜながら過熱。卵白の固まりだす手前70度で混ぜるのをやめ、そのままさらに過熱をしていき、表面に浮いてくる材料や汚れ・アクなどに気をつけながら、鍋の中心に穴を開け、きれいな対流をおこすように火を入れ続けいくと、卵白の力で濁っていてスープが透き通った黄金色のコンソメに変わっていくのであります。

で、今のメニューではゼラチンを加えグラスに流し込んで、牛のタルタルの下にあるんですけど。。。。
   
    dolcini 021blog consomme

ま、そんなことでいろんな種類のブロード(出し汁)が時間と手間をかけて、料理のベースをささえているのであります。

  ※今回も一応プロらしい仕事だな(笑)

Posted by sasuraichef | 15:58 | Comment [2] | TrackBack [0] | フライパン交響曲第7番イ長調 作品36「ベルコーレ」

20 2009

食後の楽しみ。。。

ストランでのお食事の後、通常コーヒーなどと一緒におだしする「小菓子」の盛り合わせ。
写真撮ってなかったから、今回は撮りましたよ。
毎回気分でいろいろ種類は変わるんですけど今回は。。。

   dolcini 006blog

時計回りに上から、スワン、パンナコッタ、ビスケット、サブレ、ミニカントゥッチ、ココナッツサブレ、ババ、そして真ん中がティラミスとなってます。

スタッフのつまみ食いを阻止するために鍵でもかけておこうかと思ってるんですけど。。。(爆)

Posted by sasuraichef | 09:05 | Comment [2] | TrackBack [0] | フライパン交響曲第7番イ長調 作品36「ベルコーレ」

18 2009

マイブーム 

「メタボ」なんて言葉が世間を流行らせてますが、実際自分のその分類に所属する人。。。(涙)
イタリアにきて10年で○KGも太ったわけだからしょうがないんですけど。。。
食べるのが仕事なんで。。。(笑)いや、作るのか(爆)

そこで最近やっているのが「ウォーキング&ジョギング」で汗流してます。
午後の出勤時には30分かけて歩いて行き(午後は暑すぎるので)、夜仕事が終わってからはジョギングして帰宅します。
ついでにその後は筋トレと腹筋もかかせないですけど。
最近ではジョギング中のスピードもUPして、自転車の相方を後方においやるほど(笑)ぜんぜん役に立たない先導。。。。(涙)
この予定では12月のフィレンツェマラソン出場も夢ではないかも(笑)
ま、なんか目標があったほうが楽しいですから。

僕らの仕事って一日中立っているのと、夏はサウナのようになってしまうキッチンでの体力消耗は想像を絶するもの。そのために体力づくりは必要なのでもあります。もちろん汗を流すってそれだけでもストレス発散ですから。。。  

では、出勤してきま~す。

   IMG_0632blog.jpg   IMG_0635blog.jpg


   IMG_0636blog.jpg   IMG_0641blog.jpg

本日の出勤時の姿・・・・なぜかTシャツが「海人(ウミンチュウ)」沖縄弁なんだな(爆)

Posted by sasuraichef | 01:44 | Comment [4] | TrackBack [0] | なんでも挑戦っ!!

16 2009

呪われた剣。。。今回の食材はっ!!

私の記憶が確かならば。。。この魚、鱗の無い怪しく銀色にひかる刃(ヤイバ)のような姿から太刀魚と言われ説もあれば、真っ直ぐに頭を上にして立って泳ぐ姿から立ち魚という説もある。長い体からは必要性さえも感じられないほどの小さな尾びれをもち、鋭い牙と大きな眼からは凶暴的な一面も見せる。
さて、その今回の食材は。。。。。。。。。。。。。



               太刀魚(たちうお)



これから旬になる太刀魚をさばく私、実は「太刀魚釣り3級」の腕前っ!!(笑)

   pescepandiera 004blog   

いったいなんなんじゃ、その「太刀魚釣り3級」と思われる方もいらっしゃる方もいるかもしれないが。。。
思い出すこと約20年前。。。我が親族一同は時々集まってはよくいろんな行事を行っていて、その中で熊本は水俣の旅館に宿泊した時に太刀魚釣りをしたのだ。
漁船を貸切り、沖の漁場まで旅すること15分ほど。。。そんな短い旅の中で、すでに船酔いを起こしている自分がいたことを今でもはっきりと覚えている。
エサのキビナゴを針先につけ、そのまま竿もつかわず釣り糸を指先からたらす。。。
太刀魚は海底100メートルあたりから時間帯をかえ上下に移動する。日没後には海面ぎりぎりまであがってくる。
一度海底まで落とし、その感覚をたよりに船頭さんの指示のとおりたぐり上げる。太刀魚の浮遊している高さまでもっていくのだ。そのあたりで何度上下に手を動かして釣り糸の先のキビナゴをいとも生きているかのように泳がせると。。。。ググッっと指先にあたりがくる。
そのあたりに合わせ引きあげると、なんと1メートルは簡単に越してしまうであとう「太刀魚」を目の前にできるのである。
そして夕刻時、釣り上げたその手の先には、夕日を浴び怪しげに体をくねらせる銀色に光る呪われた剣のような太刀魚がいる。まさにその姿を見るのが太刀魚釣りの醍醐味ではなかろうか。。。

釣りの後は、旅館の厨房へその釣った太刀魚を持って行くと、夕食には刺身や塩焼き・バター焼き・煮物になって登場するのである。
それと、その時の釣った量によって「太刀魚釣り認定書」が発行され、級や段をもらえるのである。
もちろん、その旅館での思い出作りの為のようなレベルだけども。。。(笑)
それでたしか、僕は3級の認定書をもらったわけです。
 そんな釣りで釣るものだけだと思っていた時期から、今実際自分の手で捌いているのであります。
形は変なんだけど、基本的には普通の魚とお同じなんで。。。

   pescepandiera 007blog   pescepandiera 014blog

ただ、長い。。。。。

   pescepandiera 013blog   pescepandiera 009 blog

まな板2枚並べてます。。。(笑)

  pescepandiera 010blog

で、開き終わって「魔法使いシェフ(自称:湯婆婆)」の手にかかると摩訶不思議。。。。(笑)
こんな一品になってしまうのです。

シェフであることを再確認する為の更新を続けるサスライシェフであった。。。


Posted by sasuraichef | 13:56 | Comment [7] | TrackBack [0] | フライパン交響曲第7番イ長調 作品36「ベルコーレ」

15 2009

天婦羅を揚げる日本代表(笑)

回の休日は日曜日に振り替えられたので、一般の民といっしょの休日をすごしているぞよ。(笑)

って、たまによくわからないキャラクターになってしまうのですが、今回はなぜか。。。


       「日本代表」(爆)


しかも休日らしく「寝グセ付」^^
  さらに古いデザインのサムライブルーのユニホーム(笑)

   tempura 002blog   tempura 003blog


先週でしたか、ワールドカップ出場を決めた日本代表にあやかってとのはウソで、タンスの引き出しを開けると、これしかなかった。。。(爆)
これ着て外出するのはかなりの勇気がいりますが(笑)、家の中にいるには全然問題ないので。
(その後、プラトリーノにあるVilla Demidoffに森林浴に行ってしまったのだが。。。(笑)、そのままの足で友人といっしょに食事までしてしまいました(爆) サムライ魂ここにありっって感じで。。。ププっ)

ま、ということで今回の「飯を喰らうっ!!」は天婦羅蕎麦!!
って一番肝心の天婦羅を揚げる揚げ油がほとんど終わってて、贅沢にもオリーブオイルで揚げてしまったんですけどね。
ま、そんなことも気にせず、茹でた蕎麦は日本から持ってきてもらった茶蕎麦っ!!!
しかし天婦羅はイタリアで極秘入手した「日清天ぷら粉」でカラっと!!(爆)

   tempura 007blog   tempura 004blog

お上品な色と味わいに、海老天と掻揚げはうまくマッチ。

うまくマッチというけれど、どちらがメインなのか。。。。天婦羅多すぎ(笑)

   tempura 013blog   tempura 015blog

 久しぶりの天婦羅に大満足のサスライシェフでした。

   tempura 016blog

って、最近自宅で作る料理しかUPしていないので、「主婦」ではなく「シェフ」である事を自ら再確認する為、明日はキッチンでの仕事をUPします(笑)

お楽しみに。。。。


Posted by sasuraichef | 15:23 | Comment [0] | TrackBack [0] | 飯を喰らうっ!!

12 2009

アカンっ!!そんな事したらアカンッ!!

ットサーフィン中に発見した去年のちょっと古いニュースだが。。。
驚いた。。。。
言葉を失った。。。。


 >南カリフォルニア大学の科学者が発表したところによると、イーストのバクテリア(要するにパン酵母)の寿命を10倍に延ばすことに成功。この方法は人間にも応用できるので、寿命が80才の場合は800才ぐらいまで延長可能だそうです。
 この技術は2つの遺伝子(RAS2とSCH9)に手を加えることによってカロリー摂取を削減できるというもの。エクアドルで既に人間を対象にした実験に入っているとのこと。また、現時点では明確な副作用などもなく、これによってガン細胞の増殖を人間の場合は抑制できるそうです。国立老化研究所(NIA)に所属するAnna McCormick氏によると、この10倍まで寿命を延ばすというのはかなり有意なものであるとのことです。


おいっ!!なんなんだ!!その800才ってのは。。。??
人体実験もすでにはじまってるっ!!って????
ちょっとここで考えたこと。。。
1つの疑問。。。

寿命が10倍になるっということは800年という長さをやっぱり80年の感覚で過ごすのであろうか??例えば生まれてからハイハイしだすのに10年かかるとか。。。義務教育も120年かかるとか。。。成人になるまでに180年かかるとか。。。??
それとも肉体は今の老化現象のスピードのまま200歳・・・・300歳といくのであろうか。。。
それでは800才に近づくにつれ、遺跡から発掘されるミイラや冷蔵庫の奥でしなびた茶黒くなった人参のようになってしまいそう(笑)

800年って簡単には言うけれど、その時間は凄く長い時間だし。。。例えばそんな技術が過去にあったなら。。。
近所のタバコ屋のおばさんが北条政子だったり、ステテコ姿で農道を散歩しているのが織田信長だったり、仕事帰りでネクタイ緩め屋台でおでん食べてるのが徳川家康しかり。。。アタッシュケースを片手に颯爽とオフィス街を駆け巡る小林一茶。。。。学ラン着て携帯メールで絵文字メール送ってる西郷隆盛。。。ってことは、酸いも甘いも知り尽くした30代半ばのオレって。。。

       「ぼく、しゃんしゃい(3歳)」(笑)

ってこと??(爆)


 この技術、あらゆる生物に有効らしいんだけど、ある日突然、世界中の生物(動植物)が寿命が10倍になったとしら、絶対的に世界人口は増えるし、エコなど唱えつつもゴミや汚染問題は今より悪くなるであろう。もちろんイタリアのトップ政治家たちは、間違いなく政界に張り付いたままだし(笑)、何より寿命800歳ってのが「普通」になってきたら、間違いなくその上を行く技術「寿命さらに10倍で、8000年」って世界もありえなくもなさそうだ。。。(笑)
倍率ドンっ!!原平さんに8000点っ!!ってな感覚(爆)
そうなったら、まさしくぼくらは


        生きる化石。。。


目まぐるしい技術の成長は凄いけれども、本当に大切なものも無くしていっているようで。。。


昔こんな歌あったな~~~

  ♪今日 人類が初めて 木星についたよ
    ピテカントロプスになる日も近づいたんだよ♪


 アカンっ!!そんな事したらアカンっ!!

Posted by sasuraichef | 00:09 | Comment [2] | TrackBack [0] | イタリアから物申すっ!!

09 2009

個展開催のお知らせ。。。!?

て私こと「サスライシェフ」が長年の夢をもち続けていた「モザイコ・フィオレンティーノ」の個展への第一弾っ!!(ホントかよ・笑)  の作品が本日ようやく完成したとこを、この場をもちまして発表いたします(爆)
思い起こせば、2月下旬。。。
「サスライシェフ」が「サスライぷーさん(住所不定無職)」(笑)と一時名前を変更しなければならくなった危機的状況時、まわりの心配もよそに、高い集中力をもってやっていたあの頃から早4ヶ月(笑)
最後の過程を残しながらYOSSY先生の机の中で熟成・発酵を繰り返し、すでに化石化していたこの作品をようやく完成することができました(爆)

   IMG_0463BLOG.jpg   IMG_0457BLOG.jpg

   IMG_0475BLOG.jpg   IMG_0467BLOG.jpg

最後の工程は表面についた接着剤を研磨盤と金剛砂をつかって削りとり滑らかにして、周りの無駄な部分を電動ノコでカットし、あとは表面を電動の研磨機で4回番号を変えながらツルツルにしていき、最後はワックスを塗り表面にツヤを出す工程を経て完成したのでありました。

   09062009139BLOG.jpg   IMG_0480BLOG.jpg

ほんと、10cm×15cmぐらいの作品なんですけど、かなりの集中力と根気がいりました。
工房には50cm四方の作品などが飾られていますが、それを完成させる為のパワーを身をもって感じたところであります。

   IMG_0481BLOG.jpg   IMG_0482BLOG.jpg

実際自分でフィレンツェモザイクを体験し、そしてその作品がいろんな過程を経ていく様子を目の前で実際見たわけですから、フィレンツェの街中にあるそれらの作品を見る目が変わってきたというのが実感です。
多くの方にぜひ体験していただきたいと思います。

yossy先生はじめ、巨匠ロベルト氏、そして工房の皆さんありがとうございました。

   IMG_0484BLOG.jpg   IMG_0485BLOG.jpg

。。。というわけで、次回帰国時には「個展」を開催しますので(笑)
今のところ「一枚のみ」ですけど(爆)

Posted by sasuraichef | 23:57 | Comment [4] | TrackBack [0] | なんでも挑戦っ!!

07 2009

アルボーレJAZZ IN イタリア文化会館

ベルコーレのBGMは軽快なJAZZがメイン。これはホールの自転車娘が自分の独断と偏見センスのよさを発揮してチョイスしたものなんですけど。でも確かにあのリズムや旋律は、食欲も進むし、会話も弾むんです。
そして、最近ベルコーレの音楽担当お気に入りが、彼女の友だちで東京でなんとイタリアJAZZのレーベルを立ち上げたSATOSHI氏の手がけるCD。アルボーレジャズというレーベルで、いまとても注目されつつあるイタリアのJAZZを日本で紹介。もしかしたら、イタリアでもこういうふうにイタリアの若手JAZZISTAを取り扱ってるところはないんじゃないか、ってはなしで。

その彼からyossyに下記のメールが届きました。日本のイタリア文化会館で「イタリアにおけるジャズの歴史」の講演をオーガナイズするそうです。講演するのはイタリア・ミラノのジャズ組織のディレクターで、その変遷とか、楽曲も楽しめる内容みたいです。お近くの皆さん、普段とちょっとちがうイタリアを感じるチャンス、ぜひ行ってみてください。


また新しいCDでたらコラボレーションするのが楽しみなところ。。。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


伊ミラノ市のジャズ組織「Musica Oggi」のディレクターの一人であるマウリーツィオ・フランコ氏による講演会『イタリアにおけるジャズの歴史 - 戦前から現代まで』をおこないます。入場無料、イタリア・ジャズの歴史と現在に触れる貴重な機会となりますので、是非ご参加ください。

日程:2009年6月29日 (月)
時間:18:30開演
場所:イタリア文化会館 視聴覚室ジャコモ・プッッチーニ
入場無料(日本語通訳あり)
主宰:albóre jazz
特別協力:イタリア文化会館
参加方法:myspace.alborejazz (a) gmail.com までメールにてお申し込みください。
※(a)を@に差し替えてください。
ご注意:定員を大幅に超える場合は、ご入場いただけない場合もございます。あらかじめご了承ください。
お問い合わせ:アルボーレ・ジャズ myspace.alborejazz (a) gmail.com


アルボーレジャズ

albore jazzのサイトはこちら
albore jazzのブログはこちら

Posted by sasuraichef | 11:01 | Comment [0] | TrackBack [0] | 未分類

06 2009

えっ!? え~~~~~っ!!

日のニュースから。。。
先日ブラジルを出発しながらも行方不明になっているエアーフランスの飛行機の話。
こんな記事が載ってました。


 >航空機が大西洋に墜落したとみられる事故で、海上で見つかった破片などの回収作業にあたっているブラジル空軍は4日、回収物はいずれも同機の残骸ではないことが分かったと発表した。

 回収されたのは貨物運搬用の木製の荷台で、同機には搭載されていなかったことが判明したという。海上には未回収の破片などが残っているが、これらも同機の残骸でない可能性が高まっている。

 空軍はまた、墜落現場とみられる海域に油が浮いていると発表していたが、これについても、同機の搭載燃料を超えた量であることが分かり、事故とは関係がないとの結論に達したという。



という記事が載っており「結論がでた」といっているのに。。。

なんか一件落着したような書き方ではあるが、それでは、その「搭載燃料をも越える油をもった物」がなんなのか追跡しないのかっ!?

もっともそれだけの油がでているということは、その飛行機以上に巨大な物が沈んでしまっているということではないのかっ!?



 複数の国や組織が発表する情報は統一されておらず、情報が混乱しているようです。
遭難者の家族の方のことを考えると、とても胸が痛みます。

Posted by sasuraichef | 00:14 | Comment [2] | TrackBack [0] | イタリアから物申すっ!!

05 2009

サンジミニャーノデビュー!!

週の休みの日は、イタリア10年目にして、トスカーナ州でも5本の指に入いるであろう観光地、塔の町「サンジミニャーノ」へ行って来ました。
フィレンツェから車で1時間ほどであろうか、なだらかな丘の続く景色を見ていると突然目の前にとびこんで来る小高い丘の上に聳え立つ「塔の町」。かつて権力者が自分らの力を見せるために塔をたてたのだとか。。。その権力者も一人ではありませんから町中に塔が建設されたわけです。今でこそその塔の数は減ったのですが、今でも立派な塔は健在。
遠くからみても、行ったことがないひとでも一目見ればこらが「サンジミニャーノ」ってことが分かるぐらい特長をもった町なのです。

さっそく駐車場さがし。。。。

イタリアの祝日の日だったこともあり、町周辺の駐車場はすべて「満車」
それでも意地でも駐車場の入り口に張り付き、出る車があるのを発見すると入れ替えのごとくはいれたのでありました。

案の定、町の入り口から中心地の広場に続くなだらかな道は「人・人・人」でいっぱい。
一瞬ここは「原宿」かと思いさせられるほどの観光客の数でした(笑)
IMG_3251blog.jpg

昼過ぎ(1時)ほどだったのでまずは昼飯食べようとトラットリアへ行くも満席。ここは美味しいという情報があっただけに、ぜひここで食事したかったので1時間ぶらっとしてからもどってこようよってことになって、中心街を観光してきました。
IMG_3249blog.jpg

道のサイドには、雑貨屋・サラミ屋・チーズ屋・ジェラート屋・アトリエなどならんでいてなかなか華やかでした。

ってな感じで例のトラットリアに戻ってきたのですが、店の前にはまだ4人ほど待っている人が。。。
ま、店の外に張っているメニューを見ながら自分らの順をまっていたのですが、10分もしないうち
中から6人ほどでてきたので、一気に入ることができたのですが。。。

まだテーブルの準備がされてないので入り口でまっていたのですが、この店、入り口からすぐ階段でおりて20名ほどしか入れないホールがあります。
下ではテーブルの準備をしているカメリエーラが。。。

この時期(夏に向けて)なぜかイタリア人カメリエーラの服装は極端に「薄く」そして「短く」なります(笑)
この暑さとラテン系の血と言ってしまえばそれまでなんですが、うっすらと汗をかき、日に焼け、大きく胸元を広げた白いスケスケシャツを見ると、ナポリが生んだ巨匠・マッシモ・トロイージの作品の1つ「イル ポスティーノ」にでてくるマリア・グラツィア・クチノッタが演じたBARのおねーさんを思い出してしまいます(笑)
cuci2.jpg

浅黒い肌に真っ黒の髪。そして吸い込まれそうな強い瞳。。。地中海のスピリットが全て彼女の肉体
に詰まっている。。。そんなことを思い出し、領収書の「サービス何パーセント」っては、これも「込み」なのか。なんて考えていたら。。。。相方が

      「何、見てんのっ(怒)」  (爆)

ま、そんなこともありながらも席に着いたらメニュー見て即決っ!!
「ラザニアのオーブン焼き」
日本の喫茶店でもありそうな、なんの変化もないラザニア。。。
IMG_3272blog.jpg

ただメニューを見て目に飛び込んできたこいつは、実を言うと、僕の歴史の中ではじめてレストランやトラットリアで注文したものなんです(笑)
ラザニアなんて作るものだとおもってたんで、わざわざ食事に行っても注文したことなかったわけです。
でも、食べてびっくり!!初夏という暑さの中でも重たくなく、ましてやあっさりしているラザニアですぐに完食。続いてでてきたのは牛のタリアータ。緑胡椒も効いていてなんとも食欲の減るこの時期にはもってこいの味。
料理もおいしてくて安いのはもちろん、ホールの作りも大きさも感じも、なんか「ホッ」とする空間でよかったですよ。

食後は中央広場にある「2006年世界ジェラート大会で優勝」した店でジェラート食べるつもりだったんですが、店の前には30人ほどの列が。。。
こんな炎天下の下ではジェラートより、脳みそが溶けてしまうので、残りのサンジミニャーノの町を探訪し帰途につくのでした。
IMG_3267blog.jpg

10年目にしてはじめての「サンジミニャーノ」。
照りつける太陽と乾いた空気を吸い込んで、目の保養腹いっぱいになった旅は満足でした。

さて次回はどこへ。。。

Posted by sasuraichef | 01:32 | Comment [4] | TrackBack [0] | 未分類

© FC2 BLOG / ooq:blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。